7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)

  • 88人登録
  • 3.24評価
    • (1)
    • (13)
    • (24)
    • (3)
    • (1)
  • 22レビュー
  • ポプラ社 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110300

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

  • 共通設定☆紅桃寮が舞台☆404号室が開かずの間☆7日間限定。谷原さん、夜逃げして不登校だった高校の寮へ入居した少年の話。設定もオチも驚きがあって笑えた、面白い。女学院の”いばら姫”と崇拝される学園のアイドルと友人になる!と努力する転入生の話。これぞ野村さん!短編でも野村さんの作品らしさが出てて面白い。緑川さん、人足早く新入生一名が入り、寮にまつわる怪談話の後に罰ゲームで噂の部屋へ泊まったら・・。ミステリしてて面白い。加藤さん、家族旅行で楽しく過ごすはずが・・。面白い。4作品の持ち味がバランス良く出てた?

  • 幾つかのキーワードを決めて、それに合わせて短編を書くって企画がまず面白い!
    各作家さんの個性が光る面白いアラカルトですね。

  • 最後の作品以外は心の底から楽しいと思えた。最後の作品には私の理解力がまだまだ甘いのだと気付けた。
    そんな私がイイなぁと言い切れる本でした。この本に出逢えた事に、感謝。

  • 知人の紹介してくれた本。ちょと期待はずれ。好みの問題だねェ~

  • 紅桃寮という同じ名前の建物を舞台にしたテイストの違う4編の短編集。
    ティーンズ向けということか、あまりトリックなどにはひねりがなく、それよりは、主人公の心情の変化に重きを置いたストーリー展開が多い。

  • 青春ミステリ好きにはたまらない一冊。「桃園のいばら姫」のどんでん返し、「マジカル・ファミリー・ツアー」の魅力的なキャラが、とくによかった。

  • 紅桃寮の7日間。

    最初の話がおもしろかった。

  • <収録作家>
    谷原秋桜子、野村美月、緑川聖司、加藤実秋

  • 4作ともそれぞれ異なる設定だけど、王道の児童小説らしい展開でほほえましかった。
    「桃園のいばら姫」は少女向けサスペンスの王道で、短いながら思春期特有の友情や少女の成長が丁寧に描かれていたと思う。
    「三月の新入生」はホームズ×ワトソン式ミステリーの王道で、キャラクターが魅力的だった。

    「聖母の~」はややオチに不満が残った。美術専門校でありながら遺作のモチーフのせいで恥ずかしくて公表を隠したというのが納得いかなかった。
    「マジカルファミリー~」は「あえて」なのだろうけど、メイン舞台が完全に寮でも開かずの間でもないあたりが邪道すぎて、テーマへの期待が置き去りにされて残念だった。

  • 野村さん好きだからそれだけ読んで力尽きた。10代向けだからかあまり面白くなかった。それか短編集はあまり読んだことないせいかも。

  • どのお話にも謎が含まれていて楽しく読めました。
    2作目の「桃園のいばら姫」は情景が美しく、読了後に余韻を残す良作でした。
    しかしそれ以外の作品はこれといった驚きや感動がなく、もうひと工夫ほしいところです。

    4作目は思わず「開かずの間関係ないじゃん!!」とつっこんでしまいました(笑)。

  • 紅桃寮の開かずの間404号室という設定だけ同じでの競作集。1話目はそのままシリーズになりそうで続きが読みたくなった。

  • 緑川聖司さんの「三月の新入生」を目当てに購入。
    「開かずの間」にしたのは、その部屋の中に何か秘密が隠されているわけではなく……というところが、さすがに秀逸。
    また、幽霊話を広めた理由も、いけている。

  • 「なんかわけわかんねえけど、調子こいてんじゃねえよ。こっちはせっかくの休みなんだよ。組合の保養施設だけど。あかずの間だけど。一泊二食付き六千円で、二食ともメインディッシュは干物だけど。でも、うちにとっちゃ一大イベントなんだよ。みんな楽しみにしてんだよ。なのにめちゃくちゃにした上、弟まで誘拐しやがって。政治家だかなんだか知らねえけど、家族旅行をなめんじゃねえぞ」

  • 4人の作家が「舞台は紅桃寮」「404号室が開かずの間」「7日間限定」という設定でいた短編集。
    404号室に何か謎があって、それを解き明かすミステリー。

    他の3作品と違って、学校を舞台にしていなかった加藤実秋氏の「マジカル・ファミリー・ツアー」が、楽しかった。

  • “「あ……そうだ。もう一つ、おうかがいしたいことがありました」
    「ええ、いいわよ。どうぞ」
    「ぼくの部屋のとなりには、どんな人が住んでいるんでしょうか?」
    「ええっ?あ、あの、それは……」
    ごくふつうの質問だと思ったのだが、なぜか絹江さんは顔をこわばらせ、絶句してしまう。
    しばらくしてから、
    「ええと……あなたがきいているのは、四○四号室のことよね?」
    「はい。そうです」
    「あそこは……実は、空き部屋なの」
    「はあ?空いている……?」
    ぼくは首をかしげた。
    「それは変ですねえ。母が学校に問い合わせた時、この寮の空き部屋は一つだけだといわれたそうです。四○四と五が空いていたのなら、二部屋になるじゃありませんか」
    「いや、だ、だから、それは……」
    軽く問いを重ねただけなのに、絹江さんは激しくうろたえ、くちびるがわなわなとふるえ出した。
    「あの、すみませんでした。ただちょっと、気になったものですから」
    わけもわからないまま、ぼくはその場を取りつくろい、台所をあとにした。
    そして、食堂から廊下へ出ようとした時、
    「あ、あの……き、木村君」
    絹江さんに呼び止められる。
    ふり返ると、彼女はおびえたような目でぼくを見ていた。
    「はい。何でしょう?」
    「大した質問じゃないんだけど……もしかして、木村君て、霊感が強いほうなのかしら?」”

    谷原秋桜子 「聖母の拳底突き」
    野村美月 「桃園のいばら姫」
    緑川聖司 「三月の新入生」
    加藤実秋 「マジカル・ファミリー・ツアー」

    舞台は“紅桃寮”、“404号室が「開かずの間」”、そして、“7日間限定”。
    この3つのキーワードを使った四人の作家の短編集。
    谷原さんのは最初はホラーかと思ったけど、そうではなくて結末も良かった。
    緑川さんのも結構良かった。最後の部分が好きすぎる。
    加藤さんの、“寮=学校”という概念に囚われない舞台設定が良かった。
    一番裏をかかれたのが野村さん。
    展開がすごすぎた。
    どれも、良かったな。

    “わたしはノエルに会うためだけに、紅桃寮へ来たのだ。だから掲示板で悪口を言われるぐらい、なんともない。
    ノエルを知る前のわたしは、女の子のルールを破るなんて絶対にしなかった。みんなに合わせて、はしゃいだり、沈黙したり――危ういバランスをとりながら、マシュマロみたいにぼんやりした幸福を味わってきた。
    けど。きっとそれじゃ、ノエルの心はつかめないんだ――。
    そうだ、ルールを破るのなんか平気だ。
    わたしは、明日、桃園へゆこうと決めた。
    そこにノエルがいるはずだから。”

  • 舞台は「紅桃寮」。404号室は開かずの間。物語の期間は1週間限定。という同じテーマに4人の作家が挑んだミステリー。同じ「紅桃寮」という名前の寮が舞台でも、男子校あり、女子校あり、保養施設ありと、それぞれ個性が発揮されていて面白かったです。個人的には緑川聖司さんの「三月の新入生」が一番楽しめました。(なんとなく主人公の境遇などから「ここはグリーン・ウッド」を連想してしまいましたが・・・)ただ、一応この本ミステリーと謳っているのですが、4作ともいささか謎が弱いかなあ、という気もしました。

  • 「舞台:紅桃寮」「404号が『開かずの間』」「7日間限定」が共通設定のアンソロジー。
    緑川さんのが一番おもろかったかな〜。

  • あまりのつまらなさに、辟易・・・
    読みきったってのがスゴイかも。

    《2009年7月22日 読了》

全22件中 1 - 22件を表示

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)に関連する談話室の質問

緑川聖司の作品一覧

緑川聖司の作品ランキング・新刊情報

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)を本棚に「積読」で登録しているひと

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)の作品紹介

1週間限定の謎を人気作家4名が書き下ろす、とびきりの青春ミステリー。

7 days wonder―紅桃寮の七日間 (TEENS’ ENTERTAINMENT)はこんな本です

ツイートする