戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)

  • 50人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : 島田 真祐 
  • ポプラ社 (2007年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591097946

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)の感想・レビュー・書評

  • 2016.9 市立図書館 息子小2

  • 秀吉の縁戚であったことがまず彼の出世の階段を駆け上るための足掛かりになった。
    農民上がりの秀吉には譜代の家臣がおらず、数少ない親戚関係の加藤清正や福島正則は頼りになる存在であった。
    秀吉の正室のねねとは親子も同然の間柄。福島正則とは生涯を通じての親友であった。

    豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍の一人である。
    各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国を与えられた。
    秀吉没後は徳川氏の家臣となり、
    関ヶ原の戦いの働きによって肥後国一国を与えられ、熊本藩主となった。

    賤ヶ岳の七本槍の一人として歴史の表舞台に飛び出した清正であるが、
    彼が戦場を思う存分駆け回れたのは朝鮮出兵の頃が最後。
    秀吉の死後は落ち目の豊臣家と天下を手中にしようとする徳川家康との間を取り持つために奔走することになる。
    天下分け目の関ヶ原の戦いにおいても九州にあった清正は、三成憎しの思いから東軍に加担。
    戦後は肥後一国52万国の太守となったが、結果的に家康の天下取りに大きく貢献したことになってしまう。

    虎退治、賤ヶ岳七本槍―――
     忠義を貫いた豪傑の生き様

     秀吉配下の豪の者、民を思うこと深き内政の巧者、
     そして熊本城築城の英雄。
     さまざまな側面をのぞかせる加藤清正の一生涯とは―――


    ○もくじ

    第一章 少年夜叉若 ・・・・・・3
    第二章 秀吉と虎之助 ・・・・・・25
    第三章 賤ヶ岳七本槍 ・・・・・・45
    第四章 太閤の意思を継いで ・・・・・・85

    加藤清正をもっとよく知るための基礎知識
     解説 ・・・・・・103
     豆知識 ・・・・・・113
     加藤清正関連年表 ・・・・・・116

    監修者より ・・・・・・126

  • 地元の有名人なので一応。
    特にシンパシーは感じず。戦国人物伝シリーズの他の武将と比べて内容は薄くあまり文献も残っていないのかなという印象。

  • おトラが超イケメン(笑)
    佐吉が生意気そうである。だが、そこがいい!
    おトラとおイチという表記がなんだかかわいい。

  • 読んだ日 2007.7 (借:熊本市東部図書館)(29) 

  • 子供向け歴史マンガ?<br>
    清正がかっこよすぎる割に他の人がオッサン(笑)

  • 加藤清正の漫画です☆
    いや…あまりにカッコ良く描き過ぎだろう!?と思った…。
    清正以外はどうでもいい感じに書かれております。

全9件中 1 - 9件を表示

すぎたとおるの作品一覧

すぎたとおるの作品ランキング・新刊情報

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)はこんな本です

戦国人物伝 加藤清正 (コミック版日本の歴史)のKindle版

ツイートする