明日につづくリズム (teens’ best selections)

  • 164人登録
  • 3.62評価
    • (10)
    • (24)
    • (21)
    • (6)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 八束澄子
  • ポプラ社 (2009年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591110850

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

明日につづくリズム (teens’ best selections)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ポルノファン以外にも読んで欲しいと思える一冊。

  • この作家の『わたしの、好きな人』を大変感心して読んだことがある。ポルノグラフィティ、そして重ね合わせた将来への切ないまでの憧れがよくあらわされている。そのときめきや、友だちと共感できるうれしさ、もっと近づきたいのに未だ力不足で近づけないもどかしさ。とっくに”青春スーツ”(@『ハチミツとクローバー』)を脱ぎ捨てたと思っていたのに足をすくわれるのは、こんなとき。こういう本に一撃でやられるとき。

  • 2016年6月19日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「故郷(ふるさと)」。

  • さわやかー

  • 友達っていいね

  • あまりおもしろくなかった。中学生2人の青春物語。

  • ポルノグラフィティの音楽に浸かっていた10代の頃に出会いたかったなあ、というのが率直な感想です。今の私が読んで楽しめる作品ではなかった。決して面白くないとかそういう事ではないんだけど。擦れていない青春群像がただただ眩しく、アラサー女の目を焼いてくれたのでした。

    それでも、SONYのウォークマンでポルノグラフィティを聞きながらバイト先に自転車で通ったなあ。とか、当時付き合っていた彼氏と、ベスト盤は赤がいいだの青がいいだの言い合ったなあ。とか、往時を懐かしく思い出させてくれた作品でした。うーん、彼らの音楽が寄り添う記憶は、なんだか甘酸っぱいものばかりだなあ…なんか照れる…←

    島をでたい。高校受験を前に、夢と現実のあいだでゆれ動く千波。大好きなポルノグラフィティの歌に自分をかさね、家族、友情、将来、ふるさと…自分を取りまくさまざまなことに思いをめぐらせながら、おとなへの一歩を踏み出していく―因島を舞台に、少女の成長を描きだした青春物語。

  • 因島の女子中学生が主人公。ポルノグラフィティの出身の島らしいけど、彼らのことをあまり知らないので、その部分での印象変化はなかった。文章は瑞々しく光る部分があった。

  • 児童書コーナーにポルノグラフィティが登場する本がある不思議・・・

  • ポルノの歌詞が話とリンクしてたり、ライブの描写や魅力がたっぷり詰まっててファンとしては嬉しかった!ポルノの魅力について書いてある文にわかるわかる!と同意しまくりでした。

全38件中 1 - 10件を表示

明日につづくリズム (teens’ best selections)に関連する談話室の質問

明日につづくリズム (teens’ best selections)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

明日につづくリズム (teens’ best selections)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日につづくリズム (teens’ best selections)を本棚に「積読」で登録しているひと

明日につづくリズム (teens’ best selections)の作品紹介

-島をでたい。高校受験を前に、夢と現実のあいだでゆれ動く千波。大好きなポルノグラフィティの歌に自分をかさね、家族、友情、将来、ふるさと…自分を取りまくさまざまなことに思いをめぐらせながら、おとなへの一歩を踏み出していく-因島を舞台に、少女の成長を描きだした青春物語。

ツイートする