ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌

  • 48人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (6)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 天野慶
  • ポプラ社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591101827

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
穂村 弘
三浦 しをん
有川 浩
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌の感想・レビュー・書評

  • 北村薫著、「北村薫の創作表現講義」本文に出演する若き歌人、天野慶女史の作品集

  • 短歌を始めるのはとっても簡単。紙と鉛筆、そしてあなたの気持ちがあれば準備完了。
    さぁ、あなたもレッツ・短歌!

    これは画期的な短歌入門書だ。
    なんというか、「短歌」というお仕着せから逃れた普段着の歌の姿に、目が覚めた思い。いつも制服を着ていた同級生の、普段着をぱっと見せられたような。この本を読むまでは、短歌の世界を「お仕着せ」だと思ったこともなかったのに。

    短歌っていうのはそもそも、貴族たちの高貴な文化だったという歴史的背景があるせいか、それとなく敷居が高く感じられる文学表現のひとつである。
    しかし、そんな「お高い」短歌を、この著者は軽やかに、それでいて率直に、もっと短歌って身近にあっていいものなのではないかと発言する。
    この「発言する」というのがまたポイントで、問いかけだとか提案ではないところがいいのだ。短歌が楽しいから、みんなにももっと短歌を知って欲しい、詠んで(読んで)ほしい、という純粋な気持ちだけで綴られた作者の言葉は、読者の心にまっすぐに届いて余計な含みがない。
    著者自身の短歌との出会いが劇的なものではなかっただけに(でも彼女の最初に応募した短歌というのは名歌だ)、短歌とのお付き合いは、決して特別なものではないのだと読者を安心させてもくれる。

    上記のように、著者の短歌との出会いが詳しく書かれていることもよかったが、歌人を三人取り上げてそれぞれの人生と重ねあわせるという章も、非常にわかりやすくて新しい視点だった。この本は構成もいいし、ページの端に著者が好きな短歌を載せているのもいい。
    でも何より、短歌をみんなに知ってもらいたいと様々なイベントや企画を考え、行動する著者の積極性が素晴らしい!と思った。これからの著者の活動にも、大いに期待したい。

  • 図書館から借りました

     短歌の本。
     作り方についてあるけれど、入門編みたいな柔らかいもの。
     技巧やお約束といった、難しい話はなく、例歌をいっぱいあげて、気楽に作ろうと言う。
     何人か歌人の名前が出ているので、気に入りがいたら、その人を捜してみるといいかも。

  • やはり歌集は入手が困難なものなのか。

  • 短歌の作り方がわかりやすく丁寧に書いてあります

    かわいらしい本です

  • 多分小中学生ぐらいを主な対象としている感じの、軽めの短歌入門書。短歌、作るほうに入門するつもりはないのですが天野さんの歌は好きです。

  • 活きのいい歌人が出てきたものと感心します。
    歌は好き好きであって、自分は著者の歌をあまり好きじゃないけれど、現代の歌人として「伝統に縛られない発信法」を模索し、試行する活動力に○です。

全8件中 1 - 8件を表示

ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウタノタネ―だれでも歌人、どこでも短歌はこんな本です

ツイートする