([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

  • 157人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (11)
    • (39)
    • (10)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 林真理子
  • ポプラ社 (2009年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109175

([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めて林真理子さんの本を読んだけど、人間の薄暗い影の部分みたいなものの表現が上手いなと思った。
    ただもう少し明るい部分も見たかった。
    読後はもやっとしてしまった。

  • 短編集。 
    なんか。昔の本ぽく書くのが好みなことがあったのかな?

  • 読みやすい短編集。結婚の一瞬の光があまりに強くて、陰も同時に濃くて、それでもその光に惹かれてみな結婚をするのか。

  • 結婚したい。
    多くの女性は、自分の人生のゴールの1つに結婚があるだろう。

    この本には、色々な結婚の模様が描かれている。
    結婚に正解はない。
    そして、もちろん、人生幸せな毎日が続くわけでもない。

    光の強いものには、必ず陰の陰が存在するということを結婚というキーワードを使ってうまくまとめられている一冊だ。

  • 結婚ってなんだろうと思って読んだ。読んだところで、これだという答えは見つからなかった。結婚すると人生が大きく変わる。しかしゴールではなく、死ぬまでの一つの過程でしかない。結婚したら世間的にはちゃんとした大人として見られるようになるけど、人として正しく生きられるようになるわけじゃない。そんな風に思った。前田君の嫁さんという話が好き。全体的にバブリーというか、90'sな雰囲気がある短編集だった。

  • 今月で結婚して半年。お互い妥協してるとこもあるだろうけど、基本的にはうまくやってる。と思ってるのは私だけだったりして。題名のわりに不倫の話も多い。どちらかというと、結婚は妥協してするものっていうスタンス。

  • ちょっと昔の感覚の話が多かったかな。
    どの話も男女どちらかの立場がかなり上の主観から書かれている気がした。
    でもあくまでそういう文章であるが実際は下に見られていたというようなところもあって嫌いではない。
    短編はおなかいっぱいになりました。

  • 林真理子らしい、短編集。
    この人の作品は、あれ、前に読んだかも、と思わせるよう似たり寄ったり。
    どの短編も、「起承転結」の「起承」で終わるような、大きな起伏のない物語り。

  • 結婚というか、性の話がメインじゃないか。

  • 林真理子の衰えない人気は女のこれでもかというイヤな側面、嫉妬や妬み悲しみ怒りなどさまざまな感情をあまりに上手く登場人物に語らせるがゆえに誰しもそういう隠しもっているものを女性読者思い出し共感するのだろう。

  • 目次: 披露宴/この世の花/笑う男/トロピカル・フルーツ/前田君の嫁さん/真珠の理由/見て、見て

    同僚の結婚式に、白いドレスを着てきてしまった晶子。人妻でありながら淡いアバンチュールに身を焦がすマチ子。農家に嫁いできた前田君のお嫁さんには誰にも言えない秘密が─。彼女たちの結婚にはひとつとして同じ形はない。リアルな結婚模様を、生き生きと描いた贅沢な短編集。

    結婚というテーマは興味があった。結婚・浮気・不倫や、女だけじゃなく男の視点からも書かれているのが興味深い。
    やっぱり結婚すると、男は妻に興味がなくなるものか・・・?(悲)

  • 2010/10/16 連作かと思ったらアンソロジーだった。ちょっと古い感じの話も。「女の子が結婚するのは23・4歳」とか。と思ったら出典はあるが初出年はなかった。

  • 結婚のフォーカス部分が
    微妙に違ってまずまずだった

  • 同僚の結婚式に、白いドレスを着てきてしまったOL。
    淡いアバンチュールに、うつつをぬかす人妻。
    昔の恋人とさんざん利用した名門ホテルで、別の男と結婚しようとする花嫁。
    二股したあげく、後からつきあった可愛らしい女の子を選び、ハネムーンにきた広告マン。
    近所の農家に嫁いだ嫁を気にかける、農家の男。
    激しく愛し合っていたはずの男を、育ちのいいお嬢さんに奪われる女。
    昔の不倫相手に自分の幸福な姿を見せつけたい妊婦。

