アマゾネスのように (ポプラ文庫)

  • 19人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中島梓
  • ポプラ社 (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591105467

アマゾネスのように (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 攻撃的・積極的・自我の強い作者の性格なくして栗本薫の作品は産み出し得ない、ということは理解できるが、周囲は大変だろうなあ(本人も言っているとおり)。
    私は遠慮したい。
    でも旦那さんのように、そういう彼女だからこそ理解し大事にしてくれる人がいるのだから、メデタシメデタシ。

  • こっちは、「ガン病棟のピーターラビット」のときのような、イヤな感じは少ないです。
    でも、それは、「ガン病棟のピーターラビット」の方を先に読んでいるので、中島 梓に慣れただけかも……。

    まあ、生き方は、人それぞれだ。
    生きたいようにというか、それぞれが、1番楽なように生きるのがいいと思います。

    精一杯、ギリギリまで自分を追い詰める人にしても、わたしは、それはそれで、その人にとっては楽な生き方なんだと思います。
    だって、ゆったり生きろと言われても、つらいだけでしょ?

  • がんにかかっても幸せ、というポジティブな姿勢が一貫して流れていて、すべての病者に福音のようなものを告げる

全3件中 1 - 3件を表示

アマゾネスのように (ポプラ文庫)はこんな本です

アマゾネスのように (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする