やがて目覚めない朝が来る

  • 277人登録
  • 3.66評価
    • (32)
    • (47)
    • (65)
    • (5)
    • (3)
  • 67レビュー
著者 : 大島真寿美
  • ポプラ社 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591100011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大島 真寿美
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
大島 真寿美
奥田 英朗
大島 真寿美
有川 浩
伊坂 幸太郎
大島 真寿美
村上 春樹
大島 真寿美
湊 かなえ
瀬尾 まいこ
瀬尾 まいこ
角田 光代
大島 真寿美
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有川 浩
青山 七恵
島本 理生
大島 真寿美
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

やがて目覚めない朝が来るの感想・レビュー・書評

  • 登場する人たちが一人ひとりこの世から去っていく。
    静かに去っていく。

    登場した子どもが成長して大人になり、
    子どもという存在が登場しなくなると、
    次へつなぐ命が登場しなくなると、寂しい。

    たとえ満足して、たとえ望んだものに近い形であっても、
    いつか人はこの世から去っていくのだ。
    やがて目覚めない朝がくるのだ。
    人の一生の儚さを感じずには居られない。

    大島真寿美さんの小説を読むのは2冊目。
    どちらも文章が上手だとか、
    読んでいる時に感動した、ということはないのだけれど、
    いつまでも心のどこかに静かに引っかかるものがある。

  • 有加が自分の祖母である蕗さんとの時間について語った本です。

    私、大島さんの書く文章って好きみたいです。三冊読んで気づく。
    なんだか静かで、降り積もるように積み上げられていくかんじ。
    読みはじめて、一気に読んでしまいました。
    本の表紙、一枚白い紙をめくって出てくる金から白へのグラデーションのページがこの本にぴったりで、読み終わった後もしみじみ見つめてしまいました。

    出てくる人がみんな優しいからこんな気持ちになるのかなー。
    一番好きなのはミラさんです。
    離婚しそうな有加の話をきいて、「いいぞいいぞ、有加、その調子ー!」って、そういってくれる人がいることってなんて心が安まるんだろう。
    それも、すっごい深い愛情があるからこそ出る言葉だとおもいます。
    「勝手なことして、失敗して、泣いて、のたうち回って、なにやってんだろあたし、なんてばかなんだろ、って自分で自分にがっかりするくらいでちょうどいいのよ。そうやって好きなように生きたらいいわ。失敗したら、みんなはがっかりするでしょうけど、みんなをがっかりさせないために生きることは、ないのよ、有加。あなたはあなたの好きなように生きたらいいの」
    自分に言われているように感じました。

    のぶ子が舟のことを有加に語るシーンは、ちょっと泣いてしまいました。
    本人は全然泣いてないんだけど、すっごくかなしいんだなーさみしいんだなーって思ったので。
    のぶ子が、楽しい時、素敵なものを見た時に「ああ、舟ちゃんは死んだんだった」とつぶやくの、なんかちょっとわかります。
    私も、おじいちゃんはいないんだーと思うのは楽しい時だったから。

    やがて目覚めない朝がくる。
    蕗さんみたいに、有加みたいに、そう思って生きてみようかな。

  • 静かで、美しい。
    内面の葛藤は具体的には描かれず、しかしどんな説明よりも雄弁だ。

    生きる覚悟を、しずかに見極められるかのように。

  • 「ピエタ」に続く2冊目の本。
    思っていたよりさくっと読めた。
    この筆者は、心根が骨太で優しい年配の人を書くのがとても上手い。彼らが集まる洋館も素敵だったが、孫の有加が語る蕗さんの話しだからか、有加自身の話しは最後迄ぼんやりとしたままだったのが、少し残念。

  • 一度読み終えて、この物語を味わいきれてないような気がして、もう一度最初からゆっくり読み直した。
    ものすごく深いところで、心の奥に染み込んでくるものがあるのに、それを「感想」という言葉で表すことが私にできない。
    星が四つなのか五つなのか、そんなことではあらわせないものがこの物語の中にしずかに潜んでいる。

  • 大島さんのまだ読んでなかった小説。

    ふきさんと主人公ゆかのお母さんのお話。
    ゆかのお母さんみたいなサッパリしたキャラの人が大島さんの小説にはよく出てくる気がする。
    家族がテーマなのかな。

    ☆気になったぶぶん

    蕗さんは、何遍やり直しても、同じ選択をして、同じような後悔をするのではないか、と、運命とか、宿命とか、そういう大袈裟な話ではなくて、その人の領分、とでもいったらいいか。この人の領分で精一杯動いたところで、どうしたってこれだけのものはあふれ出てしまう、こぼれ落ちてしまう、というような。もちろん、違う選択だって出来ただろう。子供を堕ろして、舞台に専念したってよかった。でも、そうしたからって、後悔はやっぱり残ったはずだ。
    →なにをしても後悔するんじゃないか。っていうのは、誰にもでもあるんだろうなぁ。ってすーごく思った。

