([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)

  • 301人登録
  • 3.62評価
    • (23)
    • (26)
    • (42)
    • (5)
    • (3)
  • 43レビュー
著者 : 江戸川乱歩
制作 : 乙一 
  • ポプラ社 (2008年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591106204

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)の感想・レビュー・書評

  • 怪人二重面相はルパン三世がモデルだというけれど、舞台設定が違うのでいまいちピンと来なかった。しかし読み進める上で、やはりルパンを彷彿とさせるものがある。気付いたら「このシーン、あのときのルパンの逃走方法と同じじゃないか」というようなつっこみを入れながら、童心に帰って読んでいた。

  • シリーズの2作目。
    明智探偵と少年探偵団の今回のお相手は「黒い魔物」です。
    黒い魔物のいたずらは、まるでコント。でも実際に遭遇したら怖いんだろうな。

    明智探偵によって、黒い魔物の正体が暴かれます。読み返して「二十面相、何してんねん。あんた相当な暇人やなぁ」とツッコミを入れてしまった。

    名探偵にしては詰めが甘い明智先生。実は二十面相との騙し合いを楽しんでいますよね。どの場面も私にはドリフの「志村、後ろ!後ろ!」状態でした。

    乙一さんの「あとがき」で、似たような遊びをしたなぁと、我が少年時代を懐かしむことができました。

  • ★3.5
    前作で警察に捕まったはずの怪人二十面相が、実はあれは替え玉でした!と見事に復帰。が、これまでの経験を活かして明智探偵に近づかなければ良いものの、わざわざ自分から会いに行ってしまう構ってちゃんで、怪人二十面相が無性に可愛く見えてきた(笑)。ちょっとナルシストで紳士的、血を見るのが大嫌いなところもポイント高し!それにしても、インド人=魔法使いというイメージが面白いけれど、当時にそういった風聞が本当にあったのかが気になるところ。明らかに怪人二十面相の生存を匂わせているので、次作での登場の仕方が楽しみ。

  • 「超・少年探偵団NEO」
    TOKYO MX 月曜21:55
    キャスト:木村良平、細谷佳正、江口拓也、上坂すみれ、花澤香菜
    公式HP:http://shonentanteidan-neo.com/anime/
    Twitter:https://twitter.com/tanteidan_NEO

  • 平成28年12月31日読了

  • 「黒い魔物」の噂が東京中に広がっている。次々と起きる少女誘拐事件。そして篠崎家に認び寄る黒い陰の正体とは?「のろいの宝石」の言い伝えは本当なのか?数々の謎に名探偵明智小五郎と小林少年率いる「少年探偵団」が挑む。
    【巻末エッセイ/乙一】

  • 東京中を恐怖に陥れる謎の黒い怪物。顔がなく歯だけが暗闇に浮かび上がる。あるときは人の影に紛れ込み驚かす。少年探偵団の桂君が目撃した黒い怪物。墓場で消えた怪物。同じく少年探偵団の篠崎君の家の周辺で頻発する5歳くらいの少女の誘拐事件。誰かと間違われた少女達は無事に帰されるが。警戒する篠崎氏。篠崎氏が所有するダイヤを狙うインド人。篠崎君の妹・緑ちゃんを守るため替え玉を使う小林少年。しかし隠れ家に向かう途中秘書と運転手に化けたインド人に誘拐されてしまう。監禁され水攻めにあう二人。小林少年の落としたBDバッチから二人の行方を突き止めた少年探偵団。建物の所有者・春木氏に救われた小林少年。春木を怪人二十面相と見抜く明智小五郎。気球を使い逃げる怪人二十面相。人形を乗せた気球。怪人二十面相からの予告。大鳥氏が所有する黄金塔を狙う二十面相。明智小五郎の薦めで雇った少女。替え玉を飾り本物の黄金塔を地下に隠すように薦める秘書の門野。それを見つめる少女。物置小屋の火事。盗まれた埋められた黄金塔。明智小五郎の仕掛けた罠。怪人二十面相のアジトの美術室での対決。

  • 東京中に「黒い魔物」の噂が広がっていた。次々と起こる少女誘拐事件。そして篠崎家の宝石と愛娘に黒い影が忍び寄る。名探偵・明智小五郎と少年助手・小林芳雄君率いる「少年探偵団」が大活躍。。