    様々な結婚模様をリアルに描く短編集。

  • 結婚の淡く幸せなコトを書いてるのかと思ってたら

    その奥のチクチクするコトや
    毒々しいトコや意地悪なコトが沢山あって
    すごいリアルでした

    正にこの物語全てが現実で 女の全てな気がします

  • さすが林真理子。
    ピリッとした読後感。おもわずニヤっと笑ってしまう。
    酒井順子の解説も良かった。

  • 酒井順子さんの解説を読んで納得。

    「しかし林さんは、光の強いものは必ず暗い陰とともにあるということを、誰よりもよくご存じなのでした。(中略)光があるから陰があるのだけれど、陰があるからこそ光が際立つ……ということを残酷なまでに明解に書いてくださるのが林さんなのであり、あまりに明解すぎるからこそ私達は、結末がどれほど暗くとも、スッキリした気分で読み終えることができるのでした」

    『トロピカルフルーツ』は、「さくら、さくら おとなが恋して 」、
    『見て、見て』は、「ミルキー 」で読んでしまっていたけれど、
    こうやって「結婚」というテーマに沿って読んでいると、また違う読み方ができた。

  • 軽いタッチで読める本だけど、
    夫婦ってこんな瞬間の積み重ねなのかな?というのを感じる部分がちょこちょこあって、結婚した今、意外に胸にせまるものがあった。

    あと、林真理子さんって女同士のどろどろを書かせるとうまいよねぇ。
    あんまり認めたくないけど、やっぱり女同士って、
    割り切りきれないいろんな感情があるなって思う。

  • この作者の短編集は、どれも好き。
    俗物的なところが、好き。

  • 面白い事は面白いが、いつも結末が暗くてエンタテインメントとしては今一つですか。

  • 林真理子さんの小説ってなんか違和感があるんだけど、面白い、というか、読んでしまうんですよね。
    いくつか読んだことがある気がする話でした。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    同僚の結婚式に、白いドレスを着てきてしまった晶子。人妻でありながら淡いアバンチュールに身を焦がすマチ子。農家に嫁いできた前田君のお嫁さんには誰にも言えない秘密が―。彼女たちの結婚にはひとつとして同じ形はない。リアルな結婚模様を、生き生きと描いた贅沢な短編集。

  • 「結婚」をテーマに書かれた短編作品集。

  • 購入場所:ブックファースト ルミネ新宿1店
    読書期間:2009年4月10日〜2009年4月13日

  • 「いろいろな結婚がある。それは男性も同じだが、違ってくるのは女の人生の幸せを左右する、かなり大きなものは結婚だということだ。」
    女の幸せとは何か。「夫のヒエラルキーが妻のヒエラルキーになる場所はいくらでもある」
    36歳で結婚した著者。
    7つのエッセイの中では私は披露宴が好きだ。
    友達の結婚が多いせいか、取り残される寂しさや、相手の幸せをみて自分が幸せかを考えてしまう気持ちはなんだかわかる。
    さて、男は結婚で人生を左右されないのだろうか。ヒエラルキーと関連していえば、やはり仕事を続けるかどうかは大きいのだろうな。
    離婚しても残る人とのつながり。積み重なるキャリア。そういったものは男を結婚が与える影響を軽くしているような気もする。
    ではその仕事がなくなったらどうか。仕事だけにしがみついてきた男がリタイア後に虚無感や孤独感を感じるとすれば、仕事は男の幸せを左右するかなり大きなものなのかもしれない。

    ようはバランスだろう。つながりは多様で、そして何か所属がはずれても続けていける、そんなつながりが必要な気がする。

全26件中 1 - 25件を表示

([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([は]1-3)結婚 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする