わたし、男子校出身です。

  • 355人登録
  • 3.55評価
    • (34)
    • (43)
    • (113)
    • (4)
    • (0)
  • 81レビュー
著者 : 椿姫彩菜
  • ポプラ社 (2008年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103852

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

わたし、男子校出身です。の感想・レビュー・書評

  •  あー……。
     差別の形かもしれないな、と思った。
     当事者から見ると考えられないほど無神経な質問にさらされている。それの悪意の有無なんて問題じゃない。さらに言うなれば、それが起こる頻度は、時折、ではなく、常に、なのだ。
     世界を大きく2つに分ける性別という根幹に依るが故に、常識の壁は厚い。
     ただ、当たり前に生きる為に、心を強く持たねばならない。
     在るだけである、と言うことは当たり前では無い。

     しかしながら。
     これより困難は小さいかもしれないけれど、人間であるという以上の扱いにおいては、誰にでもソレは起こりうる。そして自分が差別をする側になもなっているのだろう。
     されることには敏感だけれど、することには鈍感になる、という恐ろしさを知る本である。

  • 授業のレポートの参考文献として読んだ本。
    これの前に読んだのが上川あやさんの新書だったから最初は文章のギャップに戸惑いました(笑)

    でもこちらのほうが学生時代の苦しみや戸惑い、親のことについてストレートに伝わってきますね。こちらが精神的葛藤なら上川さんのは社会的困難を知ったように思います。
    合わせて読みたい作品です。

    性転換手術について詳しく書かれていますが、なじみのない単語や難しい単語がでてくるので内容は理解できなくてもその手術の大変さは伝わってきました。
    まさか死ぬ可能性もあるなんて。
    医療は進歩しても人間の体を変えるってまだまだ難しいんですね。
    しかも寿命が縮むかもしれないとか、リスクは大きいのですね。知りませんでした。

    親の苦しみも本文から読み取れました。性同一性障害の方目線の本はありますが親目線の本はないのでしょうか。

  • 三葛館With T||493.74||性同一性障害

    2008年にベストセラーとなった椿姫彩菜さんの自叙伝。
    文章は終始読みやすく、引き込まれながら一気に読めてしまいます。
    性同一性障害のことについてもとてもよく分かる内容で、性同一性障害による親との衝突、差別、自身の苦悩や葛藤、命懸けで挑んだ性転換手術の体験などがリアルに書かれていて、心と体のギャップを抱えながら生きることがどれだけ苦しく大変なのかを深く実感できます。
    読み進めていくうち、どんなに苦しい時も自分に出来ることをしていこうと真っ直ぐでひたむきに生きる著者の姿に深く感動を覚え、性同一性障害で苦しむ多くの人たちを心から応援したくなります。
    また、そのような人たちが暮らしやすい社会になることや、少しでも多くの理解者が増えることを願ってやみません。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=52592

  • 性転換手術ははたからに見てこわそうだし、デメリットが多いと思うが、それ以上に性を転換するメリットがあるということか。

  • むー。複雑な気分。
    この人、典型的なGIDって言ってもいい人だなあと思って。

    でも、逆にこういう人から見たら、外見が全然女らしくないわたしなんか生物学的に女であるってだけで女なんだから、羨ましいって思うだろうし、「なんで女なのに女らしくしないの?」とか言われそうだ。

    っていうか、わたしが「女であるってことは、わたしにとっては記号くらいの意味でしかない」って言ったら、傷つくだろうな。。

    逆にわたしは「女だから女らしくして当然」っていう雰囲気ムンムンのこの本、仕方ないかも知れないけど「うへー」って思っちゃうんだよね、、

  • きちんと性同一性障害について考えたこともなかったから、そんな気持ちだったんだ、と思うことばかりだった。

    男子校で最初疎まれていたのに、自分の場所を確立していくところが素晴らしかった。

    私はこの本を読まないでそういう人に会った時に、もしかしたら大学の人と同じようになんとなくフェイドアウトしてしまっていたと思う。

    でも、そんなことで近づくのを辞めないで欲しいだろうな。とか、手術にはそんな命の危険があるんだ、とか色々なことを教わった。さらっと読みやすい文体だけど、勉強になることがたくさんあった。

  • モデルとしても活躍している性同一性障害の筆者の半生が書かれています。
    とても分かり易くまとめられていて、様々な苦悩や葛藤が伝わってきました。
    何にしてもまず知ることから全ては始まります。
    こうして書かれている思いを理解していけたらと思います。

  • TVで見たことある子だし~♪
    なんて、軽く読み始めたのを反省させられちゃうような1冊。

    幼少の記憶、徐々に理解者を増やしていった男子校時代、
    そして大学入学・・・・

    親子の確執から、性転換手術の内容、
    性同一性障害の認定、
    親との仲直りまで・・

    壮絶な体験を語っていて。


    性転換手術は、すごい覚悟がいるもので、
    手術後のケアも大変・・

    それでも、本来の「女」のことして、
    大学生をやり直す姿は、
    圧巻でした。


    ゲイ、おかま、ニューハーフと、
    性同一性障害は違うものだってことも知りました。



    興味がある方は、ぜひ読んでみてほしいです

  • 椿姫彩菜さんはテレビで見たことがあるけど、綺麗な(元)男の人だなぁという印象だけだった。
    この本を読んでみると、「性同一性障害」というのが、本当に「病気」であって、椿姫さんがとても悩んでいたことがわかった。
    だから、
    1、いつ、目覚めたの?
    2、男と女、どっちが好きなの?
    3、お風呂やトイレは、どっちへ行くの?
    といった椿姫さんが「モットもキライな質問」をすることが、とても失礼なことがわかった。

  • 偏見や価値観の違いを少しでもなくすため、きっと彼女は本を書き、そして、笑っているのだろう。
    「女」になることがこんなに「痛い」なんて、、知るすべもなかった。
    「男」と「女」に分けるほうが間違っているのかもしれない…

  • ライトな読みものでしたが、面白かったです。
    <笑う>面白さではなくって。
    ワタシは性同一性障害ではないし、男の子に生まれ女の子になりたい、という思いはないので、そのあたりは共感出来ませんでしたが、この方はきっと優しい方だと感じました。
    苦労している人は、人の辛さをわかってあげられると思います。

    (10,02,17読了)

  • 【以前お付き合いしてる人がいた。彼に「あなたの子どもを産めなくてもいい?」と聞くと、彼は、「それは来世で」と、さらっといってくれた。私は産みたかった。】

    性同一性障害の椿姫彩菜さんの本。
    包み隠さず、いままでの全てが書いてある。
    今までちょっとわかった気になっていたけど、
    性転換手術の壮絶さを改めて知ることになった。
    こんなにリアルな話を聞いたことも見たこともなかった。

    いろんな努力と幾度の涙で乗り越えてきたんだな。
    なにか感想を言おうとすると全て軽くなってしまうから
    いい言葉がなにも見つからないけど、
    この本は痛みを教えてくれると思う。

    もっといろんな人が読んで、
    もっともっと理解が広がるといい

  • ゲイやオカマではなくニューハーフとも本当は違う、彼女の葛藤にとても考えさせられた。性同一性障害についての偏見についても挙げられていたが、まだまだこの種の偏見は根強いと思う。この本を手に取った方々が、少しでも彼女たちの内なる痛みや想いに気づく事が出来たらと思う。

  • 障害を考える。その2

    日本は後進国やね、こういう点で。

  • 男子校出身にして超絶美人の半生記。
    性転換にかかる費用と労力と差別の大変さがよく分かり、作者の強い意志に感服した次第。
    エストロゲンや膣形成など初めて知りました。

  • 本屋でタイトル買いでした。
    この本は後半が素晴らしかった

    幼稚園から大学までの道を書いた伝記です。
    そのなかで他人が経験できないことを手にいれていく様子がかかれています

    一般的に家庭レベルは高く、気持ち以外に不自由はしなかったようだ。

    俺は男子校を知らないし
    なんか住んでた世界が大分違っていて理解しづらかった。が家庭を考えると素晴らしい親だと思う。

    気持ちがあっていれば
    教科書人生なはずだ
    偶然それがなく、意思も持っていたんだね
    親のお陰だよ。素晴らしいと思うよ

    ただ大嫌いな言葉を簡単に、大量に使っているのが残念だ。『氏』はそれを身近に感じないから軽く使うんだ。使わないでほしい。


    昔からあからさまな障害をもつ人と関わりがあった俺は思う
    同一障害なんて例えばダウン症と比べたらどれだけましなんだ。と

    しかしまどこの親も強くなるんだね。


    著書は巻末に素晴らしい言葉が並んでいる。何らかの苦悩を知らなければ吐けない言葉たちだ。


    少し後ろ向き差を残しながらも俺らより遥かに前向きに見える。
    素晴らしいね


    そう思った本でした
    そして女=>男が知りたい

  • 正直に半生が書かれている 自伝

  • 苦労がちゃんと、よい結果をもたらしているんだと思う。
    本の写真はとてもステキで、
    惚れ惚れするほど知的でいて女性らしい。
    その雰囲気は、ものすごい努力の結果なのだということが。。。。。わかった

  • 性転換手術って、そんな命がけだったなんて・・・。びっくり。

  • 高校生のとき図書室で借りて読んだ。何だかいろいろ考えさせられた。これを読んでから性同一性障害以外でも様々な障害について偏見を持たなくなった。

  •  ニューハーフで出版当時青山学院大学生でもあった椿姫彩菜さんの半生記。

     子どもの頃から当たり前のように女の子の心で、でも体は男の子で、成長していくにつれ、様々な部分で軋轢が生じてくる。実の母親には理解してもらえず、衝突する日々。
     小学校3年生のとき、名門の男子校に編入してからも男の子たちだけの中で、異質な人として扱われる。しかし、文化祭実行委員を務め上げてから回りの目が変わってきて……。

     理解されない苦悩、特に教育熱心で、女の子らしく振る舞う著者に厳しかった母親との関係がかなり辛かったように思います。

     ありのままの姿でいいじゃない、個性なんだよと言いたくなるけど、いざそれが自分の子どもだったら……。性同一性障害への理解は出来ないかもしれない。いや、それでも子どもの心情を汲み取れる親でありたい。

     椿姫彩菜さん自身が苦しんで来た道をここまで文章に出来て、芯の強い方なんだなあ。女の子で在りたい自分自身を認め、ありのままの自分をさらけ出せるようになって、強くなったのかもしれないなあ。

     後半に性転換手術のことが結構具体的に書いてあるので、ちょっと医学的なのは苦手だという方には無理にお勧めしません。

  • 妹が借りてきたのを借りて。

    文章はやっぱり素人。

    でもそこに嘘はないから素直に読めました。

    偏見はやっぱりさり気無い所にあって、

    きっと自分の中にも無意識にある。

    近くにそういう人がもしいたら、

    私は気づかずに軽い言葉で、

    その人を傷つけてしまうのかもしれない。

    彼女はずっと最初から女の子なのに。私と同じように。

  • 読みながら目がウルウルしました。

    そして、読み終わった後、
    自分を見つめ直す機会をもらった感じでした。
    いろんな意味で胸の詰まる本でした。

    私の中で特に印象に残ってるのは↓

    自分ばかりが「悲劇のヒロイン」で、
    自分の傷を癒すことだけに必死になって、
    他人の「痛み」に気づくことができなくなっていた。
    神様はよくしたもので、そんな私に、
    目を覚まさせるようなことを起こすのだ。
    (本文より)


    椿姫彩菜ちゃんは強い子だなって思った。

  • 性同一性障害って苦しいんだね。
    彼女は男子校で女の子として扱われていた分、恵まれていた方なのかな。
    性転換手術がどういうものか分かり、ためになった。
    型にはめられた生き方じゃなく、自分らしく生きてほしいと心から思った。
    うらやましいくらいかわいいよね。

  • 同じ性同一性障害としてとても共感できた。

全81件中 1 - 25件を表示

わたし、男子校出身です。に関連するまとめ

わたし、男子校出身です。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わたし、男子校出身です。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたし、男子校出身です。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたし、男子校出身です。を本棚に「積読」で登録しているひと

わたし、男子校出身です。の作品紹介

話題のニューハーフモデル、初のエッセイ!生まれたときは男の子、今は現役女子大生!心は女の子なのに、身体は男の子として生まれてしまった著者が、家族との絶縁、恋の苦悩、社会的偏見、命がけの手術…さまざまな困難と向き合い、「女の子」として人生を再スタートさせるまで。

ツイートする