([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

  • 181人登録
  • 3.23評価
    • (6)
    • (10)
    • (42)
    • (7)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 林真理子
  • ポプラ社 (2008年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103487

([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 130320*読了
    林さんの小説は短編も長編もおもしろい。確かに、女の毒がこんもりと盛られている。
    その毒にハマってしまうからこそ、わたしは何度も林真理子ワールドの扉を開けるのだろうなぁ。

  • さらっと読める恋愛小説。金持ちとかセレブとかマスコミ系の職業人とか、キャラがバブルっぽい。
    林真理子の書く毒のある女性は好き。被害者ぶった善人女よりよほどいい。

  • 秘密をテーマにした8つの短編恋愛小説。
    どれも流石としか言えない。
    なんだかドキドキが止まらない。
    この後、この人たちはどんな人生を送ったの?と想像力が逞しい私でもドキドキした、、、。

  • 秘密をテーマにした8つの短編恋愛小説集。愛の形もいろいろだね

  • 電車内でもさらっと読める短編集。この先、どうなるのかを想像してしまうのが魅力

  • きっと誰にも秘密はあるけれど、登場人物たちは墓場まで持って行かずにここぞというところで、時限爆弾やトラップみたいに自分の武器にして生きていく。女性の怖さと強さ。林真理子の持ついやらしさの詰まった短編集です。

  • チクチク来る恋愛の短編集。
    ---
    「なんて下品なの。たった五人しかいないテーブルなのに、寝たカップルが四組もいるのよ」二つのカップルと一人の女。恐怖の晩餐会の幕が上がる--。(『土曜日の献立』より) “秘密”をテーマに八つの作品を選び出した、当代きっての恋愛小説の名手が描く珠玉の短編集。

  • 久しぶりに林真理子さんの小説を読む。実は他の人の文庫本を読んだ折、巻末の同文庫シリーズの広告で見たもので、ちょっと紹介文を読んだらたまらなく読みたくなって、図書館検索で見つかったので早速仮に行った次第。

    短編の再編集本らしいので、以前読んだ記憶があるものが多かった。

    秘密という同一テーマらしい。しかし林真理子はやはり天才か天才に近い人だと思う。

    とにかくどこの視点からでも人をとらえる。高いところからも低いところからも。

  • 林真理子の書く女性は皆リアリティがあって、そしてそれにほんの少しだけの女の嫌な(だけど絶対に誰もが一度は感じたことのあるような)醜い部分を持っている。

  • 出てくる全ての登場人物の心情が全く理解できなかった。こういう部分ってあるある、なんて思う事もなく、ただただ嫌な話が続く。
    同じような嫌な(女の)話でも面白く読めるのもなるので、これはちょっと合わなかった。
    残念。

  • いつも怖いなーと思うけど、林先生の本は手にとってしまう。今回もさらっと読んでしまいました。

  • 女性って怖いなぁ~~って思っちゃいました(笑)

    でもでも私は女性なので
    「うんうん、分かる~~」なんて思うこともあって・・・・

    短編集なのでとっても読みやすかったです。

    *お別れパーティー
    *二年前の真実
    *女優の恋人
    *彼と彼女の過去
    *土曜日の献立
    *二人の秘密
    *秘密
    *実和子

  • 林真理子さんの作品を初めて読みました。
    7つのお話からなる短編集。

    最後の解説でも書かれているように、「女の意地悪さ」を描くことがとても上手。
    女って怖い!
    でも決してあり得ない話ではないと思えてしまうのはわたしも女だからかなあ。

  • 状況:途中まで読んだ

    なんというか、どろどろしすぎな話ばかりで読むのがきつくなってしまった。
    ちょっと苦手…
    自分の場合、村上春樹の方がまださわやかで好き。

  • 目次: お別れパーティー/二年前の真実/女優の恋人/彼と彼女の過去/土曜日の献立/二人の秘密/秘密/実和子

    「なんて下品なの。たった五人しかいないテーブルなのに、寝たカップルが四組もいるのよ」二つのカップルと一人の女。恐怖の晩餐会の幕が上がる―(『土曜日の献立』より)。“秘密”をテーマに八つの作品を選び出した、当代きっての恋愛小説の名手が描く珠玉の短編集。

  • このポプラシリーズは
    タイトルがインパクトがあって好き

  • ん…何篇か読んだことある話?後ろの方みたら、いろんな本から出展された寄せ集めの文庫本だった…

  • ポプラ文庫が創刊して少し経った頃に、「えっ、林真理子の新作?」と購入したものの、すべてが既刊短編集からの再録で、新作はなかった。

    秘密を守るために、ひとつ嘘をつくと、その嘘を本当にするために嘘を重ねていかないといけなくなる。

    一旦、その秘密が漏れると、ズルズルと芋ずる式にいろんなものが崩れていき、いろんな人を不幸にする。

    秘密は“秘密”であるからこそ、媚薬のような効果を持つだけ。

    大事なもの・人を守りたければ、秘密のままにしておくのが、最低限のマナーであるような気がする。

    秘密にできないのならば、秘密を抱えてはいけない。

  • 再読。
    相変わらず読みやすく面白い。

  • 作者買い。
    あまりインパクトはなかった。

  • コレクション1という事は続々と出版されるのでしょうか。
    過去に読んだものでも『秘密』と編集されたものをあらためて
    読んでみると『秘密』が語られる瞬間に近づくにつれドキドキ
    してきます。
    意地悪い女を書かせれば...とありますが、それだけでなく
    危険な綱渡りをして渡りきってみせる。そういうタフな女たち
    ばかりです。 次のエッセイ待っていまーす。

  • 短編集。
    最初のほうはあんまり好きじゃない。誰が主人公?ってちょっと考えてしまう。
    表現の仕方も嫌いってわけじゃないけど、あんまり好きでもない。

  • ひみつ、ひみつ……大きなものから小さなものまで、ひみつに関する短編を集めた本

全24件中 1 - 24件を表示

([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([は]1-1)秘密 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする