落語こてんパン

  • 111人登録
  • 3.53評価
    • (11)
    • (9)
    • (17)
    • (4)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 柳家喬太郎
  • ポプラ社 (2009年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109311

落語こてんパンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 喬太郎師による、古典落語エッセイ。喬太郎もそうだけど、さん喬、小さん、小三治など、名席の噺でも聴いてみたいねえ。

  • 落語エッセイ。古典落語演目50席、簡単なストーリーと、その話を得意とする古今東西の落語家の紹介。小難しいこと考えずに楽しめる内容。

  • 柳家喬太郎師匠が好きな古典落語について綴ったエッセイ本。
    こういう本は家に一冊あると便利だよね。
    この落語の噺どんな話だったかなぁって探したりするのに。

  • 噺のまくらのように勢いがあって面白い内容を期待していたのだが、イマイチだった。本好き落語好きを対象に、もうちょっとマニアックな内容にして欲しかったなぁ。

  • 大人気の落語家、柳家喬太郎師匠が50の古典落語をひとつひとつ解説なさっている本です。

    私は特に落語に詳しいわけでもないのですが、ある日テレビで観た喬太郎師匠の落語があまりに面白かったのでこの本を手に取りました。
    落語への深い想いをビシビシ感じて、私は喬太郎師匠を大好きになってしまったのです。

    古典落語に初めて触れる方にもわかりやすく、ひとつひとつは短いのでどんどん読めます。
    「どの落語家さんの、何を観て(聴いて)みようか?」なんてときに、とても参考になります。
    パチンコで負けた話なんかも書いてておかしいです。師匠の声で聴こえてくる気がします。

    それまで落語はテレビで観る・CDで聴く程度だったんですが、この本を読んだ後、生でどうしても観たくなってひとりで定席寄席に行ったんです。
    すごく楽しくて大笑いして、ときどきホロリとしたりで、ホント感激したな~。
    いい思い出です。以来ときどき寄席や落語会へ出かけていますよ。
    楽しい世界へ踏み込むきっかけをくださった、感謝感謝の1冊です。

  • 知らない演目が多いのは知っていたけど、これほどとは。喬太郎の独演会はチェックしていたけど、師匠の高座も見たくなってので、今度から積極的にチェックする

  • 落語会のキョンキョン いうなれば私のアイドル、柳家喬太郎師匠がご自分の好きな落語を紹介する本。
    噺の大まかな説明はあるが落ちを書いてない噺もある、やはり自分の耳で聞いてこそ落語を楽しむということだろう!
    キョンキョンファンには、嬉しい本だな。。

  • 喬太郎師匠が好きな古典落語に対して
    簡単な説明やエピソードが数ページずつ
    書かれたエッセイ集です

    本を読みたい、だけど続きが気になる物は重たいし
    マンガという気分でもない・・・という時、
    気楽に手にできる本として
    本棚の目立つところに置いてあります

    読みながら寝てしまっても続きは気にならないし
    他人をくさして笑いをとってるわけでもないし
    それに何度か実際に聞いた喬太郎師匠の落語、
    そのマクラのまんまの語り口で書かれているので
    とーっても気楽に読めます

  • 落語ファン、喬太郎ファン向け。

    毎回、1つの落語ネタを選んで、その内容を紹介するとともに、喬太郎的な解釈と演じる上でのポイントなどが語られる。落語のネタを知っている方が面白いだろう。

    落語家としての柳家喬太郎が面白いのはもちろんだが、この人、ホント落語が好きだw それが伝わってくるのが面白い。

  • 古典落語を元に、喬太郎さんが1篇ずつ気ままにつづるエッセイ。気楽に落語の知識を得られるのもいいし、落語家の世界がのぞけるのも楽しい♪
    落語を知らない人にも楽しめると思います。
    1篇ずつ読みきりなので、気が向いた時好きなだけ読めると言うのも気軽に読めて嬉しい。

全22件中 1 - 10件を表示

柳家喬太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浜 美雪
村上 春樹
ヴィクトール・E...
大野 更紗
柳家 喜多八
有効な右矢印 無効な右矢印

落語こてんパンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

落語こてんパンを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする