子どもに本を買ってあげる前に読む本

  • 137人登録
  • 3.61評価
    • (10)
    • (22)
    • (26)
    • (4)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 赤木かん子
  • ポプラ社 (2008年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591107188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
ヨシタケシンスケ
村上 春樹
モーリス・センダ...
有川 浩
三浦 しをん
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもに本を買ってあげる前に読む本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 音楽や映画は、流行り廃りがあるのは常識。しかし、絵本や児童書の名作は、常に子どもたちが喜ぶと思い込んでいる。これをバッサバッサと切り捨てる。いやー痛快。

    空想系とリアル系、文字のデザイン、SFの歴史的役割、マンガの威力。これからの図書館、出版文化を考えるにあたって、大事な視点をゲットしました。

  • 相変わらず品のないかん子節(笑)。
    児童文学を無理強いするオバサマ方を痛烈批判するも、他人のふりみて我がふり直せ…とは思えないんだろうな(^^;;
    ゴリ押しの持論はご立派ですが、根拠に乏しく思い込みで突っ走ってる感しかないかも。
    富安陽子さんなんて、児童読み物の代表作家さんだと思うけど、完璧に無視&スルーですもん。
    主観的判断は参考程度に読ませて頂きました。

  • 図書館
    うさこちゃんやおさるのジョージがなぜ今読まれないのか?黒電話も三輪トラックも今は全くなじみが無い。文化プレートのちがうものは、読むハードルが高い。大人は第三者目線で読むが、子どもは常に主人公になって話が進む。馴染みのないものが日常に出てくると戸惑う。ファンタジーは別。
    ・感情は古くならない。
    風俗習慣は古くなる、スマホやPCの無い世界は想像しづらい
    ・文体が古くなる、文字が古くなる、旧仮名遣いなんか大人も読みづらいでしょ、読点の打ち方にも流行りすたり
    ・書体や文字組みも昔のは読みづらい(活版印刷から写植印刷へ)新しい組版を使っているものを「新装版」
    ・本のサイズも流行がある、幼年文学はA5ハードカバーから新書版ソフトカバーへ
    ・表紙や挿絵の流行は言わずもがな。ミッフィーちゃんからメイシーちゃんへ。ミッフィーが悪くなったわけじゃない、ただ古典となり殿堂入りしただけ。落語と一緒。
    ・絵本の中での親の立ち位置だって違う
    ・ファンタジーの推移、指輪物語(青年主人公)→鏡のなかのネコ(13才少女が主人公)→ハリーポッター(13才だけど精神はもっと幼い。ゆえに親の加護がある)
    ・読ませたい漫画、バガボンド、あさきゆめみし

  • 【図書館】なんでも古典になっていくんだな。昔の本が読めなくなる主な理由→書かれている内容が古くなる・使っているコトバが古くなる・ビジュアルが古くなる。うん、確かに。同じところから出ている文庫でも、新装版は読みやすいもんなぁ。表紙が変わるだけでも確かに手に取りやすいんだよね。色々と納得。

  • 文学少女ではなかったので、ここに出てくる超有名な本も、みんな読んだことなかった…(間の世代なのかもしれないけど)
    でもなんとなく、別にそれはそれで良いのかなー、と。
    あと、「なんか古くさい」の理由がわかってスッキリした!

  • 小学校高学年あたりまでの本を時代別に分けることを口語で解説したもの。
    筆者の図書館での経験を元に時代時代にターニングポイントとなった本をあげている。

  • ハリーポッターの前と後で文化的断層できてるのね

  • 2016.10.3

  • 読みごたえあり!
    本の分類(学校関係)がわかるし、時代がわかる。2008年からさらに時代(文化、本)は変わってきていると思った

  • 赤木かん子さん1冊目。
    読むのが楽しかったなぁ。こういう分類の仕方を提案されている司書さんがいたことは初めて知りました。

    この方のつくった図書館、きっと楽しいだろうなぁ。今は二冊目を読書中。小さな子をもつ親にとっても、次の二冊目はぴったりです。

全37件中 1 - 10件を表示

子どもに本を買ってあげる前に読む本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもに本を買ってあげる前に読む本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どもに本を買ってあげる前に読む本を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもに本を買ってあげる前に読む本はこんな本です

ツイートする