魅せるひとの極意

  • 52人登録
  • 3.36評価
    • (2)
    • (2)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : asta*編集部 
  • ポプラ社 (2009年6月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110195

魅せるひとの極意の感想・レビュー・書評

  • 萩尾望都の愛読書を知りたくて図書館で借りた本。

  • 気になった人のだけ読む。 その人の愛読書とそれにまつわる話。

  • 3分の1は存じ上げない人でしたがその人の愛読書を通じていろいろな職業人の根幹が少しだけ覗けるのがうれしい同じ本を読んでも感じ方は人それぞれなんだなとあらためて思う読んでみたい本がいくつかあった

  • 日本語に国際化という単語はあっても英語にはインターナショナリゼーションという言葉はない。彼らはグローバリゼーションという。
    仕事でなければ絶対に開かないだろうと思うような本も読みだすと意外に面白い。
    哲学や科学など、あとで考えることがいっぱいある本が好き。
    旅と読書はほとんど同質。本を読みながら人は大きな旅に出ることができる。

  • 活躍してる方がどんな本に影響を受けたのか?なまら気になりますよね
    そんな気になることを15人もの人の聞けるなんてなんて贅沢なんでしょうか!!

    15人は、蜷川幸雄・森村泰昌・米原万里・萩原望都・大野和士・ひびぼこづえ・畠山直哉・柳家喬太郎・安野モモコ・大田垣晴子・近藤良平・最相葉月・石川直樹・犬童一心・庄司紗矢香といろんなジャンルから本当に活躍されてる方ばかり!
    恥ずかしながら知らなかった人もいるのですが

    やはり蜷川さんはシェークスピアなんだなとか、犬童監督は映画関係なんだな~とか、予想できるけど、でもなんか嬉しいんですよね♪

    特に気になったのが、最後の庄司さんヴァイオリニストなんですね
    それで出てくる。ミラン・クンデラの『不滅』気になります!!
    人生のこと。愛のこと。ちょっとストレートな言葉で意味を聞いてみたいと思います、読んだこと有る方はいるでしょうか?

    何人かの方が、気に入った本を色んな人にプレゼントするみたいなのです
    それは気持ちわかりますよ~!!自分もこの本凄く面白かったら本好きな友人とかにあげたりしますもん♪やっぱこういうのはいろんな方が思うんですね
    こういう共通点も発見できると嬉しいです。

    ひとりひとりが10P前後なので大変気軽に読みやすいです
    みなさんお薦めですよ!!

  • 15人の著名な方々の愛読書。
    他人の本棚見るのって、面白いです。

    蜷川幸雄さんは「リア王」
    シェークスピア・・・なるほどなるほど。

    驚いたのは、安野モヨコさん。
    谷崎純一郎の「刺青・秘密」
    安野さんの「働きマン」などの作品からは、
    谷崎潤一郎はイメージできなかった〜
    訊いてみないとわからないものだね〜

    萩尾望都さんは、
    「アダルトチルドレン・マザー「よい母」があぶない」
    そういえば、歪んだ親子関係を描いた作品ありますね。
    「イグアナの娘」とか。
    萩尾さん自身、親子関係に悩んでたみたい。

    萩尾さんの作品は、
    犬童一心さんが「トーマの心臓」を愛読書にあげてらっしゃいます。
    「半神」もお好きみたい。
    「半神」は有名ですが、すごく短い作品です。
    でも、すごいなって思う作品です。
    私も大好きな漫画です。


    森村泰昌さんの書評は面白かった。
    高村薫さんの小説を愛読書にあげてらっしゃるのだけれど、
    『逆宝塚』と表現されています。
    高村さんの小説は、ディテールを細かく書き込んでいるので、
    リアリズムの見本のように言われるが、
    実は超現実的で突飛な話とおっしゃいます。
    そして、男しか出てこず、ラブシーンも無い。

    高村さんはディテールを細かく書き込むことによって
    中身の輪郭を作り出している。
    大事なのは、その輪郭である、と。
    御自分も細部を作りこんで、絵画の中の人物や有名人になるが
    大事なのは、細かいディテールを身にまとった時に
    何が現れるか、ということ。
    その点で、森村さんは、
    自分と高村さんは『双子の関係』だとおっしゃる。


    はぁ〜・・・すごいな。
    『逆宝塚』とは!
    今まで思ったことなかったですが、
    作品を思い出してみると、ぴったりくるのがすごい。
    今まで、高村さんの作品を読んだ時に
    感じたけれども、表現できなかった
    かすかなかすかな引っかかりを、
    ズバリ、言い当ててもらった気がします。


    この本、高村さんはお読みになったのでしょうか?
    森村さんの高村さん評をどう思われるか、
    とても、興味がありますね。

  • 安野モヨコさんが目当てで買いました。むしょうに谷崎が読みたくなる…。
    でも、今まで全く知らない人の(しかもお気に入りの)ブックレビューが読め
    てよかったなぁ!!

    あと装丁&中身の構成がすごくよかったっ!こっているなぁ。

全8件中 1 - 8件を表示

魅せるひとの極意を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魅せるひとの極意を本棚に「積読」で登録しているひと

魅せるひとの極意の作品紹介

本を自分の糧にしてきた15名の大切な一冊からプロフェッショナルの奥義に迫る。

ツイートする