猫の形をした幸福

  • 248人登録
  • 3.46評価
    • (19)
    • (35)
    • (66)
    • (9)
    • (2)
  • 52レビュー
著者 : 小手鞠るい
  • ポプラ社 (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591104934

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
島本 理生
桜庭 一樹
伊坂 幸太郎
有川 浩
小手鞠るい (こ...
小川 糸
小手鞠 るい
角田 光代
有川 浩
西 加奈子
瀬尾 まいこ
三浦 しをん
小手鞠 るい
湊 かなえ
有川 浩
有川 浩
島本 理生
三浦 しをん
夏川 草介
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

猫の形をした幸福の感想・レビュー・書評

  • 著者もきっと猫好きな人に違いない。
    猫にかぎらずペットの存在感って大きいんだろうなぁ。
    セキセイインコとか魚などの小さい生き物しか飼ったことがないので、ネコやイヌのイメージがつかみにくいのだけれど。
    喪失感の大きさに読んでいるこっちも参ってしまいそうだった。

  • 猫との楽しい生活まではよかったのですが、最後が悲しすぎてだめでした・・・。

  • 〈内容〉わたしが愛すべき、わたしに愛されるべき空洞が、あなたの心にはある。恋愛小説の名手がつづる、渾身の一作。ふたりと一匹の、魂の絆の物語。

  • 「夫婦の猫のいる生活」を書いた本。
    何でもない暮らしの中にある幸せに溢れていた。旅行に行ってそれを強く感じるイギリス旅行の所が良かった。

  • 小手鞠るいさんの猫をかすがいに手を携えて行きて行くバツイチ同士の日系アメリカ人男性と日本人女性の物語「猫の方形をした幸福」を読了。
     
     小手鞠るいさんの作品は「望月青果店」以来だ。恋愛小説の名手とされているが、本作はたしかに想像できないくらいしっかりとした会話が成り立っている(普通には愛し合えているというのだろうか)そういった夫婦のお話なのだが、それが実は一匹の猫がいる事で成り立っているところが面白い。
     
     猫を選ぶときから、病気のとき、ついに迎えることになる死の瞬間にいたるまで二人の猫に対する感じ方は大きく異なっている。だがふたりはその違い、例えば男女の感じ方の違い、日米の文化の紗から来る二人の考え方の違いなどなど下手をすると摩擦を起こしかねないような違いの数々を猫にたいするお互いを見つめることで少しずつ理解していく様子が心温まる。
     
     飼い主の二人は過去の経験からこころの片隅にすきま風が吹く空間を持っているのだが、その空間をお互いが持ち合わせている事を無言で了解しつつも無理にその空間を埋めようとせずに猫と一緒に淡々と過ごして行く事で少しずつ癒し合っているうらやましい二人だ。まあお話だからなんだだろうけれど。現実は厳しい!
     そんな「猫はかすがい」な二人の物語を読むBGMとして選んだのがManhattan Transferの"the Christmas Album".この四人どんな曲やっても凄い。https://www.youtube.com/watch?v=WouGmkkXp4Y

  • 猫のマキシモと、アメリカ育ちの朗らかな夫と過ごす女性の話。
    猫を通じて互いの育った文化の違いや性格の差を理解するというのが面白かったな~。
    どちらかというと夫婦の道というよりもマキシモの一生を軸に据えているので最後はマキシモは死んでしまうんだけど、その死後の二人の受け取り方の差がとてもよかった。息を引き取る間際に彼のそばに行けない夫と最後まで隣にいてあげたい主人公の対比が印象的でした。
    猫を飼ったことがある人にはおすすめです。

