([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)

  • 241人登録
  • 3.62評価
    • (14)
    • (25)
    • (29)
    • (2)
    • (3)
  • 28レビュー
  • ポプラ社 (2008年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103494

([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • なかなか楽しい本でした。

    確かに古本屋がある町は素敵だと思う。暇な1日、ぶらっといって半日くらい棚を眺め時間を潰せれば最高。最寄りの駅に二件くらい有ればなお良い。

    自分の住んでいるまちの駅には、古本屋どころか、まともな新刊書店もない。本書で紹介されている古本屋も、自分がかなり利用した、東京駅、銀座界隈の古本屋も粗方無くなってしまった。寂しい限りだ。

    学生の頃は、もう30年以上前たが、古本街に毎日通っていながら、本好きだったにもかかわらず、殆ど利用しなかった。今思うともったいない事をしてた。

    現在は日々増殖する本と、妻との戦いに明け暮れているが、また、この本を片手に知らない町を歩きたい。

  • 「師匠」岡崎武志が「弟子」の角田光代へ、各地の古本屋街へ行くように指令を出す。角田は鋭い感性で次々と岡崎の意図を見抜いていく。角田の鋭さと岡崎の懐の深さが絡み合っていてなかなかスリリングだった。これをもって古本屋街を巡ってみたい。

  • 書きたいことがまとまっていないけれど、まとめる余裕もないくらい書きたいことがたくさんあるので、もう書き殴ります。

    昼下がり、自宅にて、紅茶を飲みながら読んでいた本…

    だったのだが、気付いたら(世界不思議発見!(今日はメキシコだった)などを見ていたら)

    もうすぐ夜中(朝?)の4時を過ぎそうじゃありませんか。あ〜お腹空いた。

    でも、本の続きを読みたくって、夜更かししてしまった。

    まずこの本は、サンフランシスコの紀伊國屋で見つけて、

    すごく欲しくなったけれど高かったので泣く泣く諦め、(日本から輸入されていたので高かった)

    帰国して池袋のLIBROでやっとこさ買った本である。

    神保町からはじまり、恵比寿、渋谷、代官山、東京駅、銀座、西荻窪、鎌倉など、様々な場所の古本屋を紹介している。

    特に恵比寿、渋谷、代官山あたりの古本屋は文面からして非常にお洒落そうで、若者も入りやすそうな古本屋であり、行ってみたくなった。

    ところで、神保町には、絵本専門の古本屋があるそうだ。

    私には、ずっと探している絵本がある。

    小さい頃に読んでいた絵本で、クリスマスがテーマの絵本であり、絵本の内容はあまり覚えていないのだが、描かれている絵がそれは本当に綺麗で素晴らしい。

    だが、もう一度見たい、と本屋に行った際はいつも、絵本コーナーには足を運ぶのだが、この本を見つけたことは一度もない。

    神保町の絵本専門古本屋に足を運んでみようか。

    また、本書の中に出てきている、アメリカの中産階級の家庭がテーマになっている写真集とか、とても面白そうだと思った。

    今まで写真集を買ったことはなかったが、この本の中で引用されている、片岡養男さんの文章を読んで、写真集を買いたくなった次第である。

    「写真集のなかの何枚かの写真、そしてすでに何冊あるとも知れない膨大な数の写真集は、より多くの視点から世界を見て、理解をより正しくし、より深めようとする無限に近づく試みだ。」

    狭い視野を写真集が広げてくれるんですね。狭い視野の私にはぴったりである。写真集、買おう。

    古本屋には、古本以外を売っている店も少なくないらしい。

    例えば、絵はがきだとか、紙だとか、コインだとか。

    一見近づき難いかもしれない古本屋だが、古本以外の物も置いてあると、多少は、古本屋を近付き難く思っているお客さんも入りやすくなるのかもしれない。

    最後に、本書の「実践編」に載っていた本たちを見つけて、制覇するぞーと心に決めた。

    知らない作家さんの名前ばかりだったけども、読んでみよう。それらの本を探してみよう。

    一緒に古本屋街を歩いてくれる友を見つけなければ。

    街歩きをしながら古本屋に入り、何冊かじっくり選んで買い、喫茶店に入って、購入した本などをゆっくり眺めながら、紅茶を飲みたい。

    読書の秋、芸術の秋ということで、読書や写真集にとことんハマってみようか。

  • ラストの世界古本屋巡りが好き(´ε` )
    各国を飛び回る角田さんの古本力は師匠越えしてると思うんだ。

    師匠の文章やノリがキッチュで頂けない。キッチュな古本屋たちがキッチュに紹介されていて、ぜひ寄ってみたくなる。
    一体どういう意味何だろう?・・・調べたら負けかなと思ってる。

    渋谷が皆に嫌われていて悲しい(´;ω;`)

  • 古本めぐりはここで学べ!
    といっても人からあれを探せ、これを探せと言われるわけではない。自分の感性で本は探すものなのです。これこそ古本修行。

  • 古本道の“師匠”岡崎武志氏が出す“お題”に従い、“弟子”の角田さんと一緒に古本屋めぐりの楽しさを疑似体験。

    お題を消化する過程で、角田さんが取り上げる本の題名を聞くだけで、読書欲を刺激されます。昭和の時代の本のタイトルはなんか良いですね。どことなく「大人」のにおいがするような。現在では新刊書店には代表作くらいしかなかなか見かけない有名作家のエッセイとか、ぜひ読んでみたいと思うものもたくさん。エッセイはその時代の風俗や空気も分かったりするので、とても興味あります。

    ところで、岡崎さんによる解説部分は角田さんのエッセイを補完する内容で、興味深いんだけど、落語のような設定は必要だったのかな…?無理なギャグはなくても、十分面白い本だと思うんですが。

  • 私は何になろうというのか。

  • 新刊書店、図書館をしのぐ、本の聖地・古書店。そこはなんとわくわくする場所なのだろう。一つ一つ違った世界があるのだ。首都圏にこんなにも異文化があったなんて。知性ではなく感性で楽しめる本だった。

  • 古書を求めて作家である角田光代さんが師匠である岡崎武志さんからの指令に従って、古書縁の土地を巡ってお目当ての本を探す。

    こう言った古書に纏わるエッセイは何度か読んでいるが、古書が持っている特有の匂いもしくは性格が人々を古書という魔物に取り付かせるのでしょうか。
    つい手に取ってはその本とその本が歩んできた歴史を感じ取って新刊には無い付加価値を古書に見出していき、古書に魅了されていく。

    古書にすでに興味がある方々もしくは集めてみたいと思っている方々には是非読んで頂きたい一冊です。

  • 角田光代が古本のプロに弟子入りして、良い本に巡り合う訓練を行う本。

  • 古書新参者の私は「ビブリオ古書堂」「痕跡本のすすめ」ときて、こちらにたどり着きました。
    古本道を極めた岡崎氏から角田光代さんが教えを受けるというこの本、角田光代ファンの私には読む楽しさ二倍増し!古書店の面白さを知ると共に角田さんの読書傾向が垣間見れる面白い内容でした。
    古書店って何だか敷居が高い感じがしてしまいますが、足を踏み入れたくなりました。
    !濡れた傘は持ち込まない
    !荷物は最小限に
    この鉄則を忘れず、知らない世界に挑戦してみたいです。でも、買っても部屋に置場所はなし…

  • 頭に汗をかきながら、苦しみながら本を読むことの意味にはっとさせられたのは確かこの本じゃなかったかな。

    本の世界はとてつもなく広いんだと、口をあんぐりあけてしまいそうになる。

  • 神保町

    代官山・渋谷

    東京駅・銀座

    早稲田

    青山・田園調布

    西荻窪

    鎌倉

    神保町

  • 古本ってなんか憧れるけど、敷居が高そう・・・。

    でも気になるなあ、

  • 角田光代が都内を中心に古本屋を巡っていく。色々な古本屋が紹介されている。
    海外で見かけた古本屋の話もあり、私はそちらを興味深く読んだ。
    1章1章、また本全体を見ても、角田光代は流石にうまくまとめるなぁと思った。

    MVP:なし

  • 古本探しに街歩きをしたくなる。本という媒体を通して、それが通ってきた文化や、それを書き上げた人の思想が見えるようで、また本を探してしまう。それがさらに古本となると、色々な人に読まれ、手に渡ってきたのだと考えると、ものすごく感慨深い気分になる。終始満足でした。

  • ちょっと敷居が高いイメージがある、昔ながらの古本屋さん。
    そのイメージは読後もちょっと残っちゃったけど、
    古本道を極めたライター・岡崎武志師匠と弟子で作家の角田光代さん、
    そして古本屋のご主人たちの本への愛情が伝わってきて、
    古本屋に行きたい!という感想が湧いてきました。
    http://matsuri7.blog123.fc2.com/blog-entry-109.html

  • いい意味で、漫画のように速く読める、娯楽志向満載の本。僕は読みはじめ角田光代の文章の方がおもしろいと思いながら読んでいたら、途中で岡崎武志の古書知識に舌を巻き、すっかり印象がひっくり返ってしまった。古本屋にまつわる場所幾つかを順々巡りながら話が進んでいくところも本書の魅力である。早稲田、神保町、西荻窪、鎌倉と、古書店巡りとはまったく都市民の愉しみですね。

  • この本もって、東京古本屋めぐりしたい!!
    知らない作家や本がよく出てきたけれど、角田さん、岡崎さんそれぞれのおもしろい解説付きで、楽しく読めた。
    いつかチャレンジしてみたい。
    ただ、角田さんとは本の趣味が違うようだ。

  • 2009/3/1購入
    2009/3/6読了

  • 古本屋といえば…の神保町から、え、こんなところにも?な鎌倉や田園調布、若者の街渋谷や代官山まで。読んでいてうずうずしてきました〜!本は生き物。角田さんがそう言っていたけど、まさにその通りだと思う。
    正直古本屋は敷居が高いと思っていたが、これからは「生き物」としての本の魅力を探りに古本屋巡りをするのもいいかな。私は是非オシャレ系古本屋に足を運んでみたいと思ってます。
    それにしても角田さん、楽しそうに買い物してたな〜。彼女の読書傾向が改めてわかって、ファンとしては嬉しかった。同時に、自分の視野も広げることができた。
    そして、角田さんが見てきた海外古本屋レポもなかなか面白かったな。古本屋独特の佇まいは世界共通なんだ!様々な人の、本に対する「愛」が溢れていて、読んでいて本当に楽しかった。
    ページのすみっこに描かれてた、岡崎氏による自画像と角田さんの似顔絵がなかなか似ていてかわいかったな(´∇`)

  • 人の本買い日記はそうとう好き。これは日記じゃないけど。

  • 何とポプラ社も文庫を創刊。すでに単行本で持っていますが、他にピンとくる本がなかったので、ご祝儀はこの一冊にしました。角田さんの古本道の上達はめざましい。失礼な言い方になりますが、基礎がしっかりしているからなのでしょう。

  • 古本という底無し沼にハマる予感

全28件中 1 - 25件を表示

([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)に関連するまとめ

([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([か]1-1)古本道場 (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする