らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)

  • 118人登録
  • 4.21評価
    • (21)
    • (10)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 成田サトコ
制作 : 千野 えなが 
  • ポプラ社 (2007年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591097786

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “「おまえしか、かんがえられない。こんな、こんなこと……そうじゃなきゃ、ありえない……」
    「どうしたのさ?」
    チトセはしばらくだまってから、右のてのひらを思いつめたような顔で見つめた。
    「魔法が、魔法がつかえないんだ……」”[P.25]

    3巻目。
    兄弟にナイショって辺りが後で効いてくるかな……。

    “「いいよ。ボクの魔力、ぜんぶあげる!だから、フウカちゃんをたすけてっ」
    「よいのか。おまえは魔法使いではなくなるのだ。それがこの世界でどれだけきびしいものか、わかるか」
    仮面はさとすように、やさしく光った。
    「いいんだ。魔力がなくても生きていけるけど、フウカちゃんがいなくなったら、さびしくて生きていけないもの」”[P.159]

  • 凄く面白かった。
    時を司る青の城の末っ子で将来を心配する13番目の王子チトセの格好良さが際立った一冊。

  • 文章が1巻や2巻よりも読みやすくなった気がする。
    1、2巻が子供の説明口調だとすると、3巻は解説者的な主人公視点。


    フウカとチトセが小さいころに起こした事件がきっかけでチトセの魔力がなくなってしまい、カリンも合わせてみんなで竜王山へ。

    相変わらず主人公の魔力が強くて敵もあっという間、だけれどだんだん見せ方がうまくなっているように思う。
    マヨワセヘビとかネーミングが面白かった。

    やっぱりフウカはチトセと結ばれるのかなあ…。

  • らくまじょシリーズはとっても面白くて、何回読んでも飽きません*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • らくだい魔女シリーズ第3巻☆

  • おもしろい・・・・・・!!!!!!!!

  • ちーくんかっこいいです❤

  •  おさななじみの青の王子、チトセの魔力がきえちゃった!?
    それにはフウカとチトセがおさないころであった事件が関係していて・・・。ふたりの初恋、そして誓いの結末はいったいどうなるのーーー!?

  • らくだい魔女シリーズ第3巻☆

  • 一巻や二巻に比べると、少し物足りない感じがしました。
    ですが最後に竜の予言が、ますますフウカの謎が深まったような気がします。

全13件中 1 - 10件を表示

成田サトコの作品

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)はこんな本です

らくだい魔女と王子の誓い (ポプラポケット文庫)の単行本

ツイートする