ハブテトル ハブテトラン

  • 181人登録
  • 3.60評価
    • (10)
    • (43)
    • (35)
    • (5)
    • (1)
  • 51レビュー
著者 : 中島京子
  • ポプラ社 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591107126

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハブテトル ハブテトランの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても楽しいご当地本が発行された。ストーリーもさることながら、下駄の町松永を中心に福山尾道界隈のスポットを紹介してあるのがうれしい。

    近くに住んでいてもたとえば松永の下駄づくりの現状などはほとんど知らない。そういうこともきちんと伝えてくれる。

    あぶと観音にはまだ行ったことがない。
    ルナのプリントップはぜひ食べに行きたい。

  • 読者の年齢によって、もちろん読み方は変わると思います。50代の読者にとっては、魔女とよばれる先生がいい先生だなぁと思いました。

  • めちゃ良かったです。
    でも、途中で「これ、小路 幸也?」と、表紙を確かめたり・・・

    あとで色んなことが気になるのですが、まぁ、いい感じの余韻です・・・!

  • さわやか~
    1シーズンの間に、悩みながらもぐんと成長していく小学生の姿と、それを温かく見守る周囲の大人たち。そして瀬戸内の素朴な風景。

    「ルナ」のプリントップと尾道「からさわ」のアイスクリーム、食べてみたい!

  • 学校で自分が自分でなくなる少年が、田舎の学校で自分を取り戻す。地方に行けば今であろう情景が思いうかびほのぼのとした気持ちになれる本でした。

  • 不登校を扱う本はかなりあると思う。
    だから、本書のように上手くいくばかりではないだろうけど、自転車で冒険旅行したことが彼の自信になったのはわかる気がする。
    「小さいおうち」が好きだから、期待を裏切らないお話でした。

  • 子どもに読ませたくなった。自分にもダイスケのように感受性豊かな時期があった事を思い出した。

  • うぬぅ。

    松永駅にちょっくら行けない距離で激烈に悔しい。
    ゲタリン行きたい。
    言葉に浸りたい。
    しまなみ海道走りたい。

    テンポが気持ちいいお話だったなー。


    妹の子供んとこも、学級委員に注意させるらしい。
    言うコト聞く訳ないじゃん。
    真面目な子が馬鹿を見る世の中じゃ。

  • 登校拒否になってしまった小学生男子
    2学期だけ四国の小学校で過ごす事になった
    恋などもして一回り大きくなった

    ハブテトル=すねている、むくれている
    方言ってやっぱりいいね。読んでいても人の温かさが伝わってくる。児童文学的な感じでとても読み易かった。会話のやりとりが面白かった。

  •  僕の二学期田舎日記
     田舎生活になる原因は重かったけど、ダイスケ自身はそんなに重く感じてないような感じで、そこに田舎の暖かさが合わさってライトにスラスラ読めた。
     チャリ冒険が一番の山場、そして甘酸っぱい切なさ。
     色々な出来事があった割にあまり掘り下げてない印象はあった。
     田舎の女の子(名前は失念)の想いとか、ウメ姉ちゃんの結婚がどうなったのかとか、いいとこで東京に戻ってしまったので良くも悪くもモヤった(´・ω・`)

全51件中 1 - 10件を表示

ハブテトル ハブテトランに関連する談話室の質問

ハブテトル ハブテトランを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハブテトル ハブテトランを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハブテトル ハブテトランを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする