けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ)

  • 27人登録
  • 4.11評価
    • (4)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 西巻 茅子 
  • ポプラ社 (2008年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (21ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591104064

けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ)の感想・レビュー・書評

  • 妻の名前がケイコと言います。息子が気に入るかと思ったが、そうでもなかった。やはり料理系や乗り物系ではないからか!?

  • 改定される前のけいこちゃんが、好き。

  • これは面白い。テンポやリズムも良くて、楽しい気持ちになります。こどもの名前に読み替えて遊んでも楽しい。

  • 私、けいこ。幼稚園にも同じ名前のけいこちゃんが居るの。二人は仲良し、いつも一緒。今日は日曜日。お母さんがドーナツいっぱい作ったの。けいこちゃんと一緒に食べようと思って電話したら、あれれ?何だか違うみたい。それは雲の子のけいこちゃんだったの。かけ直してみると、あれれ?また違うみたい。それはクマの子のけいこちゃん。またかけ直してみると、あれれ?またまた違ったみたい?それはイルカの子のけいこちゃん。どうしても今日は繋がらない。すると電話がなり出して、受話器を耳にあてると、それは待ちに待った仲良しのけいこちゃん。「ね、早くおいで!美味しいドーナッツがいっぱいで、面白いお話もいっぱいよ。」

  • 自分と同じ名前の子に、親近感を覚えることは誰しも経験があるのでは?
    でも、それが人間じゃなくて動物だったらもっと楽しいかも!
    電話で声を聞いて、相手を想像するのがステキ。

  • 小さい頃読んだ絵本に久々に出会いました。

    懐かしいなぁ。

    おんなじ名前の「けいこ」ちゃん。
    電話の向こうの「けいこ」ちゃんを想像するのが面白いのです。

    お母さんの作ったドーナツが美味しそうでおいしそうで♪

全7件中 1 - 7件を表示

けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ)の作品紹介

きょうは、おかあさんがドーナツをいっぱいつくったの。うわあ、おいしそう。みんなで、いっしょにたべようよ。わたしのおうちはね、やねは、あかいいちごいろ。たんぽぽばしのすぐそばよ。「けいこちゃん」という主人公の名前を、お子様の名前「○○ちゃん」にかえて、ぜひ読んであげてください。楽しくて、こどもたちが大喜びすることまちがいなしの絵本です。

けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ)はこんな本です

けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ)の単行本(ソフトカバー)

けいこちゃん (絵本・いつでもいっしょ)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする