([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)

  • 105人登録
  • 3.21評価
    • (3)
    • (11)
    • (18)
    • (5)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 田辺聖子
  • ポプラ社 (2009年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109168

([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 元恋人同士、元夫婦などなど別れたあとも何かとゆるやかに関係が続く男女、それぞれが抱く感情を描いた5つの話。巻末の著者インタビューが「さすが、お聖さん!」と言わんばかりの内容で、これだけでも一読の価値あり。とある一編の中に出てきた「禁男症状」という言葉の響きとそこに含まれる意味に妙にドキドキしてしまいました。会話が関西弁のせいかもしれないけれど、恋愛ベースの話なのに妙にカラリとしていたのは、みんなが大人なせいなのか。時事ネタ?と無理やり絡めるのであれば、これを読んだ翌日くらいに梨花が復活愛を経て結婚、という報道がされたのがやたらタイミング良く、読んでたものとのリンク具合に目は丸くなるばかりで。

  • 関西弁が生々しく聞こえ(自分が関西人だからか)
    初めは抵抗があった。
    次第に、ストーリーにはまりこんでいって
    そうそう女ってこうだなとか実感したり
    あとがきさえも、面白く読んでしまった。
    ただ、自分はまだそこまで思い切れなかったりきっと意地を張ってしまう
    だろうと登場人物と自分を比べて若干の距離を感じたのは
    経験の浅さからなのだろうか。

  • 男がバカなのか、女がバカなのか、お互いがくっつくから両方がバカなのか。。。わかっちゃいるけど!!がよく伝わる共感ストーリー。

  • 初めての田辺聖子。
    2編くらいまで、男女の腐れ縁の関係がイライラしましたが、まあ現実はこんなこともあるよなぁと思いました。関西弁のリズムが心地よかったです。

  • 田辺聖子の「もっちゃりした」大阪弁はものすごく官能的な響きを持っている。

  • このシリーズの装丁がほんとにかわいい。表題作は前に他の短編集で読んだけれど、やはり別れた男女のなんともいえない感じがあってよい。他の作品もおかしみがよいと思う。

  • ユニークなタイトルに惹かれて読んだ短編小説。

    なるほど、そういうのってある。

    以前購入して読んだのに、気づかずにまた購入。

  • うーん、、、
    面白いとか言う前にとことん相性が合わない本でした。全部関西弁で、そこも妙にひっかかるし。
    田辺聖子はもう読まない。

  • ポプラ文庫の『田辺聖子コレクション』、第4巻です。チェスの装丁が素敵。しかも、見返しの駒がまた(笑)。表題作『お茶が熱くてのめません』は、放送作家の女性のもとへ自分のネタを売りに来た、事業に失敗した元カレとのやりとり。彼にちょっと情を残しつつも、ある瞬間からさーっと冷めていく女性の心理に非情なリアルさを感じて、楽しみながらもちょっと意地悪な笑いを浮かべてしまいます。こういった、切れそうで切れない男女の関係がちょっと滑稽に描かれた作品集です。『もと夫婦』は、何かと元妻に呼び出されて、それを断れず?断らず?にほいほい受けてしまう元ダンナの独白。これがまた、へろっとしたいい人なんだ(笑)。『よかった、会えて』は素敵な台詞のタイトルなものの、展開を簡単に読ませなくて、しかも終盤すごい(笑)。今現在の好き嫌いだけでは割り切れない、ゆるゆる・だらだらめの男女の関係と感情を描いた作品のセレクトなので、おそらく、パキッとした物語や男女のキャラ造形が好きなかたはあまり好まれないようにも思います。男性の読者さんも、ひょっとしたらしんどいかもしれません(笑)。でも、このだらだらめの感情や関係が、テンポのいい会話でうまくくるまれているので、シビアな事態であってもそう見えない。それは、ぬるい感情だからといって、登場する男女が完全なダメ男・ワガママ女じゃなくて、少なくともテンポのいい会話を切り返せるくらいには切れのあるキャラに作られているからなのかな、と思います。こういう中途半端なタイミングと感情を描かせると、田辺さんの右に出る作家は今でもほとんどいないのではないか、と思いました。中途半端なシチュエーションの作品だけでこれだけうまくそろえられるもんだ…と感心してしまった巻ですので、この☆の数としたいと思います。ほろ苦もベタ甘もいいですが、このテイストにはやられました。

全9件中 1 - 9件を表示

([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([た]1-4)お茶が熱くてのめません Tanabe Sei (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする