かなりや

  • 115人登録
  • 3.97評価
    • (14)
    • (29)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 穂高明
  • ポプラ社 (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591106099

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かなりやの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祖父母が亡くなり、田舎へ母親と引っ越してきた高校一年生の「サチ」、お寺の息子「広海」による、ちょっと不思議な優しい物語。虐待、身体障害、パニック障害など、悩みを持つ人々の気持ちがわかります。所々で物理、医療の話が挿入され、生死の境界が不思議な世界で描かれます。「悩みの先には希望がある。ちゃんと自分を見てくれている人がいる」そんな温かなメッセージを感じました。もっと、たくさんの人に読んでほしい作品です。悩みを抱えている人にオススメ。

  • http://nanaco175.jugem.jp/?eid=1864

  •  話し手が次々と変わり、一周回って戻る。そんな感じです。
     やはり最初に登場する女の子が、その後どうなるのか気になってしまいます。その子の欠片を拾う感じで読み進めました。暗く沈んでしまう気持ちが最後にぱっと明るくなりました。読後がいいです。

  • 繋がるとは思わず・・・
    最後はホロリと
    いいお話でした

  • 母親とともに東北へ引っ越してきた女子高生のサチ。
    近所の寺の息子、同い年の広海と出会ったことでサチは日常のなかに安らぎを見つけるが、彼女には深い心の傷があった。
    生きることや死ぬことをあたたかな目線で描いた短編連作。

    <収録作品>
    第一章・アポトーシス/第二章・インピーダンス
    第三章・アグデブルグの半球/第四章・シュレーディンガーの猫

  • 穂高明作品初読み。
    分厚い本が続いたのでちょっと薄めの本を(笑)
    心に傷を持った人達を助ける祖父と孫。
    どうにもならないと思い込まないでという作者の祈りがこめられたような一冊。
    ちなみに私もコンビニおでん買えない派です(笑)
    賞味期限よりも蓋せず掃除とか、おでんの鍋のそばで喋った時のつばとか考えたら無理無理無理絶対無理ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

  • 切ないく、少し暖かく、ちょっと元気になれるお話です
    みんな東北の街に住んで一生懸命生きていますが、ちょっと生きにくさ感じています

    母から虐待されているサチさん
    世界の裏側に行くことのできる広海くん
    二人に関係ある人の目線から書かれている連作短編4つからなっています

    人って、実は深く傷ついていたり悩んでいたり、ちょっと見ただけではわからない複雑な心をもっている
    でも、生きていかないといけないんだよ!

  • 4編の連作短編。
    各話毎に視点が変わりますが、登場人物達が他のお話にも緩やかな繋がりをみせる形で描かれています。
    軸となるのは、あの世とこの世の狭間の"裏の世界"を往き来出来る大和尚と孫の広海。
    そしてお寺の家族。
    このお寺の面々が良いですね。
    生と死が、科学的側面と仏教の説法を併せた独特の観点で語られています。
    心にすっと入って来ますね。
    様々な苦しみが描かれる重たい内容ではあるものの、それぞれが前を向いて終わる形なので読後感も良いです。
    細やかで、でも決して忘れてはならないものを気付かせてくれるような、素敵な作品。

  • 物理については全くわからなかったけど、読んだ後、ほっとするようなお話だった。
    他の作品も読みたい。

  • 「いつか必ず死ぬのだから、みんな死に向かって生きていかなきゃいけない」
    「生き物は生まれるために死ぬ」
    2冊目を読み終わり、これがこの作者の死生観と思いました。

全29件中 1 - 10件を表示

かなりやを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かなりやを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かなりやを本棚に「積読」で登録しているひと

かなりやの作品紹介

科学用語や仏教説話を織り込みながら、止まった時間が再び動き始めるまでを綴った連作短篇集。

ツイートする