夏の階段 (teens’ best selections)

  • 254人登録
  • 3.46評価
    • (18)
    • (44)
    • (65)
    • (11)
    • (2)
  • 58レビュー
著者 : 梨屋アリエ
  • ポプラ社 (2008年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591102756

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏の階段 (teens’ best selections)の感想・レビュー・書評

  • 5人の中では、緑川さん、福田くんが好き。この二人を応援したい。
    逆に遠藤さんには最後まで何一つ共感できなかった。
    一番長い尺の話が遠藤さんの話なんだけど、敬語で書かれていて私には読みづらかった。

    玉木くんはちょっと影のある感じで好きなタイプではあります。
    お母さんが亡くなって、ますます影を背負いそうなのが心配。
    こういう時こそ、蟹のブイで泣ける福田くんと友達になればいいと思うんですがどうでしょう。

  • 軽く読めました。高校1年生らしい、甘すぎず辛すぎない、良い話でした。
    緑川さんと福田君が、うまくいくのを願います。

  • 【あらすじ】
    たくさん勉強していれば、誰よりも早く大人になれるのだ----
    そう信じて周囲と距離を置く玉木崇音が、
    夏期講習の帰り道で出会った奇妙な階段とクラスメイトの遠藤珠生。
    何かとちょっかいを出してくる遠藤がわずらわしい玉木だったが......。
    地方都市の進学校を舞台に繰り広げられる、
    5人の高校生の不器用な恋と友情、未来への葛藤。
    息苦しい毎日の向こうに光を投げかけてくれる連作短編集。

    【感想】

  • 初めて読んだ梨屋アリエさんの作品。
    進学校に入学した男女5人の様子がオムニバス形式で描かれている。
    「巴波川高校」「岩船山」と、どこかで聞いた名前を目にして、慌てて一番最後にある作者のプロフィールを見た。
    …地元出身だった。

  • 透明で、不器用な五人の少年少女の物語。誰かを理解するってなんでこんなに難しいんでしょうね。それでも輝くのが十代でしょうか。梨屋アリエさんの描くティーンエイジャーたちは透明感に溢れていますね。

  • まあこういう物語の典型だなあ、と思いながら読んでいたら、最後に思いがけずあんなことやこんなことが起こって、読後感を良くする。いや最後の一ひねりは良かった。

  • おととい読了。短篇連作。
    短篇連作は、ずれを浮き彫りにして強調するのにいいんだな、と思う。みんなそれぞれに他人のことを観察し、自分に対しても他人に対しても見解をもっているのだけど、それが少しずつ、決定的にずれていて、そのずれは浮かび上がらされたまま、修正されることがない。一篇ごとに視点人物がかわり、しかも時間軸もあまり重ならないから、読んでるうち、どの見解が「本当の」姿なのかがよくわからなくなってくる。
    最初から四篇の不安定な終わり方がけっこう好きだったのだけど、最後の一編が、全部をまとめる感じにオチをつけていてちょっと残念。書き下ろしでつけたぶん、まとめる意識がはたらいたのかな。
    すっきりとした、風の吹く表紙絵がすてき。

  • YA向けのピュアな連作短編集。それぞれ周りには仮面をかぶりながら何かを隠し何かを演じている。見えないだけでそれぞれ複雑な悩みを抱え生きている、そんな青春時代。2013/321

  • 見ようによっては、古代の神殿のような風格で、思索にふける様子でもある。真夜中になると、そこが銀河鉄道のプラットホームの入り口になるのではないか、と空想したくなるほど、それは思わせぶりに謎めいて、存在を主張するのだ。
    の・ぼ・れ、と。
    オーケー、のぼってやろう……『夏の階段』
    ぼくは広い砂浜に立ち、打ち寄せる波をじっと見ている。ぼくは海に恋する一匹の蟹なのだ。おいでおいでと、はさみを振り上げ、海を呼ぶシオマネキ。
    寄せては返す目の前の波が、海のほんの一部だということも知らないで……『月の望潮』

    地方都市の進学校・巴波川高校、通称ウズ高。
    春、希望に胸膨らませてウズ高に入学し、一枚のプリクラに写った5人の1年生が織り成す淡い恋と微妙な友情を、ドライに甘酸っぱく描く連作短編集。

  • 表紙に惹かれ手に取った。後にひく青春

  • 「大切なことは変わろうとすることじゃなくて気をつけることです」 でしたっけ 自分が滞ってしまう時、この台詞をいつも反芻します

  • 共感できる人とできない登場人物がいるけど
    それぞれの視点で描かれているから、
    それぞれどういう風に見えているかが面白い。
    みんな悩みを持っているけど、それが青春なのかな
    なんだか爽やかな印象の本でした。

  • 〈内容〉希望に胸ふくらませて入学した高校。でも新しいクラスメイトとは、まだまだ微妙な関係で―地方都市の進学校・巴波川高校、通称ウズ高を舞台に、5人の高校生が織りなす、恋と友情、未来への葛藤。ほんのり甘く切ない5つの連作短編。

  • 改めて読んで面白いなあと思った。ただ、登場人物の関係性とかをきちんと捉えながら読まないと「誰だこやつ」ってなる。いや、私なりかけた。

  • 文庫版よりこっちの表紙のほうがすき


    ブックデザイン/カマベヨシヒコ
    イラストレーション/佐々木こづえ

  • 進学校に入学したての
    高校生5人のお話。

    「夏の階段」
    「春の電車」
    「月の望潮」
    「雲の規格」
    「雨の屋上」

    の連作短編。


    アリエさんの独特な作風に
    はまっているこの頃*


    私は高校生の頃は、
    部活に熱中していたので
    正直、あまり勉強してません*><
    家に帰りたくなかったので、
    部活が終わっても
    ソフトテニスをしました。


    もっと勉強すれば良かった
    と本を読んで思ったのでした:)

  • なんかすごくリアルタイムすぎて既視感が…(苦笑)

  • 地方都市の進学校に通う、5人の高校生を描いた連作短編集です。
    自意識過剰で理屈屋の玉木少年が小さな恋を見つけるまでの物語『夏の階段』、恋する生物部ポエマー和磨の少々気持ち悪い独白『月の望潮』など…みんな、むずがゆい青春を送っています。

    そして、4人の物語に印象的な姿を見せていた少女・遠藤珠生じしんの物語で、この本は締めくくられます。彼女はかわいくてよく気がつく、クラスでも華のある存在とされており、玉木はかなり好意的に見ています。しかし、同じ中学だった和磨の意見は辛辣でした。
    「天使になるには何かが一本抜けている、ダメ天使」
    天使になれなかった珠生の閉塞感が、友人たちによって破られていく様子が描かれています。

  • 高校生の青春みたいな話

  • 夏に読みたくなります。日常の学生たちの世界だけどきれいな世界…!

  • ■希望に胸ふくらませて入学した高校。でも新しいクラスメイトとは、まだまだ微妙な関係で―地方都市の進学校・巴波川高校、通称ウズ高を舞台に、5人の高校生が織りなす、恋と友情、未来への葛藤。ほんのり甘く切ない5つの連作短編。

    ■■オムニバス。それぞれの登場人物が何かしら繋がっています。特になにか盛り上がりや解決があるわけじゃなくて、だらだらと次のキャラにバトンタッチしていくんだけど、でも現実っていうか日常なんてそんなもんだよなぁって。でもみんなそれぞれに必死で一生懸命なんだってことが伝わる。だけど最後の最後で、良かったねって思わせる展開で〆。

  • 表紙に惹かれて初の梨屋さん作品。これでどっぷりとはまりました。
    独特な作風がとても好きです。

  • どの登場人物も美化されてなくて
    人のどろどろした部分が書かれてるのが
    すきだなあ(´ω`)

  • 五人のその後が気になる。

全58件中 1 - 25件を表示

夏の階段 (teens’ best selections)に関連する談話室の質問

夏の階段 (teens’ best selections)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夏の階段 (teens’ best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の階段 (teens’ best selections)を本棚に「積読」で登録しているひと

夏の階段 (teens’ best selections)の作品紹介

希望に胸ふくらませて入学した高校。でも新しいクラスメイトとは、まだまだ微妙な関係で-地方都市の進学校・巴波川高校、通称ウズ高を舞台に、5人の高校生が織りなす、恋と友情、未来への葛藤。ほんのり甘く切ない5つの連作短編。

夏の階段 (teens’ best selections)はこんな本です

夏の階段 (teens’ best selections)の文庫

夏の階段 (teens’ best selections)の文庫

ツイートする