    愛って難しいから、有加は、愛に応えたらだめなのよ、とミラさんは言った。愛してくれる人達みんなをがっかりさせてやればいいのよ。みんな年を取ったから、有加に自分が学んできたことを教えようとするでしょう。同じ失敗を繰り返さないように、って。愛する有加のためを思って。だけどね、有加。そんなものはいらないのよ、って思ってなさい。勝手なことして、失敗して、泣いて、のたうち回って、何やってんだろあたし、なんてばかなんだろ、って自分で自分にがっかりするくらいでちょうどいいのよ。そうやって、好きなように生きたらいいわ。思いっきり、生きたらいいわ。失敗したら。みんなはがっかりするでしょうけど、みんなをがっかりさせないために生きることは、ないのよ、有加。あなたはあなたの好きなように生きたらいいの。
    →みんなをがっかりさせないために生きることはない。ってとってもいい言葉だなって思った。応える人生は自分の人生じゃないよなーって。

    本当言えば、私は、病院中に触れ回りたかった。この人がどういう人だか知ってますか、と。この人の人生がどんな人生だったか、あなた知ってますか、と大声で知らせて回りたかった。いろんな人に蕗さんのことをわからせたかった。わかってもらいたかった。たんなる一人の病人として、たんなる一人の惚けた老人として扱われている蕗さんに、特別な重みを加えたかった。この人を見て!と。もっとちゃんと見て!と。蕗さんという人の歩みを、その重みを知ってほしかった。でも、すぐに思い直さずにはいられない。それを言うのならば、誰も彼も、特別ではないか、と。私が知らないだけで、あの人も、この人も、それぞれが、それぞれの、特別な道のりを歩んできているのではないか、と。なにも蕗さんだけが特別なわけではない。そして、誰よりも、蕗さん自身がそれを一番よくわかっていた。
    →確かに、舞台に立っていたからってそれが特別ってわけじゃないかも。誰もかれもが不器用ながらにでも一生懸命生きてる。そんなもんだよね。それぞれ一人一人が特別。

  • 1人づつ登場して、1人づつ退場していく。
    誰にとっても特別で一度切りな、生まれて人を愛して赦して死ぬまでの、時間のお話し。

  • ちょっと浮世離れしているような本。きれいにまとまっている。もう少し泥臭いところがある方が好みかしら。

  • 誰にも、等しく「やがて目覚めない朝が来る」のだなぁ。もちろん私にも。

  • 夏草や 兵どもが 夢の跡
    という芭蕉の句をなんとなく思い出してしまった。

    自然の営みの中では、人の生死ってなんてちっぽけなんだろう。
    その大きな流れのなかで、同じ時代を一緒に生きることになった人たちを、愛しく思う。
    そして、誰もがその人なりの、輝かしく美しい時間を紡ぎ出しながら、生をまっとうしていくんだ。

    いつか、私にも目覚めない朝が来る。
    その時まで、私はわたしなりに、わたしだけの道を歩んでいく。

    温かい余韻が残る、心にしみる一冊でした。

  • 自立のために必死に生きようとする、大島さんのこどもの描き方が好きです。それを取り囲む大人たち。それを見ながら成長していく有加。そこには人生に引きこまれる影響力をもつ大人がいて、関わることでそれぞれの人たちが変化していく。好きな作家さんになりました。

  • ミラさんの美学が、素敵だった。
    訃報なんて、知るべき時がくれば自然に知れる。一斉に知る必要はない、ずっと後だってかまわない。その時が来たら、ああ死んだんだ、て1秒が2秒思ってもらえればいい。その時、もういないのだから。
    それと、のぶ、お母さんが、舟、お父さんに言ったことば。「殺すと憎くなくなるの?」
    表題が、読み終えたあとにすとんと胸に収まる。夢見心地で毎晩眠りにつければ、素敵だろうなぁ。

  • 主人公・有加が語る、祖母の物語。
    題名が全て。すべて物語ってます。

    祖母・蕗さん(「おばあちゃん」ではなく「蕗さん」)は未婚で有加の父を出産、
    その後電撃引退をした女優・・・と、設定がいろいろと「いわゆる普通の家庭」じゃない。
    舞台女優・芸能人。という空気から、こういうのもアリなのかな、
    蕗さんの周囲に集まるのが、かなり風変りな人たちなのも納得させられちゃう感じ。

    大島氏の文体の、淡々とした感じ。
    不幸が中和されて、独特のやさしさうつくしさ懐かしさ、に変化しちゃうというか。
    「ピエタ」も感じたんですが、大島氏の作品は
    読後やさしい余韻に浸れます。

  • 蕗さんが、美しいまま終わっていたら「あぁ、やっぱりきれい事か」と思ったに違いない。老いは残酷だけど、かならずくるものだから。でも、ミラさんのさよならの仕方は憧れる。

