10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?

  • 43人登録
  • 3.78評価
    • (6)
    • (3)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 上原美優
  • ポプラ社 (2009年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591109656

10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?の感想・レビュー・書評

  • 大勢の兄弟たちと小さな部屋で笑い合い、
    お祭り騒ぎの毎日を過ごしていたのに、
    気が付けば、一人、また一人と
    自立をして実家から離れていく。

    そして、最後は両親と末っ子の彼女の
    たった3人だけになって。
    寂しくないはずがない。



    家族が多いから、15歳になったら自立する。
    そのルールは仕方なかったのかもしれない。
    だけど、時代錯誤にもほどがある。
    何も持たずに15歳で社会に放り出されて生きていけるほど
    平成の世は甘くない。

    家族の働きだけで学費を賄えないにしても、
    高校へ行くために奨学金をもらうとか、
    就職するにも職業訓練を受けるとか。
    自立するにも準備が必要だ。

    小さな島で10人も兄弟がいたら、
    生活環境を把握していた大人はたくさんいただろうに、
    生きていくための知恵はいくらでもあっただろうに、
    どうして誰も教えてあげなかったのだろう。
    (掲載されていないだけだと願う)

    記憶の中で力になってくれたのは、同年代の兄弟と友人だけ。
    心の支え以外、彼らに何ができたと言うのだろうか。



    彼女は「上原美優」として、面白おかしく綴っているけど、
    「藤崎睦美」はずっと寂しい思いをしていたのだろう。



    彼女も知らなかった「本当」が
    きっと他にもたくさんあったと思う。

    この壮絶な物語が悲劇ではなく笑い話にするためにも、
    もっと長く彼女の笑顔を見ていたかった。



    どうぞ安らかに。

  • 種子島出身の貧乏アイドルとして有名な上原美優の本である。10人兄弟の末っ子として生まれた上原美優が、これまでの人生を包み隠さず赤裸々に告白している。この本を読んで、予想外に感動した部分は多かった。特に、お母さんとの仲が悪くなり、中学卒業までの約2年間、まともに口をきいていなかった頃の話である。上原美優は中学卒業後の進路について親とは一切相談もせず、一人で鹿児島の高校に行く決意をしたのである。鹿児島に行くために、家族の誰にも気づかれることなく家を出て一人船に乗り込もうとしたその時、お母さんが港の展望台で大きく手を振っていたのである。そして、船に戻り自分のカバンの中を見てみると、茶色の封筒が入っており、中を見ると1万円が3枚も入っていたのである。非常に貧しい家庭で、当時のお母さんの芋掘りのバイト代が月3万円だったことを考えると、涙が出てくる話しである。上原美優は、自殺未遂をしたり、それ以外にも波乱万丈な人生を歩んでいる。この本を読んだからというのもあるが、個人的に上原美優には好感が持てるし、これからもぜひ頑張ってもらいたいと思った。

  • 何で死んじゃったんだろうな。読み始めた理由は単純にそこ。多分自殺してなきゃ手にも取らなかったかも。けど、読んでみると想像以上に波乱万丈の人生。兄弟も含めて苦労してるわ。苦労した人間ってその分強くなりそうだけど、どこか影の部分も得てしまうんやね。恵まれた生活の子とどっちがいいのか。

  • ユージもそうだけど、15歳で自立という家庭に生まれ、
    末っ子なので、いつまでも甘えんぼさんというイメージが
    ありました。でも、波乱万丈ながらも、
    友人や家族に支えられてきたんだなぁって思いました。
    女性なら、自殺しなければならなかったという理由、
    分かると思います。普通の家庭、普通の結婚を望んでいて、
    望まなかった理由が。

  • http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4591109658
    ── 上原 美優《10人兄弟貧乏アイドル 私、イケナイ少女だったんでしょうか? 20090607 ポプラ社》
     
    ♀藤崎 イチ子     1945‥‥ 種子島   20100329 65 /上原 美優の母
    ♀上原 美優 タレント 19870502 種子島 東京 20110512 24 /首吊自殺“貧乏アイドル”籍=藤崎 睦美
    /2002‥‥ 暴走族(15)/2007‥‥ 自殺未遂(20)
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20081228 続々・水三題 ~ エコ with エゴ ~
     
    ── 「リアルに私、恋愛が出来ない(略)本当の心の美優、ヤバいヤ
    バい。(20110510)最後の公式ブログ
    http://www.sankei.jp.msn.com/affairs/news/110512/crm11051208400002-n1.htm
     

  • もともと上原美優が好きだったのでこの本を読んでみました。テレビでは貧乏だけど楽しく生活しているイメージだったけど本を読んでみると楽しいだけではなかったんだなの思いました。小さい時から沢山苦労してきた今の上原美優がいるんだなと思いました。はじめは貧乏でも諦めないでそこからどうやって頑張るかでその後の人生が決まるんだなと思いました。

  • タレントの本はやはり好きではない。

  • 上原美優、超応援。

全8件中 1 - 8件を表示

10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?を本棚に「読みたい」で登録しているひと

10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?を本棚に「積読」で登録しているひと

10人兄弟貧乏アイドル☆ 私、イケナイ少女だったんでしょうか?はこんな本です

ツイートする