かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

  • 283人登録
  • 4.12評価
    • (26)
    • (21)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 原ゆたか
  • ポプラ社 (2008年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (105ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591103968

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [墨田区図書館]

    「かいけつゾロリ」シリーズの第43巻。
    今回出てきたのはブルルちっくなタヌキキャラ。地中の土を「だまし」てカレーとする機械で大儲けしようとするけど、なぜか今回超能力を使える子ども達と一緒にゾロリが見事問題解決する話。

    それにしてもそろそろシリーズが長くなってきたからできることとはいえ、旧い巻での過去ネタとか、主要人物はさほど増えないものの、エピソードが追い付かなくなって、丁寧に文中で関連巻を紹介されると、再度確認したくなるのは、さすがシリーズ作家。今回はゾロリの危機にお父さんひこうきも出てきたね。

  • なんで、ゾロリがちょうのうりょくをつかえたんだろう?

  • いきなりちょうのうりょくができたし、
    スプーンがまがったからすごかったけど、
    あとこどもが、ねんしゃと、とうしとか、テレパシーとか、
    5ミリものをうごかせるのがすごかった。

  • 中目寝世のなめ世や絵毛な!ゆはわな、コメントをですしよね!ありがとうございますは作りと言うがよいです。っての?今、薬がいいですよね。スクリーーンになってしまい、申し訳ないねとして期待ポケモン ガチ魂

  • 悪徳社長対ゾロリ
    今回は、カレー工場社長の登場です。
    ゾロリや子どもたちが、なぜ突然「超能力」を発揮したのかは不明。
    カレー工場の「ばかしメカ」の影響かと思ったけど、それについては触れられていなかった。
    今後は、「超能力者ゾロリ」として活躍するのか?
    何でもありのゾロリシリーズだから、気が向いたら「ゾロリ、超能力使えたよね。詳しくはカレーVSちょうのうりょくを読んでね」
    なんてこともありそう。

  • 息子が大好きで読み聞かせています。面白くて、まだ読んで〜とせがみます。

  • 2012年夏休み。図書館で借りました。2008年7月初版。イシシ、ノシシ大ピンチの半年前に出版されたのね。ゾロリシリーズ43作目。

    子ども達が登場します。いやはや、別にゾロリせんせの子どもなわけじゃないけど…。今度はカレー。子ども文化にカレーも外せないですな。

  • カレーまみれで固まった。

  • わたしもちょうのうりょくができるようになりたい‼面白かったです。

  • 小1の長女が楽しく読んでいました。

全16件中 1 - 10件を表示

かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)に関連するまとめ

原ゆたかの作品一覧

原ゆたかの作品ランキング・新刊情報

かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かいけつゾロリ カレーVS.ちょうのうりょく (43) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)はこんな本です

ツイートする