  • 回顧的な書き出しでエンディングを予感できたが、わかっていてもそのシーンでは胸を鷲掴みにされた。猫と暮らしたことがある作者だと感じた

  • 猫と暮らす幸せ、切なさ。猫を飼っていた人にはわかるこの独特の感情。猫との暮らしが幸せであればあるほど、その寿命がどうしたって自分よりも短い、いつかお別れをしなければならないことを頭の片隅で思い、切なく切なくなって。
    未知男と彩乃とマキシモの幸せな生活。幸せは何倍にもなるけど、悲しみは個人的なものでどんなに近しい人とも共有することはできないというのはわかる気がする。その後の喪失感。乗り越えようがないような。ラストは悲しくてどうしようもないけど、ストーリーのところどころちりばめられているその後のふたりの様子に少し救われる。
    この本を読んで改めて猫の魅力を思い出す。凛としていて気高く、でも信じられないくらいかわいらしくて、人間は自らすすんで猫のしもべになってしまうのよ。猫との生活いいなぁと思うけど、この本を読んで、やっぱりお別れのつらさを思い出すと無理かなぁと思う。
    猫を飼ったとこのある、猫好きの人には心ふるえる一冊。

  • 出会いから夫婦になるまでと猫との生活と別れを描く。時系列をわかりやすく動かして語るので結末は予期できたのが良かったのか、死に別れる動物ものとしては読みやすい。たまに作者は猫をかったことあるのか?と思ったり、そうなんだ!と教えてもらうところもあったのでよくわからない。

  • 特段猫好きということはない。海外のオープンな雰囲気に憧れもない。ということで、さほど感情は動かされませんでした。愛猫家にとってはこういうのもありなんだろうなと思わせる一冊。

  • 『子はかすがい』ならぬ、『猫はかすがい』な夫婦を描いた小説でした。
    心に空洞があれども、猫の存在を中心に、アメリカでのゆるりとした生活が読みやすかったです。

  • 夫婦+猫生活。イチャイチャした夫婦と猫の生活。

  • ミチオの考え方がとても素敵。

  • 何の一冊か?は忘れたけど・・
    アンソロジーを読んで、俺・・小手毬さんのファンになった*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


    なったけど・・

    彼女の長編?著作には・・ナカナカ縁が出来なかった⊂(( ・x・))⊃

    (●望月青果店に至っては、注意喚起カテゴリに分類しちゃってるし・・)


    そんな俺の、小手毬さん巡り合わせ〜だが、やっとチャンネルが繋がった!と今回カナリ安堵してたり(´・Д・)」

    (´-`).。oO(さて、本題のレビュー!!!

    群よう子さんのペット系エッセイが素晴らしい!
    本作もモチロン素晴らしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    で・・本作は、ペットにきちんと向き合ってる/と、俺は思う。(群さん作品を批判してる訳では決して無い!)

    そう。
    どんなペットにも必ず来る【アノ瞬間】についての記述だ。

    本作はそこ有りきで、その【瞬間】から目をそらしていない。
    だから素晴らしいのか?
    だからモヤモヤが残るか?
    ・・微妙だ。


    >映画●プリティウーマンは、エンディング以降が想像出来ない。
    なぜならあのエンディングが二人の人生の最高潮だろうから(*^^*)


    ワンちゃんもモチロン素晴らしいが・・
    やはり・・ネコちゃんは素晴らしい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


    家族や恋人や友人並みの⇒ペットとの出会い・・テ有ると思うな。

    題名通り。
    猫の形をした幸せ】本作・・素敵な一冊です。


    オススメします。

  • 猫とある夫婦の物語。
    未知男とアヤの日本語じゃなくて英語だからいえるジョークや言い回しが好きです。猫の魅力がぎっしりで、猫を飼いたくなりました。

  • 読んだら、猫を飼いたくなった。
    しっぽをぱたぱたさせて抗議する姿、想像するだけでにやけてしまう。
    当たり前の生活が、当たり前であるために、彼の存在があったのだと思う。
    生き物だから、もちろん悲しい別れも来るけれど、それさえもかけがえのない全ての一部。
    幸せが目に見えたら、猫の形だったなんて、素敵。

