2年3組ワハハぐみ (ポプラちいさなおはなし)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 薫くみこ
制作 : かわかみ たかこ 
  • ポプラ社 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591099377

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

2年3組ワハハぐみ (ポプラちいさなおはなし)の感想・レビュー・書評

  • かなしいときだからこそ、わらいをわすれてはいけなかったんです。

  • 最初は登場人物が次々出てくる上に、『またの名』まで出てくるので、何がなんだかわからなく読みにくいなと思いましたが、なかなか面白かったです。
    2年生にお話会で紹介したら、これ面白かったと言ってくれました。

  • どんどこ小学校メリー先生は寝坊で遅刻。今日は転入生ハリネズ田つん子ちゃんがやってくる日です。2−3のみんなはつん子ちゃんに自己紹介しました。ギャグあり、マジックあり、で、みんな本当の名前のほかにまたの名を名乗り、2−3は大盛り上がり。いよいよ、つん子ちゃんの番です。つん子ちゃんのおじいちゃん、ブル島校長先生はドキドキ。だって、つん子ちゃんはお母さんが死んでしまって以来、しゃべるどころか、笑うこともなくなってしまっていたから。でも、2−3で笑い、恥ずかしそうに自己紹介するつん子ちゃんを見て、大人がいつも暗い顔ばかりしてきたからダメだったんだと気付く。メリー先生の特別うれしい日の格好(遅刻で急いできたため)、セーター裏返しに靴下右左ちがいをして帰った。
    楽しい一冊。低学年むけ。

  • つん子ちゃんが笑わない子になったけど、2年3組の子達が面白くて笑えて良かった。

全5件中 1 - 5件を表示

2年3組ワハハぐみ (ポプラちいさなおはなし)はこんな本です

ツイートする