なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)

  • 94人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (11)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : オームラトモコ 
  • ポプラ社 (2009年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110799

なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個展で動物が並んでいる絵を展示したのがきっかけで絵本になった作品だとか。ひたすら動物を描きたい私も、ただのイラストをどう絵本につなげていくかというのを毎回悩むところなので、こんな風にお話になるんだって参考になった。
    順番を考え、並んでいるところにもストーリーがあって、何に並んでいるかってオチに展開していく。これは並びたくなるよねってスケールのおっきな遊びは、観音開きになっている。
    もう同じ手法は使えないけれど、楽しい発想。待ってるコたちを私だったらこうするなとか、そういう視点でみちゃうんだけど、シンプルに子どもが喜びそうな一冊だ。シリーズになっているようだけど、そちらは未読。

  • [墨田区図書館]

    「こんやはなんのぎょうれつ?」
    http://booklog.jp/users/akiuwa/archives/1/4591129489

    と同シリーズ最初のこの本。こちらでは50種の動物がせいぞろい!
    みんなが並んでいた鯨さんのジェットコースターならぬジャンボコースターはとっても楽しそう、そしてやはり小さく細かく描かれた行列動物の絵が何ともいえない面白さ!ホント子どもって細かくってチマチマしたものが好き。正直ようかい版の「こんやは~」の時も、最初の行列シーンは退屈そうなんだけど、最後のこの行列絵?のシーンがおもしろくて気に入っていました。
    もう少し系統ごとに駆け足でささっと紹介してくれる方がもっと飽きずに楽しめるかな?

  • 50匹の動物が行列を作って何かを待っている。
    それはクジラのジェットコースターだった。
    宙返りしたり海へダイブしたり。

    50匹の動物が小さい順から大きい順へ並んでいて、更に最後は一番大きいクジラ。
    動物の大きさ比べが自然と出来る。

  • そして、何をするのか…?

  • 読み聞かせで使った。二人で掛け合いで読むと面白いかも。「●●番、オオカミ」というのを事務的に読んで、会話の部分をもう1人が感情こめて読む。本自体も子ども大喜びの一冊。

  • 23ばんのヒツジ、8ばんのシマウマが、ピ〜ンチ!
    ページをめくっていく楽しさ満載の絵本です。

    選書会で、子どもたちが選んだ本。

  • H22年5月 2-1

  • S太朗5歳4カ月で出会った本。これはなんの行列だろう?50番から1番まで動物が並んでいます。数字を逆から数えていく勉強にもなります。

  • (図書館) 激読!
    ゾウ、キリン、サイ、カバ……

  • 動物たちが長ーーい行列をつくって何かを待っているよ
    なんのぎょうれつ?
    お待たせしましたー!!
    なんと、みんなが待っていたのはジェットコースター
    しかも、このジェットコースターはクジラの背中に乗って、大回転したり、
    海へダイブするんだって♪
    楽しそう!!!

    2才~
    自分:年長~

全11件中 1 - 10件を表示

なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なんのぎょうれつ? (絵本・いつでもいっしょ)の作品紹介

わくわく☆やうきうきがだいすきなみなさま!このぎょうれつにおならびくださ〜い!まってるあいだも、じゅんばんがきてからも、どっちもたのしいよ!いっしょにならぼ。

ツイートする