  • 生みの母に捨てられ里親にもらわれるまで施設で育ったミチオ。
    子供を埋めない、妻のいる人を好きだったアヤノ。
    バツイチの二人がお見合いし、瞬間結婚。
    そんな二人がアメリカで新しい生活を始める。
    子供がきらいと優しい嘘をついたミチオは猫を飼うことを提案。
    その猫を中心に二人の生活が描かれる。

    猫の愛らしさ、性格、行動が猫を飼ったことがないわたしにも
    すごく想像させられるし、二人もそれぞれ魅力的で素敵な夫婦。
    アメリカのカントリーな生活に、素敵な伴侶がいて、
    猫がきままにくらしてる、憧れる生活が描かれています。
    途中まではほっこり楽しく切なく読めた。
    猫が死んでしまうシーンではすごく感情移入した。
    ただ、最後に猫が死ぬことによって溝ができてしまったのが
    残念だったなぁ。猫が死んだあと、
    思い出を大切にするアヤノと思い出すことがつらいミチオ。
    猫がつないだ二人だけど、猫がいなくなったらぎくしゃくするなんて
    せつないな~。それは私が動物を家族にしたことが
    ないからかな。。。

  • 個人的には、あまり引き込まれるものがなかったと感じました。

  • 夫婦と猫の物語。
    2人の間にはいつも猫がいた。
    居なくなってしまってからも、そこに在る。

    昔一緒に暮らしていた猫を、そしてその最期を思い出して、涙してしまった。

  • 夫婦の愛の物語。その中に猫がいる。

    自分はそんなに猫が好きな訳ではないからちょっと警戒していたけれど、ほどよい距離感で猫が描かれていて全然イヤな感じじゃなかった。押しつけがましいところは少しもなく。
    彩乃と未知男の夫婦としての在り方がとても良かった。喧嘩の仕方も仲直りの仕方も、物事の決定の仕方も。自分もこんな家庭が築けたら素敵だろうなって思えた。二人は全然タイプが違うのに、お互いの間に愛があるから、猫の存在が生きてくるし、猫の存在があるから、家族としての絆が増しているんだろうなって思った。読み終えて穏やかな気持ち。

  • 子どものいない夫婦の元に、一匹の子猫がやってくる。
    名前は『マキシモ』。
    グアテマラの湖の守護神から取ったものだ。
    夫婦と猫の優しい生活が始まるー。

    猫が好きな人なら誰もが納得できるストーリー。
    そして、大きな刺激はないけれど、温かくオシャレな生活に、ただただため息。
    こんな素敵な暮らしに憧れる。
    猫の大切さ、猫がもたらしてくれる幸せの大きさを感じさせてくれる本です。

  • ある夫婦と、一匹の猫を取り巻く物語。
    リアルな感じでも、どこかキレイすぎる気がしたお話。
    でも、猫を飼ったり、猫が大好きな人は、必ず共感できる部分があるはず。
    夫の未知男が言った言葉「時間がかかるということは、そこに迷いがある」という言葉が、自分の心に突き刺さりました。

    そして、実家の猫にあいたくなった。

  • わたし自身猫を飼っているから主人公の夫婦の気持ちはなんとなくわかる。猫を中心に自分の生活が廻る。
    よくないことなのかも知れないけど、でもこんな感じ。

    旦那さんが言っていた「もっと物事のプラスの側面に光を当ててごらん。」というようなニュアンスの言葉は心に沈んでいくようなものがあってどことなく勇気付けられた。

  • すっごいあたたかい物語でした!
    最後はもう号泣。
    夫婦っていいなーって思いました。
    初めて小手鞠さんの作品に触れましたが、すっかりファンになってしまいました。

  • わたしが愛すべき、
    わたしに愛されるべき空洞が、
    あなたの心にはある。

全52件中 1 - 25件を表示

猫の形をした幸福を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫の形をした幸福を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫の形をした幸福を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする