カレンダーボーイ

  • 296人登録
  • 3.42評価
    • (19)
    • (55)
    • (92)
    • (11)
    • (3)
  • 86レビュー
著者 : 小路幸也
  • ポプラ社 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591100028

カレンダーボーイの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2006年と1968年を、一晩寝るごとに行ったり来たりする元同級生の40代の大学教授と大学の事務局長。
    戻った過去で、自分たちがすべき頃を見つけ、それをするために、過去の記憶を頼りに奔走することとなる。

    偶然見つけ、あらすじを読み、面白そうだなと手の取った本。
    タイムスリップというフィクションと、3億円事件という実際に起こった事件とのからみがどう描かれているのかなと興味深く読み進めました。

    現在と過去の行ったり来たりに、最初は馴染めず、読みにくく感じた時もありましたが、それに慣れてからは、かなり面白く読みました。
    が、最後、皆さんも書いてましたが、一気に終わっちゃった感が、どうにも納得できず、置いてけぼりされた気分がぬぐえません。
    それぞれが、別の次元で生きることとなった結末には、切なさを感じましたが、里美ちゃんの病気は?とか、理事長の着服はなくなった?とか、3億円は埋まってない?とか、何故そうなったのかが分からないこと尽くしで、不完全燃焼です。
    それも全部、過去を変えてしまった「歪み」の結果、ということなのでしょうか?

  • 48歳の男性二人が、小学校時代と現在とをタイムトラベルする物語です。
    彼らは、二人が好きだった女の子を救うため、府中3億円事件を阻止しようと考え、行動します。

    48歳になるまでの記憶を持っている彼らは、少しずつ過去を変えてしまいます。
    その変えてしまった過去が、現在の事実を歪ませ、その事実が歪むことで過去の事実も歪んでしまいます。
    その歪みが小説の中に恐怖感をもたらしているように感じました。
    幽霊が出てくるわけでもないし、人が殺されてしまうわけでもないのに、それでもなぜか怖くなる。
    そんな印象を持ちました。

    しかし、その歪みをわかりながらも過去を変えようとする二人に心打たれます。
    自分たちにもその歪みが降りかかるかもしれないのに、それでも意志を貫く姿はおじさんだけどかっこいいと思いました。
    また、昔からの友達同士であった二人の信頼関係も素敵だなぁと感じます。
    相手の能力を認めて聞かなくてもいいときに、真実を知ろうとせずに待てる関係っていいなぁと思いました。

  • タイムスリップ系の話で1番面白いと思う。ストーリーが面白くて飽きさせない感じ。ちょっと時代の行き来が激しくてついていけないところはあったけれど、時間をかけて読めばわかる。読んでいて、「人生やり直してえ〜」って思った。

  • 2014/07/15

  • 40過ぎのオッサン2人が
    寝て起きると小学5年生に戻り、
    またその世界で寝ると現代に戻ってるって、
    タイムスリップの2重生活を繰り返していくお話。

    過去に戻った時にしでかした事は
    現代にいろいろな形の歪となって現れます。

    それを確認して、場合によっては
    自分たちが消えてしまうかもしれないのを
    承知した上で、
    彼らは過去のある出来事を変えるために
    現代で悩み過去で実行していきます。

    大人の精神を持ったまま小学生になるって
    単純に行けば面白そうだけど、
    現代に戻ってしまうって制約があると大変だよね。

    下手なことすると今までの人生がまったく
    別のものになってしまうんだから。 

    そこらの葛藤と経緯がメインで書かれてる感じ。

    3億円事件なんかも絡んでるので、
    派手な展開が来るのかと思いきや、
    そこはいたってあっさり流してます。

    映画化するとしたら、逆にそこに力を入れそうで怖いw

    なんだかんだで意外と泣けるお話でした。

  • 最後とっても切なくなった。
    設定はありきたりですが、小路さんが書くとありきたりではなくなってしまう。
    小路ワールド全開な話です。

  • 睡眠をとると意識だけ小学5年生に!また睡眠をとると元に戻る。
    1968年と2006年の時代を行き来してしまう48歳のおじさん2人
    友達を救うために、そして、自分の家族を守るために奮闘する
    48歳の二人が小学5年生になって過去を変えようと奮闘するがしかし過去を変えると歪みが生じ、現在の世界が色々変化してゆく
    最後でのどうやって友達を救ったのかどうやって解決したのかがイマイチわからなかったがラストの二人の展開に切なくなってしまった

  • 読み終わった時、とても不思議な気分になった。
    完結した。という気持ち。
    謎が完結していない気持ち。
    モヤモヤしたような、それでいて、全てうまく行ったような。

    設定が、意識だけタイムトラベルするというのは不思議なことだ。
    これがなぜ起こったのかは最後までわからないが、どうやら彼らだけに起こったことではない。
    選ばれた人がそうなるのか。
    しかも何か完遂すると解消されるのかな。
    わからない。
    なんだかとっても不可思議な気分でいます。

  • 最後の方ぎっちぎちに詰めててはしょってんなーと思ったけど。最後の最後でね、とても悲しくなった。これまで友情培ってきた人を失うのと、これまで培ってきた人生失うのと。どっちがつらいんだろう。イッチの方が辛いんじゃないかなって思うけど、それでも明るく生きていくラストが眩しくて悲しい。

全86件中 1 - 10件を表示

カレンダーボーイを本棚に「読みたい」で登録しているひと

カレンダーボーイを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カレンダーボーイを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カレンダーボーイを本棚に「積読」で登録しているひと

カレンダーボーイのKindle版

ツイートする