    古くはルパンvsホームズ、現代なら名探偵コナンvs怪盗キッド…。名探偵と大泥棒の対決は百年以上も人々を楽しませてきた。江戸川乱歩の明智小五郎vs怪人二十面相も同じ。基本に立ち返ったような感じで楽しく読ませていただいた。

    2014年の読書もこれで終わり。今年は120冊読んでA評価はわずか4冊(前年比-3)、B評価で★5つは2冊(前年比-8)でした。

  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」第4巻登場作

  • 黒い魔物の噂から始まり、誘拐事件に黄金塔を巡る攻防まで盛りだくさん。
    怪盗二十面相に明智探偵と少年探偵団が挑む。古い言い回し、子ども向けの物語の中にも
    ぞくっとくる一節がひかり、大人でも楽しめる。

  • 最後の仏像の変装は怖い。
    当時の薄暗さ成立っている仕掛けが多いなと今更ながら。
    今の明るい夜では二十面相も苦労しそうだ。

    小林少年の女装(挿絵付き)がある意味一番の見どころである。

  • 二十面相おもしろかったから、また出ないかと思っていたら出てた。小林少年の女装ってもっとシリーズ後期なのかと思ったら、結構早いうちに女装出てて驚いた。逃げる泥棒が空飛ぶのは、ここから来てるのか

  • うーん、懐かしい。が、内容のほうはそんなに盛り上がらなかったなー。言葉遣いがいかにも時代がかっているのはツボだったけど。

  • これは私が小学生の時に図書館で借りた初めての推理ものです。小学生が読むものとしては字が小さく難しく感じたのですが、普段から探偵など人の心理を探るのに興味を持っていた自分にはとても刺激的な本でした。
    これを読むときっと推理が大好きになるとおもいます。

  • ちょこちょこ笑った

  • 少年探偵団! 名探偵コナンに出てくる少年探偵団もこれが元ですね。

  • 本作では黒い魔物に少年探偵団と明智小五郎が挑む。本作品を読むと、東京の夜に暗闇があった時代だなぁという事がよくわかります。街灯が整備されコンビニが街を賑わす現代は怪人やモノノケが活動しにくくなったものです。

  • 少年はみな探偵さ。知らないことを調査する。大人はそれが気に食わない。

  • 早く続きが読みたい、の一言に尽きます。

  • 「怪人二十面相」から読むつもりが間違って購入。

    昭和20~30年代のお話の、
    古めかしさと上品な空気が良いです。

    無理がありそうな展開や推理が気にならないくらい、
    どきどきわくわくできるのが、新鮮でした。

    小学生のときに読んでいたかったなぁと、
    しみじみ思います。

  • なぜだろう。ウン十年前に読んだ筈なのに、何となく内容を覚えているのは。ラストの劇的な爆発シーンは忘れてたけど。
    あらためて読んでみると、明智より「少年探偵団」が活躍するんですねー。

    そうそう、窓の外から逆さまに人がぶら下がっている挿絵に爆笑してしまったw

  • 「黒い魔物」の噂が東京中に広がっている。次々と起きる少女誘拐事件。そして篠崎家に認び寄る黒い陰の正体とは?「のろいの宝石」の言い伝えは本当なのか?数々の謎に名探偵明智小五郎と小林少年率いる「少年探偵団」が挑む。

  • このシリーズは全部読んだ。
    子供の頃だったので、挿絵が未だにトラウマです。リアル…

  • 子供達が読むから。と、殺人シーンをなくして書いたという乱歩先生の優しさを、大人になってから再読した時に強く感じました。小林君がピストルを持っていたりする所なんかは、古き良きヒーローを思わせます。伝書鳩とかかわいいし。ポプラ社だし。

全43件中 1 - 25件を表示

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)に関連する談話室の質問

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「積読」で登録しているひと

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)の作品紹介

「黒い魔物」の噂が東京中に広がっている。次々と起きる少女誘拐事件。そして篠崎家に認び寄る黒い陰の正体とは?「のろいの宝石」の言い伝えは本当なのか?数々の謎に名探偵明智小五郎と小林少年率いる「少年探偵団」が挑む。

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)はこんな本です

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)のKindle版

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)の文庫

ツイートする