きのうの神さま

  • 692人登録
  • 3.40評価
    • (38)
    • (120)
    • (149)
    • (35)
    • (10)
  • 164レビュー
著者 : 西川美和
  • ポプラ社 (2009年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109236

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
西川 美和
夏川 草介
東野 圭吾
吉田 修一
伊坂 幸太郎
有川 浩
伊坂 幸太郎
村上 春樹
湊 かなえ
三浦 しをん
中島 京子
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
川上 未映子
天童 荒太
東野 圭吾
角田 光代
湊 かなえ
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

きのうの神さまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編作品なのに、連作小説のよう。

    それは田舎特有の閉塞感はどこも同じということなのか。
    ほんの少しの毒というかきれいごとだけにはしない西川美和さんはさすがです。
    そして、人を看取る。生きていくという根源的な何かが、それは最先端の医療だけでは割り切れないし太刀打ちできないものがある。
    そんな力強さも同時に感じた1冊。

    写真:小林亜佑
    装丁:西村美博 福地掌
    2009年 ポプラ社

  • 文字から映像がものすごくリアルに浮かび上がってきて驚いた。以前見たことがあった情景だったろうかと少し怖くなったくらいだ。作者が映画監督だからだろうか。

    「1983年のほたる」の一之瀬時男には凄まじい色気を感じたし、「ノミの愛情」の主人公のゴールデン・レトリーバーへの罪悪感は自分も似たような感情を抱いたことがある気がした。小説でもあり、映画でもあるような。「ディア・ドクター」もとてもよかった。この話が一番好きだった。次は「1983年のほたる」。ほかの小説もぜひ読みたい。

  • 映画「ディア・ドクター」の監督が、僻地医療を題材にしようと取材をかさね、映画に入りきれなかったエピソードなんかをおこした短編集。
    個人的には「ディア・ドクター」が一番良かった。兄は父親が大好きだったが、父は弟である自分の方にナチュラルに接してくれていた。しかし父が倒れたと連絡が入り、病院で久しぶりに再会する兄弟。弟の「お兄ちゃん、もうお父さんはいいの?」のモノローグがグッときたのよ。

  •  図書館より

     医療関係者をテーマとした作品を5編収録した短編集。

     この本の著者の西川美和さんは映画監督、脚本家もされている方ですが、小説もすごいんだなあ、と改めて感じました。

     各短編の描写力、特に心理描写の書き込みはいずれも鋭いです。西川さんの映画は見たことないのですが、映像と文字、そうしたメディアの違いをしっかりと意識して、人間の心理に迫ろうとしているのだな、ということが読んでいて伝わるような気がします。

     離島や田舎の医者と、患者の関係性を描いた「ありの行列」と「満月の代弁者」
    主人公の医者の人間性や人生を浮かび上がらせつつ、患者やその親族の思いも、それぞれの言動から浮かび上がらせます。

    「ノミの愛情」は名医と結婚した元救急病院の看護婦の話。子供たちの命を救う夫。彼を影ながら支えることを良しとしながらも、どこか物足りない様子の妻。その妻の物足りない心情を、日常描写と綺麗にシンクロさせ、そして最後の幕切れも鮮やか! 

     どの短編もそうなのですが各作品、主人公だけでなく、いずれの登場人物もしっかりと表情が浮かんでくるのが印象的です。そうした人物描写も非常に巧かったです。

  • 映画「ディア・ドクター」では語りきれなかった、エピソードや人々の生き方を短編集にしたもの。
    同名の短編も入っていますが、ドクターの弟目線で全然違う物語でした。ドクターの背景が分かる感じです。

    僻地の医療がテーマですが、終末医療の問題についても考えながら読みました。
    死という定点へ向けて下降線を辿り始めたものを、その傾斜の形を狂わせて一時的な回復に導き、生きながらえさせることが自然なことなのか。
    あと10年生きたらどうしよう。
    介護によって人生を自由に選べない家族だけでなく、本人だって心苦しく思っている。

    読んでも最後に答えがある訳では無いけど、一筋の光が指す程度の展開が期待出来る終わり方が多いので、読後感はいいです。

    やはり感情が発露する時、本性が出るようなシーンが印象的です。ギラギラしてる感じ。

  • ディアドクターの原作本。
    離島の医者たちの姿、医者の家族の姿、患者の気持ち、都会へのあこがれ、様々な視点から綴る五話の短編小説。
    ディアドクターの映画が見たいです。

  • 映画監督でもある西川美和の小説短編集。
    じわじわと毒のようにしみ出てくる田舎の閉塞感が淡々と冷静な眼差しで描かれる。
    するりと頭に入ってきて読みやすいのだが、西川美和監督の映像作品に比べると全体的にはわりと凡庸な印象。

    ただ、作中で一番最初に入っている『1983年のほたる』という話だけは抜きんでて良かった。小説ならではの不思議で箱庭のような世界観が味わえる。

  • やはり、西川さんの夫婦描写はリアル。その為、同性愛はお嫌いかなと思いつつ読んでいたら、そうでもない人間像が飛び込んで来る。そのタイミングも驚く。‬

    ‪共通のテーマを伴って編まれた5つの短編は、タイトルの意図を直接教えてくれなかった。‬
    ‪とりあえず一息置いて考えてみようと思う。‬

    ちなみに、「ノミの愛情」編が好きです。
    表裏が語られて、そして表の本懐に人間らしさがにじみ出かんじ。

  • 親子でも夫婦でもちょっと親しい間柄でも何かしら心の葛藤があるもんだ。それを心の奥底にしまいつつ生活する。そんなもの。
    心の不思議な部分を刺激される作品が多いように思う。西川美和さん。

  • 短編

全164件中 1 - 10件を表示

きのうの神さまを本棚に登録しているひと

きのうの神さまを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きのうの神さまを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする