Little DJ―小さな恋の物語

  • 531人登録
  • 3.61評価
    • (56)
    • (80)
    • (129)
    • (13)
    • (4)
  • 113レビュー
著者 : 鬼塚忠
  • ポプラ社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591097243

Little DJ―小さな恋の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 娘に勧められて。

  • 誰かを好きになったんだったら、好きという
    気持ちを伝えなくてはならない。
    後悔しないように。
    全てをかけてでも、大切な思いを伝えなきゃ
    いけないんだ。

    この作品はある一人の少年の恋心と夢と命の
    儚さ・そして大切さがかかれている。
    しかし、少年の恋や命よりも、もっともっと
    大切なことがかかれている気がする。

    物語の主人公・太郎は、病院で知り合った
    たまきに恋をする。太郎は、病院でDJをやりながら、病気を回復させていくが、病気はどんどん
    重くなっていき、どんどん死に近づいていく…。

    太郎はあきらめそうになったけど、ちゃんと
    思いを伝えられた。その少年の勇気はとても
    すごいと思う。
    私にはそんな勇気あるのかな?
    きっと後悔しちゃうんじゃないかな?
    きっとそんな勇気はないだろう。
    今までは。
    「好き」という気持ちは本当に大切なものなんだと改めて分かった事で今、こんなことを思える
    ようになってきたのだ。
    そして、誰を好きになったら気持ちを伝える…
    ということが、作者が読者にだした宿題なんじゃ
    ないかな?と思った。
    私はいつか好きな人ができたら、全力で宿題を
    やりとげたい。
    例え、どんな結果になったとしても。

    私は、この本に出会えて、本当に良かったと
    思う。

  • 涙腺決壊ぎみで読んでしまった。病気との恐怖に向き合いながらも、好きなことを懸命にやり続ける。そんな太郎の姿に胸をうたれる。病院で知り合う人々からもらった、生きるヒントもステキだ。家族を思いやる気持ち。自分の気持ちを伝える勇気。親子の絆。他人の話に耳を傾けてわかることの多さが、改めてわかった。DJに託されたリスナーのリクエスト曲には、各々の強い思いがつまっているんだね。もっと好きな曲を増やしたい気分になる作品。心から感動したい方に薦めたいなぁ。

  • 始めて読み切った小説です。
    とても感動しました。

  • この手の小説は読み慣れたはずなのに・・・

    映画みたい!!

  • 小川糸さんのペンギンと暮らすにでてきた本。泣けそうで泣けないらしい。

  • 141鬼塚忠

  • なぜだろう、こんなに温かい気持ちになるのは。
    じんわり温かく降り積もる優しい本だった。自分の好きなことを一生懸命するってかっこいい。
    ほんとそう思う。周りの人を温かく包み込む主人公の人柄に感激。
    Little Djに出会えて良かった。

  • 結末が想像ついてしまうが、読んでてジーンときます。

  • 神木隆之介 映画原作ということで 読んだ。
    あまりにも 泣けちゃったんで、映画は 見ていない。

全113件中 1 - 10件を表示

Little DJ―小さな恋の物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Little DJ―小さな恋の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Little DJ―小さな恋の物語の文庫

Little DJ―小さな恋の物語の単行本

ツイートする