クラシックを聴け!完全版 (ポプラ文庫)

  • 57人登録
  • 3.54評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 許光俊
  • ポプラ社 (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591108390

クラシックを聴け!完全版 (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2015/5/3読了。
    クラシック音楽に興味が出てきた所で入門書を読もうと思い購入。
    紹介されている曲を聴けば、クラシックのキモがわかるというような内容。しかも、紹介されているのは三曲+二曲と極めて少ない。これを元にクラシックを勉強できればと考えている。

    文章としてはクラシックを語るにはやや砕けている。(というかどちらかというと毒舌に近い)
    好き嫌いの分かれそうな文章である。

  • クラシックの入門書を読みたくても、入門とは思えないほど専門的な言葉ばかりの本が多い中、この本はとても読みやすいです。

    読みやすいだけでなく、「クラシックは滅びた!」「クラシックの演奏家のほとんどは失礼ながらクズである。」など、毒舌な文体がおもしろい。毒舌なのに不思議と嫌味を感じないのは、文章に説得力があるのと、著者のキャラクターによるものでしょう。

    クラシックに関する本特有の上品さや小難しさがなく、むしろ「こんなに噛み砕いていいものなのか」とこちらが心配になってしまうくらい簡潔に言い放って(解説して)いるのが小気味よいです。

    345ページと意外とボリュームがある割に600円と価格も手頃。

  • 筆者が最初に言っているように、この本はクラシック解説書としては特殊な本だ。多少表現が妙だが、本格推理小説とサラダ、の部分で言いたいコトはわかる。しかし著者の言うとおりだとすると私ら初心者ファン(しかも東京近郊在住じゃない)は、いったい何を聴いたらいいのかと思う。オススメCDを紹介してるが、本人がしょせん録音であると言いきっているし、どんなに素晴らしい巨匠の演奏でもナマの迫力には敵わない、というかまったく違うものだということは、私らでさえわかる。オススメ演奏家リストも古くて役に立たん。

全6件中 1 - 6件を表示

クラシックを聴け!完全版 (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クラシックを聴け!完全版 (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クラシックを聴け!完全版 (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする