Fragile―こわれもの (teen’s best selections)

  • 128人登録
  • 3.42評価
    • (8)
    • (17)
    • (37)
    • (5)
    • (0)
  • 28レビュー
  • ポプラ社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591098530

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)の感想・レビュー・書評

  • しばらく前に読了。4人の作家によるアンソロジー。
    なんとなく、どれも結論に至るのが早すぎる感じがしたのだけど、短篇だとオチまで展開させようとすると長さ的に難しいってことなのかな、と思う。一話目の終わりと二話目の冒頭のビー玉がつながってる感じだったので、アンソロジーでもそこまでやるのかぁ、と感心したものの、三話目以降はそんなことはなかったので、偶然かしら。
    あとがきは、クサすぎたので、正直ない方がよかった…。

  • 豪華メンバーのアンソロジー。なかなか面白かった。
    表題のFragile―こわれもの(石崎洋司)が特に良かった。
    ビー玉、数学といったモチーフが上手い。
    アート少女は初花形みつる。続編があるらしいので、読んでみたい。このYA文学のレーベル、絶版らしくて残念。

  • 理解されないもどかしさ。微妙な友人関係。ままならない日常。理想と現実。
    10代だからこその物語。いろいろな作家に出会えるアンソロジーでお得感あり。
    花形みつる「アート少女」がお気に入り。続編も読みたい。

  • ポプラ社のティーンズ・ベストセレクション・シリーズの一冊。四作家によるアンソロジーだけれど、その中で読みたかった目玉作品は、一気読みを続けている花形みつるさんの「アート少女」で、これは抜群の面白さ。

    実はこの短編からスピンアウトした続編「アート少女 根岸節子とゆかいな仲間たち」を読もうと考えて、前編にあたるこの作品を読んだというわけ。

    主人公・根岸の生きの良さといい、登場する個性際立つ(なんといっても美術部なので)仲間たちのキャラがとてもユニーク。そしてユーモアあふれるストーリー展開。著者も一緒に楽しんで書いている感が良く伝わってくる。

  • ・舞台が横浜のものが多くて嬉しかった。

    ・たぶん思春期の子が読んだら共感できる内容なのかな

  • 今に疑問や戸惑い、いら立ちを覚える少年、少女の切ない思いがつまった短編集。そんな彼らが前へ一歩を踏み出す瞬間がどれも描かれています。

  • 短篇集
    よく覚えてない

  • 短編集です。
    アート少女が面白かったです。かなり、相当、ウケました。笑えました。^ ^

  • 5つの短編集。大人にとって、どーでもいい話。どーでもいい少年少女の話。彼らにとってはどーでもよくない話。(石崎洋司あとがきより)
    多感で、繊細で、でも強い少年少女のお話のアンソロジー。
    小道具にでてきたビー玉がもっとつながればよかったのでは?
    舞台に横浜が出てきている、というのはつながってましたが。

  • 結構前に読了。どの話も面白かった。
    ビー玉と数学の話が一番印象に残っている。

  • アンソロジー。どれもよかったが、花形さんの『アート少女』が一番好き。

  • 世間的には指折りの私立の進学校に入学したビー玉と数学が大好きな「あたし」。
    小6の時は、夏から突然進学塾の中学受験最上位クラスに通い始めて周りからねたまれ、塾で孤立し、中学に入ってからは進学校とはいえ御三家の滑り止めレベルの学校に来て、その事実にプライドを失い荒れた同級生にいじめられる日々。
    数学とビー玉だけが、あたしの頭をすうっとさせてくれる。その二つがあれば大丈夫――。
    数学が好きな少女と、彼女が夏休みに通うことになる数学専門予備校のひとりの女子生徒の死。
    その“物語”を知る少年との交流を描く『Fragile ―こわれもの』
    学校が嫌い、この町も嫌い、家も。いつか出てってやる。そう思い続けながら、何も行動を起こさなかったのは仲間と群れてる時間が楽しかったから。
    でも、それももういい。
    誰よりも早く自立することを決め、年齢を偽って放課後に横浜の小さな食堂でアルバイトを始める少女と、そこに食事に通う小学生の交流を描く『忘れ物』
    お笑い芸人志望、相方募集中の水口のクラスにやってきた風変わりな転校生・るりり。
    80年代アイドルに憧れ、かの時代の服装に身を固めた天然キャラ。しかもアイドル志望。でも、昭和の歌は抜群に歌えても、平成のJ-POPSとなるとてんで音痴で。
    水口はそんなるりりを相方に誘い、オーディションを目差すが。
    お笑い芸人を本気で目差す少女たちの『あたしの、ボケのお姫様』
    学校側に廃部を決められ、部室からの撤退を言い渡された美術部部長の少女が、ちょっと頼りない後輩部員たちを脅し叱咤し、美術部存亡をかけて校長と闘う『アート少女』
    深夜の公園でひとりスケートボードの練習を続ける少年と、見えない流星群を“見ている”少女。
    それぞれの夜中にひとり家を抜け出す理由と「昼間」への帰還を描く『流星群』

