もち・ぽちふたり

  • 17人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小林裕美子
  • ポプラ社 (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (133ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591097045

もち・ぽちふたりの感想・レビュー・書評

  • 図書館の本

    あらすじ
    (BOOKデーターより)
    ネコのもちと、イヌのぽち。ふたりは仲良しです、たぶん…。ちぐはぐなふたりの3コマ・コミック。月刊『プシコ』2006年1月号から2007年1月号に連載されたものに、加筆修正。

    どちらかというと「ぽち」に近いか?いやいや「隠れもち」かも?
    なんて自分がどちら側かなぁ?なんて読むのが楽しくて実家でがっと読んじゃいました。
    尺八を習っているであろうぽちがテレビを見る4コマなんて
    「そうそう!そうでしょう?そうなるよねぇ」って大笑い。
    でもどこか哲学的。

    やっぱりわたしはどこまでも果てしなく猫にあこがれる犬なんだなぁと変な納得のある1冊でした。
    どうやらこれ、続編が出ているみたいなので読めたらいいなと思います。
    下手したら買っちゃうかも(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

もち・ぽちふたりはこんな本です

ツイートする