ダッシュ!

  • 207人登録
  • 3.17評価
    • (7)
    • (24)
    • (49)
    • (15)
    • (3)
  • 52レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • ポプラ社 (2009年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110294

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ダッシュ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良かった。最後が終わりを急いでる感じがある。
    高校で陸上部ってどうなんだろう。あんまり入る人いなくないか?
    ジェネレーションギャップ?

  • ねーさんも人間だ。一人ですべてを背負えるほど強くはない。ぼくたち四人にはなんの力もないけれど、少しでもねーさんの支えになれたら、と考えていた。
    ーイノケン

    ぼくたち四人は一斉に叫んだ。
    「ねーさん!ダッシュ!」



    イノケン、リョーイチ、メタボン、わび助の四人は高校の先輩であるねーさんの為に走る青春小説。
    クラブに行く場面や杉田さん探しの場面は高校生らしくて面白かった!

  • 春日部の男子高校生4人には共通の憧れの先輩がいる。
    「ねーさん」と呼んで親しんでいたけれど、そのねーさんが、骨肉腫になり、片足を切断することになった。

    手術の前に「誰か会いたい人はいますか?」と聞くと、昔付き合っていた彼に会いたいという。しかし、その彼は高校を中退してプロのサーファーとなるべく海外を転々としており、携帯電話も持っていないという。

    そこで4人は力を合わせて元カレを探し出すのだが、手術には間に合わなかった。その事に意地になり、元カレと会う事を嫌がるねーさんだが、4人はなんとか会わせようとする。

    最後に無免許運転で成田までねーさんを連れていくのはどうかと思いましたが、なかなか楽しく読ませてもらいました。

    パラリンピック、出れるといいね。

  • オゥフ

  • これは・・・えぇと、これはねぇ・・・
    あれぇ・・・これも面白いと思ったんに記憶が・・・

  • 図書館

  • みんな落ち着くところに落ち着いてよかったかな。

    技をかける描写が唐突すぎる気もしたけれど

  • 無茶苦茶な展開だったけど
    不思議と爽快感ありました

  • 本作は、アホで一途な4人組
    イノケン、メタボン、リョーイチ、わび助が、
    "ねーさん"の幸せのために一生懸命奮闘する物語である。



    ノリと勢いと一途な想いに行動力が伴えば、
    雲を掴む話しで、雲が掴める!!

    そんな作品である。


    大人の分別など身につける前のピュアで無謀な高校生は、
    ある意味無敵かもしれないなー…

    なんてことまで思いつつ、
    自身の高校時代を思い出してしまった。



    よくよく考えると突っ込みどころは多々あれど、
    それを感じさせないテンポの良さが、本作にはある。

    会話や独白主体の軽い調子の文体が、
    テンポの良さを作りあげ、読みやすくしているのだろう。


    本作は、さくさく読めて、読後もさわやかなので、
    気軽な気持ちで手に取ってもらえる作品だと思う。


    ただし、本作には軽さや疾走感はあっても、
    THE青春!!といった何かに打ち込む熱さや
    思い悩む重苦しさなどはないので、
    そういった青春ものを好む方には、本作は合わないだろう。



    ちなみに、個人的には、
    わび助の父のキャラが、登場はほんの僅かながら、
    かなり良い味を出していると思っている。

    小さくまとまってない感じがカッコイイ。

  • 面白かった。
    面白かったが、なんだかちょっと期待よりも下回っちゃったかなぁ。
    ハラハラドキドキ感が足りないというか…。
    ちょっと予定調和な部分と、荒唐無稽過ぎる部分が多かったような気がする。

全52件中 1 - 10件を表示

ダッシュ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダッシュ!を本棚に「積読」で登録しているひと

ダッシュ!の作品紹介

「ねーさんの」「ためなら」「エンヤァ!」「ゴルアァ!!」『1985年の奇跡』の五十嵐貴久、久々の痛快直球青春小説。アホな高校生たちの一途さが胸を打つ。

ダッシュ!のKindle版

ツイートする