([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)

  • 136人登録
  • 3.59評価
    • (9)
    • (14)
    • (23)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 江戸川乱歩
制作 : 綾辻 行人 
  • ポプラ社 (2008年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591106211

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいると、恐かったり、ドキドキしたり、「そうだったの?」とか、「やっぱり~」とか、とても面白かった。
    でも、ちょっと恐かった・・・

  • 「せむし」って何だろうって思いながら読んでいたのを思い出します。
    みんな知らない人についていきすぎですよ。現代なら保護者からのクレームで、あっという間に少年探偵団は解散させられ、明智さんには非難の渦が寄せられるはず…。

  • 少年探偵団員の正義感や好奇心を逆手にとって、少年たちを監禁してしまう妖怪博士。
    事件の早期解決を賭け、明智探偵の無能さを知らしめようとする殿村探偵。
    前の2作品で自尊心を傷つけられた怪人二十面相が、あの手この手で復讐(いやがらせ)を始めます。盗賊らしく身を潜めておけばよいのに、天才って難儀な生き物だなぁと思う。でも、そんな二十面相を応援したくなるんです。

    一方、小林少年を使いに出し、数学の問題を解いている明智探偵は、私の中ではアウトです。

    シリーズ3作目もドキドキ・ワクワクする要素がふんだんに詰まった作品でした。

  • ★3.5
    前2作での二十面相の狙いはまだ美術品がメインだったけれど、本作ではすっかり明智探偵+少年探偵団への復讐がメインに。そして、罠に嵌めているつもりで自滅している二十面相が滑稽で、遂に人ではないものにまで変装した姿に思わず吹き出しそうになった。そんな彼の行動と思考回路は幼稚ではあるものの、ある意味では永遠の少年とも言える貴重な存在。巻数を重ねる毎に、やたらと可愛く見えてくる(笑)。こんな二十面相の相手をしっかり務める、明智探偵と少年探偵団は優しい。それはそうと、子ども向けなのに縛られ描写が割と多め。

  • 平成29年1月19日読了

  • あやしい老人の後をつけて奇妙な様館にたどりついた少年探偵団員の相川泰二。そこで泰二の目に飛び込んできたのは、ぐるぐる巻きに捕えられた美少女だった。少女を助けようと洋館へ忍び込んだ泰二に、妖怪博士の魔の手がせまる!怪人二十面相、恐怖の復讐劇。
    【解説/綾辻行人】

  • 少年探偵団の相川泰二君が見かけた地面に何かをかく老人。老人の後をつけてある洋館に入り込む。洋館に転がる少女の蝋人形。閉じ込めれた泰二君。泰二君に妖怪博士と名乗る老人。老人に催眠術をかけられた泰二君が自分の家から盗み出したお父さんの働く工場の秘密文書。そねまま行方不明になった泰二君を探す少年探偵団の上村君、大野君、斎藤君をとらえた妖怪博士。明智小五郎に依頼をした相川氏の元に現れた殿村探偵。明智小五郎に挑戦し先に少年たちや文書を奪い返す殿村探偵。明智小五郎に妖怪博士としての正体を暴かれた殿村探偵の逃亡。妖怪博士を怪人二十面相と見破る明智小五郎。少年探偵団の団員11名が鍾乳洞探検に出掛けるが怪人二十面相に捕まってしまう。怪しい鍾乳洞の案内人。明智小五郎が鍾乳洞にやってくるが案内人に化けた二十面相に捕まってしまう。明智小五郎の反撃。

  • 二十面相は明智が大好きで仕方が無いんだな、
    というのが良く分かる作品。
    そういう観点で見るとまた面白い。

    作中の洋館の仕掛け等はこの作品に限らず好き。
    いくつになっても楽しめるものだなぁ。

  • 毎回現れるんです。怪人が。

  • ラストの鍾乳洞での怒濤の捕り物シーン描写の大胆な省略っぷりに驚愕。「~読者諸君の豊かな想像力にお任せしましょう。」
    一生懸命、想像させて頂きました。

    どうでもいいですが、二十面相って隠れ家に「抜ける床」作るの好きなんですかね。毎回出てくる気がする。落ちたときに足の骨折らないか心配だったんですが、今回は、下が滑り台になってるらしくて安心設計でした。

全19件中 1 - 10件を表示

江戸川乱歩の作品

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)の作品紹介

あやしい老人の後をつけて奇妙な様館にたどりついた少年探偵団員の相川泰二。そこで泰二の目に飛び込んできたのは、ぐるぐる巻きに捕えられた美少女だった。少女を助けようと洋館へ忍び込んだ泰二に、妖怪博士の魔の手がせまる!怪人二十面相、恐怖の復讐劇。

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)はこんな本です

([え]2-3)妖怪博士 江戸川乱歩・少年探偵3 (ポプラ文庫クラシック)のKindle版

ツイートする