([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)

  • 211人登録
  • 3.11評価
    • (4)
    • (18)
    • (33)
    • (14)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 林真理子
  • ポプラ社 (2009年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591111031

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 林真理子さんで「嫉妬」。そりゃもう。
    えげつないドロドロした斑の感情を笑顔の下に隠した女たち。この後味の悪さが林真理子さんのリアル感。

  • 見苦しいがうまいかもしれない。

  • だから女はおもしろい。

  • 読んだような気もするし、読んでいないような気もするし。
    でも、おもしろかった。

  • 『四月─エイプリル・フール』: 尾高裕美を嫉妬する気持ちは客観的に見てみっともないということに気付かない女たち。低脳女子!

    『女ともだち』: 自分が頑張っても敵うことはない女友達、いるんだよなぁと思いつつ。。。逆に、自分をそういう風に思っていて、私に対して、常時嫉妬体制の女友達もいる。

  • 職場の仲間が好きな本、ということで読んでみた。
    THE小説、という感じで、頭の中にそんの世界がジワーッと想像できる。登場人物とシーン、時間軸がコロコロ変わるので、確かに複数回読むと深く味わえるというのが分かる。

    単調な文字列と会話が多いので、パラっと読めない。小説はそういうものかもしれませんが。
    また、主人公が40代主婦のせいか、昼ドラのドロドロさがあり、30分読むと疲れてきたので、リタイア。

  • 途中で、「なんか読んだことあるなー・・・」と思ったら、そうだった。
    他の本の寄せ集めだった。
    でも、読み返しても面白かった。
    私は特に、『スチュワーデスの奈保』が好き。
    こんな紅茶屋さん、あこがれるし、
    『どうしても、女は、戦うことを嫌がる・・・』というのを読んで、なんとなく腑に落ちた。

  • イヤーな女が多いけど、こういうことを書かせるとやはり林さんは巧い!

  • 女性の意地悪で嫌な感じを書いている。気持ちいい終わり方じゃないが、最後は主人公がそれに気がついて、しょうがないかぁって割り切ってる。
    女性として共感できて、楽しめた。
    でも、絶対に旦那には、読んで欲しくない本かも!

  • そんなに好きな作家じゃないけど、せっかくだから読んでみよう。と読んでみた。
    で、やっぱり、そんなに好きじゃなかったことを認識。(笑)

    いろんな女の嫉妬を題材にして書いた短編集。
    なんかさ~、女ってこんなに性悪じゃないよ~。
    とくに私のまわりには、こういう人いない。
    でも、あとがきで林さんは、いかにも「こういうのが女だ」とばかりに言ってるの。
    そこが引っかかるよな~。
    自分の性格が歪んでるんじゃないの?
    って言いたくなる。

    なんか、ほんと後味わるーーー。
    ネガティブさいっぱいの本でした。

全29件中 1 - 10件を表示

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)に関連する談話室の質問

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([は]1-4)嫉妬 Hayashi Mariko Coll (ポプラ文庫)はこんな本です

ツイートする