    繊細で微妙な友達との関係。こわれそうな心、こわしたい何か、越えてゆきたいどこか。
    「こわれもの」をテーマに、様々な10代の姿を描いた青春アンソロジー。

  • 【あらすじ】
    Fragile-こわれもの
    ビー玉と数学だけを生き甲斐にしてきたユミ。そんなユミが夏休みの数学の予備校で、変わった少年と出会う。初めは近寄りがたさを感じながらも、少しずつ互いのことを話すようになって…

    忘れ物
    今の生活を不満に思い、自分を試してみたいとバイトを始める有紗。その時に出会った一人の小学生の男の子が、交通事故で亡くなった自分の弟と重なって…

    あたしの、ボケのお姫様。
    プロの漫才師になりたいと思うまどか。でも、相方がなかなか見つからないで困っていた。そんな時、転校してきたのが、不思議で天然な女の子るりり。まどかはそのキャラに惹かれて、コンビを組もうと誘うが…

    アート少女
    自分が部長を任されてから、美術部がどんどんバラバラになっていくことに焦りを感じていた節子。それに追い討ちをかけるように、校長から部室没収を言い渡される。そんな理不尽な命令に必死で抵抗しようと立ち上がるが…

    流星群
    近所のお兄さんからスケートボードをもらったのをきっかけに、夜に滑りに行くようになった和也。いつものように真夜中の坂道を滑ったら…そこには寝そべって星を眺める少女がいた。それから何度か会って二人は少しずつ打ち解けていき…

    【感想】

  • 同世代の主人公たちがそれぞれの想いを抱えて生活している、共感できた短編集です。

  • どの短編もすてき。ビー玉のやつとか・・・。

  • このなかのひとつの『アート少女』と言う話の続編を先読んだので。
    若い。何たって若い。若いったら若い。青い。とてつもなく青い。
    あとがきがまたいい事書くなー^^

  • 長崎夏海「忘れ物」塾通いの小学三年生がもっと出ればいいと思いました^^

    令丈ヒロ子「あたしの、ボケのお姫様」関西弁はやっぱり読むのがつらい。でもけっこう面白い。

    花形みつる「アート少女」部室にたてこもるはなし。愉快!ユカイ!
    もっと花形さんの話よみたいな〜と思いました。

    こういういろんな作者が1冊になった本は新たな出会いがあっておいしい

  • 読みやすかったけど
    中学生向きかな〜

  • YA向けのアンソロジー。
    以前読んだ「アート少女」の前の物語が載っています。
    学園物はやっぱり心躍る。

  • “「ビー玉だったらよかったのに」”

    石崎洋司「Fragile-こわれもの」「流星群」
    長崎夏海「忘れ物」
    令丈ヒロ子「あたしの、ボケのお姫様。」
    花形みつる「アート少女」

    なんか、全部よかったです。とくには、「アート少女」が。

    “「ねぇ、もう一度、なんかやってみない」”

  • 特に心に残った話はないけど、全体としてよかったかなと思います。
    ビー玉がきれい。

  • あとがきの通り、確かに、どーでもいいことかもしれない。
    他の冒険ものの小説とかは、命がけだし、それに比べれば、ほんとにちっぽけなことで、怒ったり、悩んだりしてるだろう。
    それでも、やっぱり、引かれるんだよなぁ。
    ちゃんと主人公たちと、あとがきの内容に共感できたかもしれないなぁ

  • ○2008/03/03 
    甘酸っぱくて青い青春だなぁ。成長するにつれて忘れていくまっすぐで一生懸命な思いが詰まってる。やさしい気持ちになれた。
    5つのうち、後ろの2つが特に良かった。かわいいよこいつら!
    どの話もずいぶんすっきり終わっていたので気持ちよかった。平凡な文ではあったけど、あなどっちゃいけないな。
    勢いではなく、体の芯がぽっと温まる静かな青春。

全28件中 1 - 25件を表示

石崎洋司の作品一覧

石崎洋司の作品ランキング・新刊情報

令丈ヒロ子の作品一覧

令丈ヒロ子の作品ランキング・新刊情報

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「積読」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)の文庫

ツイートする