([た]1-2)おそすぎますか? Tanabe Seiko (ポプラ文庫)

  • 75人登録
  • 3.59評価
    • (4)
    • (12)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 田辺聖子
  • ポプラ社 (2008年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591105429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

([た]1-2)おそすぎますか? Tanabe Seiko (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女が活躍しているカップルのオムニバス。
    基本的には男の人が拗ねて女が包み込むパターンの話がほとんど。
    男を可愛いと思えるかの微妙なラインを書いたなかなか面白い小説でした。

  • 結婚して働いてる女性が、仕事と夫婦と頑張る5編。どれも活気があって読んでて楽しかった。

    現実でも実感してるけど、男の人って大きくて頼れるけど、いくつになっても子供みたいでカワイイ。

    私もそんなこと言う歳になったか・・・。

  • この文庫のために再録された5編からなる短編集。
    どれも働く女性とその家庭を描いたものだ。 中でも「あんたが大将」はすごい。
    専業主婦、しかも田舎出身で垢ぬけず、逐一“主人”の指示を仰がなければ動けなかった妻が、意外なきっかけで働くようになり、どんどん変わっていく。
    それを茫然、といった体で眺める夫の視線が面白い。

  • 表題作の「おそすぎますか?」の主人公の気持ちが手にとるように理解できて痛かったです。
    田辺さんのかく話はどれもああ、あるなあ・・わかるなあと自分のことのように思えて、読み始めるととまらなくなるのです。

    巻末の田辺さん自身のあとがきを読んでその理由がわかりました。
    なにか展開があるわけではないが、日常の会話や心情を描いて、その中からなにか(こういったときにはああいう言い方をすればいいのね、というようなこと)を学べる小説。
    田辺さんの小説は読むことでひとつ人生の知恵を学べます。
    まさに私の好み!です。

  • これに収められているのはみんな働く女性たち。女は強いなあ。今も昔も、女性たちの悩みは尽きないんだよね。私はこんなふうに強く生きる自信はないけれど。

  • 男女が平等になる事はない。どちらかが対等を求めた時に関係は崩れていく。そんな感じの物語であり、男性の弱さ、女性の強さがうまく表現されている短編集だと思う。
    ただ、文章が関西の方言であったり場面が関西なため私文章に馴染むのに時間がかかった。

    共働きを考えるにはいい短編集。

  • 共働き夫婦の短編小説。いまとなって女の人でも働く人は多くいるけど、一昔前の、女性がどんどん強くなっていく時代の話なので、戸惑いとか、夫と妻の考え方・気持ちの違いとか、なるほどなーって面白い。ただ、働く女性を強調するものはあまり好まないので(いくら男性と同等っていっても同等にはなり切れるわけないと思うから)、やっぱり、田辺聖子作品は古文関係のものの方が好きです。

  • 2010年1月18日購入。
    2011年7月4日読了。

  • やっぱり表紙がいい。短編に出てくる男の人が、子どもっぽくてかわいいけれど、実際いたら「甘えんといて!デカイ図体してからに!」ってな感じになるんだろうなあと思う。仕事をしつつ、結婚しつつの女性が出てくる話が多かったけれど、今より昔はたいへんだったんだなあと思う。特に家事の分担はほとんどなされていないようだし。出てくる女の人はほとんど「自然に」料理するのだ。

  • テーマに沿って最近新しく編纂された短編集のようです。女性が勤めるようになったときの夫婦の関係と心持ちがそれぞれどんな風になるか、というような身近なことが読みやすくリアルに書かれてあります。巻末のご本人によるあとがきのような解説も、とても面白かったです。

  • ポプラ文庫の「田辺聖子コレクション」、第2巻です。カバーイラストは全部描いているのかな…と思っていたら、コラージュだとわかってまた素敵感が。この巻はお仕事と恋人、あるいは夫との距離感がテーマ。女性のがんばり感や心情の描写はもちろんのこと、女性の転勤や多忙、自分の失職にイラつく男性の描きかたの絶妙さがお見事です。お互いのチクチクした痛さや、ふふっと笑える呼吸の場面がてんこもり。この中ではやっぱり、表題作『おそすぎますか?』が素敵かな、と思います。忙しくきびきび働く主人公の女性編集者目線の語りですが、鷹揚で優しかっただんなさんとのやりとりに違和感が出てくるあたりはとても切ない。たいていのことには「いいえ、おそすぎませんよ!」とは言えるけれども、これはどちらの言い分もわかるだけに…くーっ、思わずラストの主人公と同じしぐさをしてしまいます!どの作品もある程度の年齢の男女の会話で成り立っているので、ナマっぽくもあるものの、下品に陥らずにクラシカルな洋画のような流れをいつも感じます。それに、白い(あるいは白の効いた)おしゃれ着を好む女性がよく出てくるような気がします。そこがアーウィン・ショーの小説のようだな、とふと思いました(大阪弁だけど:笑)。☆4つかな、5つかな…と揺れましたが、1巻よりもセレクトもうまく、中身とビジュアルが釣り合った美人本なので、やっぱりこの☆の数に。次巻からは冷静にいきます(笑)。-----[2008.11.7 未読リストアップ時のコメント]-----またまたこの巻も、鈴木成一デザイン室さんの装丁がよすぎー!時計をモチーフとしたデザインがポップで意味深で、かつ黒バックがシック。中身は読まなくても(巧みな作風は知っているので:笑)、このシリーズを揃えてしまおうか…と思ってお取り置きです。

全12件中 1 - 12件を表示

([た]1-2)おそすぎますか? Tanabe Seiko (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([た]1-2)おそすぎますか? Tanabe Seiko (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([た]1-2)おそすぎますか? Tanabe Seiko (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([た]1-2)おそすぎますか? Tanabe Seiko (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする