([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)

  • 548人登録
  • 3.87評価
    • (55)
    • (101)
    • (63)
    • (10)
    • (1)
  • 82レビュー
著者 : 西川美和
  • ポプラ社 (2008年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591104347

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長年気になり続けていた作品。ようやく読んだが、予想以上の重さ、複雑さに脳が痺れ、うまく言葉が出てこない。
    兄と弟のからまり合った愛憎に、更にからまり合う、兄弟の父・伯父の愛憎。彼らもまた「兄弟」であり、その重ね方がお見事と思った。
    全般を通してとても息苦しく、張りつめた世界なのだが、決して後味が悪いわけではなく…時々ちりちりと切なくなるのだ。
    いずれ映画版も観てみようとは思っているが…小説だけでもこんなに完成度の高い作品に仕上げてくるなんて、西川さん、すごすぎる。映画監督であると同時に、私の中では優れた作家のひとりである。

  • 西川さんの本は「永い言い訳」に次いで2作目。しみじみ読み込んでしまう深い本。親に逆らわない真面目で良い子として育ち家を継いだ兄。家に縛られたくなくて上京しカメラマンとして成功した弟。仲の良かった兄弟。でも幼馴染の女性が兄と一緒にいた吊り橋から転落死したことで兄の何かが変わっていく。吊り橋の上で智恵子が兄・稔を拒否したのも、稔が智恵子を突き飛ばしたのも我慢していた感情が沸点を超えた結果なのかな。感情の動きがすごくよくわかりました。西川さんってすごい。

  • 多分再読だろう。と思って読み始めたが2006年の刊行だった。
    再読だったらもっと覚えてて良さそうなものなのに微かな既視感があるのみで内容はほぼ覚えていなかった。
    そんな既視感とともに読了し、★は5つ。いやむしろ6つ。
    心を揺さぶられるとはこういう感覚だよな。と思う
    やはり初読なのか。
    東野圭吾の手紙をもう一度読みたくなった
    久しぶりによい作品で心が満たされた

  • 自分のどす黒い感情には向き合いたくない。冗談めかして毒を吐いたりはするけれど、自分でもそんな感情を持つことに躊躇いがあって気づかないふりをする。ましてや他人になんて話せるわけがない。この小説の中では、各章の語り手が誰かに話している形式を取ってはいますが、それこそ本人だって認めていないような感情が語られます。恐ろしいのは人が死んだ事実ではなく、その状況を作り出した経緯と感情。誰もが化物をその体に飼いながら表面上はどこかしらにいそうな人間だということ。
    映画のノベライズということですが、恐いけど映画を見てみたいです。

  • 親子に受け継がれる負の連鎖。育ってきた環境は大事だと思う。兄弟って、お互いを知っているようで全然知らない。親子間でも知らない。でも血は水より濃いとはよく言ったものだ。

  • 才能と成功の裏側にひっそりとある怠惰、抑制と日常に隠されている狂気。
    兄の修も弟の猛も、多分彼女の心の淵のどこかを取り出して、一つの形にしたんだろうな、と思った。
    西川美和さんは女性なのに、男性(猛)が女性に対して感じる衝動や、面倒くささを的確に捉えていたのが印象的。性的なことに関しては、男性女性ってきっと分かりあえないんだろうと思っていたけど、割と近い部分もあるのだろうか。それとも、西川さんの特異な才能なのか。どこまでを性的な部分と割り切ってしまうかどうかの、諦めのラインの違いかな。。

    見たくない自分の一部を、目の前に見せられているような本。

  • 家を出て、カメラマンとして活躍する弟猛、実家のガソリンスタンドを継ぎ、田舎町で静かに暮らす兄稔。
    全てを許し、認めてきたかのように見えた兄だったが、二人の幼馴染の智恵子の転落死により、その奥に隠れた深い闇が見え始める。

    ノベライズ本だったのですね。
    映画も知りませんでしたが、とても興味深く、一気に読んでしまいました。
    語り手が、章によって変わるため、それぞれの気持ちが手に取るように分かり、面白かったです。
    兄弟の確執。長男ゆえの苦悩はきっとあるのだろうなと思いました。
    智恵子だけが被害者ではないと思わされた一冊でした。

  • なんか最近、映画化された本読むの多い。ちょっと不本意。しかも、人間臭い本読むのも多い。さらに不本意。最近本選びブレてる。心配心配!

    裁判が絡む話は、時系列で読みにくいうえに、時間感覚がつかみにくく、季節感や変化が感じ辛い。

    後読感は悪くないけど、やはり映画向きだと思います。

  • 映画がよかったので原作も読んでみました。見終わった後も余韻に浸り自分の想像力を掻き立てられた映画に対し、小説ではあとがきにその後のストーリーが香川照之の視点で本編風に続けて描かれており余計でした。役者としては好きです。本編はおすすめです。

  • H25.11.11読了

全82件中 1 - 10件を表示

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)を本棚に登録しているひと

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)の文庫

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)のKindle版

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする