リリとことばをしゃべる犬

  • 14人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Val´erie Dayre  堀内 久美子 
  • ポプラ社 (2008年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591104316

リリとことばをしゃべる犬の感想・レビュー・書評

  • 資料番号:020189080 
    請求記号:J953デ

  •  読まなくても良かった。優しい親。優しくない親。私の両親はいったい
     どっちなんだろう。そんなようなこと、私も、考えた。考えると、とても
     怖い思いをする。それで、「それはそれ、明日も日常を何となく過ごそう」
     なんて感じで、やり過ごしたような気がする。主人公は、どうなんだろ。
     何を考えてんのか、さっぱり分からん。

  • パリに住む女の子リリは夏休みに家族でバカンスに出かけます。
    リリはそこで日記を書き始めます。
    しかし、リリはその日記に楽しい思い出ではなく、大人になる前の不安や寂しさ・両親への批判などを複雑に綴っていきます。読み進めるうちに、話が二転三転する少し不思議なお話です。

    【中央館3F-1 閲覧室 953.7/DA 】

全3件中 1 - 3件を表示

リリとことばをしゃべる犬の作品紹介

12歳の少女リリが、犬と過ごした予想外の夏休み。ヨーロッパで話題のYA小説、登場。

リリとことばをしゃべる犬はこんな本です

ツイートする