([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)

  • 108人登録
  • 3.45評価
    • (7)
    • (9)
    • (20)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 江戸川乱歩
制作 : 成井 豊 
  • ポプラ社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591108727

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)の感想・レビュー・書評

  • このシリーズの1,2巻はあったけど、3巻は無かったのであった中でいちばん2に近いのがこれだった。
    飛ばしてるから、よくわかんない所もあった。

  • 都内の拘置所に収容されていた怪人二十面相から新聞社に手紙が届いた。『「四十面相」と改名し、新事業「黄金どくろの秘密」に乗り出す』と。世間は大騒ぎになり、拘置所長も警戒を強める。「黄金どくろ」とは何か?小林少年がその謎に挑む!「大金塊」に並ぶ暗号解読ミステリの快作。
    【巻末エッセイ/成井豊】

  • こういう宝さがし系は個人的に好み。
    書遁の術とどくろくらぶには笑ってしまう。
    ツッコミが野暮なのは分かっているのだが、
    何で骸骨の変装する必要があるんだろうか。

  • ゆるい暗号と表紙にも出てくる黄金どくろ

  • 二十面相が、もっと変装できるから四十面相って・・・
    だんだんパターン化してきて・・・子供向けだから仕方ないかな、
    とも思うけど。。。

  • この全集は小学生の頃熱中したので、久々に読んで懐かしかった。
    本の内容と直接は関係ないが、今時の50歳はまだまだ若いと思うけど、50歳を「もう頭もほとんど白くなった立派な紳士」とある箇所があって、当時はまあそうだったのかなぁとも。そういえば、最近は人生50年という言葉もすっかり聞かなくなった。

  • やばい。これ、ぶっ飛んでて面白い。これがあの有名なポストに化ける怪人四十面相なんですね!! それに対抗して小林少年が百貨事典に化けたりと、仮装大賞状態が続いていきます。洋館の主人まで骸骨の全身タイツで登場で逃げ場なし。
    暗号ネタとかいろいろあって、最後は「黄金どくろ」を求めて小島の洞窟の中へ…という展開は「大金塊」を彷彿とさせます。冒険小説としては「大金塊」の方が面白かったと思いますが、こちらはやはり明智・小林少年と怪人四十面相のだまし・だまされの応酬が楽しかったです。

  • 2010.03.07読破

    巻末エッセイ/成井 豊

  • 2009/11/9

    江戸川乱歩のいろいろぶっとんでるところが好きです。

  • 前作「透明怪人」でお縄になってしまった怪人二十面相が、獄中から「四十面相」と改名、脱獄予告するところから始まる。。。という、何とも荒唐無稽ですが、昔の子供向けということでまぁよしと考えましょう。

    小林少年が四十面相を相手にきみ呼ばわりのタメ口でやり合うのには参ったというか、あり得んなぁ。。。

    また、怪人二十面相が、「いくら悪いことをしても、けっして、人を殺さないというのを、じまんにしていました」というのを逆手にとった作戦もありましたが、あれはどっちが悪人かわかりませんでしたねぇ。。

    などなどありましたが、かなり予定調和というか、素直にスラスラ読める楽しいお話でしたので、やはり予定通りバックナンバーを揃えてみようかと思っています。


    (2009/3/18)

  • 拘置所に収監された怪人二十面相。拘置所内から新聞社に自らの名前を四十面相とすると投稿する。拘置所にやって来た明智小五郎。明智小五郎を尾行する小林少年。怪人二十面相との面会で入れ替わった怪人二十面相と偽の明智小五郎。小林少年の通報で警官隊に追い詰められた怪人二十面相。アドバルーンでの偽装脱出。小林少年が見つけた黒井博士の娘。黒井博士の屋敷の地下で行われる謎の会合。黄金髑髏の秘密。怪人二十面相に捕まった小林少年。風船を身代わりにした脱出。黄金髑髏の秘密を探る二十面相。4つの髑髏に刻まれた暗号。宝の隠されたどくろ島に向かう明智小五郎と黒井博士。黒井博士のコーヒーに入れられた睡眠薬。明智小五郎と四十面相の対決。
     2009年3月10日購入

     2009年4月17日初読

全14件中 1 - 14件を表示

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「積読」で登録しているひと

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)の作品紹介

都内の拘置所に収容されていた怪人二十面相から新聞社に手紙が届いた。『「四十面相」と改名し、新事業「黄金どくろの秘密」に乗り出す』と。世間は大騒ぎになり、拘置所長も警戒を強める。「黄金どくろ」とは何か?小林少年がその謎に挑む!「大金塊」に並ぶ暗号解読ミステリの快作。

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)はこんな本です

([え]2-9)怪奇四十面相 江戸川乱歩・少年探偵9 (ポプラ文庫クラシック)のKindle版

ツイートする