  • 少女は、魅力的な大人たちに囲まれて、大人になっていく。すべてを包み込んで穏やかに流れていく時間と人生のきらめきを描き出す、今、最注目の著者の最高傑作。
    ---------
    大島作品を読んでみるきっかけになった1冊。
    タイトル借りだったけど、魅力的な大人たちに惹きこまれる1冊。

    主人公は子ども私なんだけど、
    元女優の祖母を中心に、年をとっても個性的なスタイリストや
    出版社勤務や不動産会社社長がいたりして。
    そもそも、私の母親は、祖母の義理の娘(息子の嫁)なわけで。
    でもその二人の関係も素敵で。

    しかも小さな頃から、私が大人になるまでのストーリーで。
    関係者もどんどん死んでいくw
    それを受け入れるみんなの様子もよかった。

    他の作品を読んでみたくなるくらいの作品でした。

  • 少女は、魅力的な大人たちに囲まれて、大人になっていく。すべてを包み込んで穏やかに流れていく時間と人生のきらめきを描き出す、今、最注目の著者の最高傑作。(「BOOK」データベースより)

    すごくおだやかな時間の流れが心地よい小説。誰しもがいつかこの世界からいなくなってしまう。そのことを優しく示してくれているようなかんじ。蕗さん、舟ちゃん、田幡さん、ミラさん。みんなすごく性格がでてる終わり方で読んでいて頷けた。

  • 両親が離婚し、私と母は父方の祖母の家に転がり込む。若い頃は女優だったという祖母、明るい母、離婚後行方不明の父。何気ない日常の中、少しずつ死に向かって行く人生。そう、やがて目覚めない朝が来るのだ。
    死を迎え入れるというか、肯定しているというか、気分が楽になれるような雰囲気がとても不思議な感じでした。

  • 悪くない。面白かったけど…。

  • ――往年の大女優「蕗さん」と、彼女の傍にいる風変わりで魅力的な人々。蕗さんの孫である「有加」は、そんな大人たちに薫陶を受けて成長していく。『やがて目覚めない朝が来る』その日まで。

    詩的なタイトルが気に入ったのと、表紙が綺麗なので手に取りました。カラフルで個性的な布が折り重なった美しい表紙。この小説にぴったり。

    私は登場人物のなかで「ミラさん」が一番好きです。派手な色の服を颯爽と着こなす衣装デザイナー。ざっくばらんで快活で、「私は頭が悪いから」と死の恐怖を想像することなく、まるで風のように生きている。何歳になっても好きなように。本当に清々しい人。

    ほかにも、暢気でほわほわしたお母さんとか、離婚後に失踪しちゃったお父さんとか、そのお父さんと結婚していた雰囲気のある女性とか、ヤクザみたいな大工の棟梁とか、泣き虫な付き人さんとか……それはもう色んな人が出てきます。彼らのエピソードの豊富なこと! とても一人の作家さんが考えたこととは思えません。
    実はノンフィクションだったり、どこかに彼らがいたりしないかな~と想像するだにニヤニヤしてしまいます。いい本読んだ。

  • 主人公、有加と母、祖母であり女優であった蕗さんと、蕗さんの仕事仲間たちの物語。
    誰しもが必ずいつか迎える死というもの。なんとなくこの作品を読んだら、生きることの対極ではなく、自然な延長線上にあるんだな、と、思えた。
    タイトルも、そのまんまなんだけれど、寂しいというよりは緩やかな作品。
    蕗さんの周りの人が皆亡くなっても、残った人たちは悲しむというより、笑いながら優しく彼らのことを話す。
    だからか、生と死がくっきり線引きされず、どこか優しい感じにまとまっている印象。

  • 少女は、魅力的な大人たちに囲まれて、大人になっていく。そして、やがて目覚めない朝が来る。

    夢のような話。
    優しくはない展開もあるのですが、それをすべて含めて夢のような話。
    やわらかい余韻が残ります。

  • 面白かった。読みやすくていっき読み。有加は周りの人に恵まれてる。個性豊かな人たちに囲まれて。蕗さんの周りに集まった人だろうけど、同じように大事にされてるのがすごく伝わった。みんないい人生過ごしてる。

  • 美しい話。
    この世界の死生観が好きだ。
    出てくる人がみんな美しい。
    読後感は、とても美しい花束を魂がもらったような感じ。
    蕗さんが、バラの花を毎日用意する件がとても好きだった。その想いも含めて。

  •  読んで良かった。ふわっと泣けるし、ふわっと朗らかな気概をもつ。特に、
     ミラさんのセリフ。私は、めちゃくちゃ迷惑かけまくりで、心配ばかり掛けて
     いるので。また、電車の中で涙管を使用してしまった。

  • 2012年3月西宮図

全67件中 1 - 25件を表示

やがて目覚めない朝が来るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やがて目覚めない朝が来るを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする