Fragile―こわれもの (teen’s best selections)

  • 129人登録
  • 3.42評価
    • (8)
    • (17)
    • (37)
    • (5)
    • (0)
  • 28レビュー
  • ポプラ社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591098530

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しばらく前に読了。4人の作家によるアンソロジー。
    なんとなく、どれも結論に至るのが早すぎる感じがしたのだけど、短篇だとオチまで展開させようとすると長さ的に難しいってことなのかな、と思う。一話目の終わりと二話目の冒頭のビー玉がつながってる感じだったので、アンソロジーでもそこまでやるのかぁ、と感心したものの、三話目以降はそんなことはなかったので、偶然かしら。
    あとがきは、クサすぎたので、正直ない方がよかった…。

  • 豪華メンバーのアンソロジー。なかなか面白かった。
    表題のFragile―こわれもの(石崎洋司)が特に良かった。
    ビー玉、数学といったモチーフが上手い。
    アート少女は初花形みつる。続編があるらしいので、読んでみたい。このYA文学のレーベル、絶版らしくて残念。

  • 理解されないもどかしさ。微妙な友人関係。ままならない日常。理想と現実。
    10代だからこその物語。いろいろな作家に出会えるアンソロジーでお得感あり。
    花形みつる「アート少女」がお気に入り。続編も読みたい。

  • ポプラ社のティーンズ・ベストセレクション・シリーズの一冊。四作家によるアンソロジーだけれど、その中で読みたかった目玉作品は、一気読みを続けている花形みつるさんの「アート少女」で、これは抜群の面白さ。

    実はこの短編からスピンアウトした続編「アート少女 根岸節子とゆかいな仲間たち」を読もうと考えて、前編にあたるこの作品を読んだというわけ。

    主人公・根岸の生きの良さといい、登場する個性際立つ(なんといっても美術部なので)仲間たちのキャラがとてもユニーク。そしてユーモアあふれるストーリー展開。著者も一緒に楽しんで書いている感が良く伝わってくる。

  • ・舞台が横浜のものが多くて嬉しかった。

    ・たぶん思春期の子が読んだら共感できる内容なのかな

  • 今に疑問や戸惑い、いら立ちを覚える少年、少女の切ない思いがつまった短編集。そんな彼らが前へ一歩を踏み出す瞬間がどれも描かれています。

  • 短篇集
    よく覚えてない

  • 短編集です。
    アート少女が面白かったです。かなり、相当、ウケました。笑えました。^ ^

  • 5つの短編集。大人にとって、どーでもいい話。どーでもいい少年少女の話。彼らにとってはどーでもよくない話。(石崎洋司あとがきより)
    多感で、繊細で、でも強い少年少女のお話のアンソロジー。
    小道具にでてきたビー玉がもっとつながればよかったのでは?
    舞台に横浜が出てきている、というのはつながってましたが。

  • 結構前に読了。どの話も面白かった。
    ビー玉と数学の話が一番印象に残っている。

全28件中 1 - 10件を表示

石崎洋司の作品一覧

石崎洋司の作品ランキング・新刊情報

令丈ヒロ子の作品一覧

令丈ヒロ子の作品ランキング・新刊情報

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)を本棚に「積読」で登録しているひと

Fragile―こわれもの (teen’s best selections)の文庫

ツイートする