([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

  • 208人登録
  • 3.13評価
    • (4)
    • (18)
    • (33)
    • (13)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 林真理子
  • ポプラ社 (2009年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591111031

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 林真理子さんで「嫉妬」。そりゃもう。
    えげつないドロドロした斑の感情を笑顔の下に隠した女たち。この後味の悪さが林真理子さんのリアル感。

  • 見苦しいがうまいかもしれない。

  • だから女はおもしろい。

  • 読んだような気もするし、読んでいないような気もするし。
    でも、おもしろかった。

  • 『四月─エイプリル・フール』: 尾高裕美を嫉妬する気持ちは客観的に見てみっともないということに気付かない女たち。低脳女子!

    『女ともだち』: 自分が頑張っても敵うことはない女友達、いるんだよなぁと思いつつ。。。逆に、自分をそういう風に思っていて、私に対して、常時嫉妬体制の女友達もいる。

  • 職場の仲間が好きな本、ということで読んでみた。
    THE小説、という感じで、頭の中にそんの世界がジワーッと想像できる。登場人物とシーン、時間軸がコロコロ変わるので、確かに複数回読むと深く味わえるというのが分かる。

    単調な文字列と会話が多いので、パラっと読めない。小説はそういうものかもしれませんが。
    また、主人公が40代主婦のせいか、昼ドラのドロドロさがあり、30分読むと疲れてきたので、リタイア。

  • 途中で、「なんか読んだことあるなー・・・」と思ったら、そうだった。
    他の本の寄せ集めだった。
    でも、読み返しても面白かった。
    私は特に、『スチュワーデスの奈保』が好き。
    こんな紅茶屋さん、あこがれるし、
    『どうしても、女は、戦うことを嫌がる・・・』というのを読んで、なんとなく腑に落ちた。

  • イヤーな女が多いけど、こういうことを書かせるとやはり林さんは巧い!

  • 女性の意地悪で嫌な感じを書いている。気持ちいい終わり方じゃないが、最後は主人公がそれに気がついて、しょうがないかぁって割り切ってる。
    女性として共感できて、楽しめた。
    でも、絶対に旦那には、読んで欲しくない本かも!

  • そんなに好きな作家じゃないけど、せっかくだから読んでみよう。と読んでみた。
    で、やっぱり、そんなに好きじゃなかったことを認識。(笑)

    いろんな女の嫉妬を題材にして書いた短編集。
    なんかさ~、女ってこんなに性悪じゃないよ~。
    とくに私のまわりには、こういう人いない。
    でも、あとがきで林さんは、いかにも「こういうのが女だ」とばかりに言ってるの。
    そこが引っかかるよな~。
    自分の性格が歪んでるんじゃないの?
    って言いたくなる。

    なんか、ほんと後味わるーーー。
    ネガティブさいっぱいの本でした。

  • いろいろな形の、嫉妬。
    嫉妬を色で例えるのなら、やっぱり黒だろう。
    あぁーこわい。
    林真理子はあまり好きではないけど、こうゆう黒い話を書かせると、やはり魅力的な物語りなのだ。

  • オンナは怖い。

  • 目次: 四月─エイプリル・フール/女ともだち/スチュワーデスの奈保/お夏/お帰り/KIZAEMON

    高校時代、やけに男を魅きつけた尾高裕美に。東京で生まれ育った美貌の同級生の吉岡暁子に。海外生活をしてきた同僚のエイミーに…。そのおさえても湧き上がる黒い嫉妬の感情に飲まれていく男女を鋭い筆さばきで描いた、切なくも残酷な傑作短編集。

    このシリーズのうち、「嫉妬」が一番厚い本だった。女の嫉妬は面白い(!)AV出演疑惑、暁子と姉の変貌ぶり、男からは大人しく見えても、浮気相手の女に対して戦わない女はいないなど。「お帰り」はホームに下りたら・・・ラストがちょっと恐かった!

  • 林真理子さんは女の嫌な部分を書くのが
    とっても上手な作家さんだが
    今回の短編集はその中でも静かな方かと思いました。
    個人的に好きなのは「女ともだち」。

    読み終わった後、嫌~な気持ちになりましたよ(笑)

  • 嫉妬って誰でもしてしまうもの。
    男女関係なく。

    仲の良い友達に
    顔見知り程度の知人に
    テレビに映る芸能人にさえも。


    -自分が主役じゃない-

    メラメラと
    心地悪いものが生まれる。
    自分よりも幸せそう
    自分よりも見た目が良い
    自分よりもお洒落
    自分よりもモテる
    自分よりも仕事ができる
    自分の知らないことを知っている
    経験している
    ..etc

    「羨ましくなんてない」
    「そんなこと普通」
    嫉妬心を無理矢理抑えるように仲間を見つけて噂話をする。

    共感して安心感を得る。


    この本には
    色々な人の人生と
    「嫉妬」の物語が書かれている。



    好きだけど大嫌い
    初めから気に入らない


    周りに、過去に
    誰かしら居た気がする。

    「嫉妬」は平穏な心を掻き乱す。


    読みながら胃が熱くなった。



    読みごたえアリ
    面白かった!

  • 真理子の上流階級への羨望話はどれも秀逸。

  • この方は女性の醜い部分を書くのが上手いな~と思った。

    深く考えず、さくさく読めて、漫画感覚です。

  • ブックオフで100円で購入

    よさがあまりわからない。

  • タイトルに惹かれて購入。。


    個人的には結構好き。


    女の嫉妬は、醜い。


    でもそこに、醜いけれど抗えない【本能】みたいなものが潜んでいる気がする。

  • ザ・林真理子! な一冊。
    特に「おかえり」のラストにはゾッとした。

    他の作品同様、多くを語らずとも、
    まず読めば、林真理子という作家の凄みを感じること間違いなし!

  • 再読。
    「東京」に対しての嫉妬心、一番面白かった。

  • 女にしかわからない。女の嫉妬((( ;゚Д゚)))

  • 読み始めこそ、よくある時間のある主婦向けの漫画(「女の嫉妬」とかそいういう類のもの)の書籍ver.のようなものかという印象を受けたが、色んなバリエーションの嫉妬をどどんと見せられてつい入り込んでしまった。
    「お帰り」の雰囲気が比較的好み。

  • 女性の嫉妬はコワイです。

    幻想を抱いている世の男性方に、読んで欲しいような、欲しくないような・・。


    そんな女性たちは結局はヒマなんじゃない?!と思ったり、
    実は最近、男性にだってそんな人が居る事を知ったり。

  • 林真理子はいつも読み終わると苦手だなーと思っちゃうけど
    これは比較的楽しく読めました

    女性の嫉妬を本当に細々と上手に表現するなあと思いました

    嫉妬する側される側
    女性なら「あーなんか分かる」と感じてしまう部分があるのでは?

全29件中 1 - 25件を表示

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする