([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)

  • 190人登録
  • 3.48評価
    • (9)
    • (15)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 大崎善生
  • ポプラ社 (2009年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591111925

([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶対に泣いてしまうので人前では読めない本。
    「優しい子よ」は本当に優しくて気高くて純粋で心が締め付けられる。「テレビの虚空」「故郷」は、目には見えないし証明することもできないけれど、縁やつながりというものは確実に存在しているんだなと感じさせられる。「誕生」は奥さんの強さや周りの人の優しさが感じられる作品。
    あとがきも興味深く、白内障で字が読めなくなってしまった父に母が作者の本を読んで聞かせるという件が笑えました。

  • 2014年9月 途中まで
    樋口さんに譲った

  • 小説はけっこう読んでいるけどノンフィクション、私小説は初めて。小説とはちょっとイメージが違った。大事な人の生と死。泣けた。そして考えた。自分が大変な時に人に優しくでできるってすごいなと思う。ずっとそんな生き方ができたら、自分の子供がそんな風に育ってくれたらほんと嬉しいんだろうな。

  • 一人の少年と出会ったことで
    人生が、考え方が変わる話。

    <私小説>っていう括りがわかりづらい。

    人との出会いってほとんどが
    多かれ少なかれ人生に影響してくると思います。

  •  じぶんをよわいとおもわず力いっぱい今をいっしょうけんめいに生きていきます。



    「優しい子よ」は電車の中で読まないことをお勧めします。
    泣いてしまいますので。
    作者はこれを小説かノンフィクションかと問うていたが
    まぎれもなくノンフィクション。
    少年の優しさを私は何にたとえよう。

  • 久しぶりに、分かりやすく、露骨に感動する本だった。
    じんわり涙がでる。

    生きることと、死ぬことと、生まれることと、運命と。
    この本がノンフィクションなのか、私小説なのか、わたしには分からないけど、そんなのは正直どっちだっていい。
    「マンハッタンのようだった」とか、「赤い色をした泥の水」とか、自分にない表現が好きだ。

    大崎さんがいうように、言葉が感情の死骸だとしたら、もっといとしくなってしまうなあ。

  • 心が温かくなる本でした。 これをきっかけに 大崎善生さんの本を たくさん読みました。

  • とにかく泣けて仕方なかった。周りに人がいない所で読むべし。

  • 他の人のレビューを見るといい作品みたいなのに、自分は読んでいるうちに鼻白ンで来る。ひねくれているンだろうなぁ。ダメな人間かもしれない。

    パイロットフィッシュとか好きだったのに。

  •  重病の子供からプロ棋士の妻に届けられた手紙。<10歳の少年が教えてくれた。本当の「優しさ」っていうのは、凄いんだ。>

     私小説というカテゴリになるのだろう。
     しかし、私小説とノンフィクションの違いは何なのだろう。大崎善生を「ドナウよ、静かに流れよ」で初めて知った私にとっては、ずっと疑問に感じていたことだった。
     感覚はわかる。
     「優しい子よ」はあまりに作者に近すぎて、小説というフィルター、もしくは紗幕を通さなければ、語ることができなかったのだろうと。
     ならいっそ、全く別の架空の人物、町を作り上げて…。
     
     大崎善生は、<真実>の強さを信じているのかもしれないと思った。
     自分自身の小ささを客観的にみることができるからこそ、<真実>の前にはただひれ伏すしかないと思ったのではないだろうか。

     そして、少年から大崎善生一家に渡された「優しさ」のバトンは、確かに私の心の中にもきた。きっと、こうやってたった10歳で逝ってしまった少年の「優しさ」は地を満たしていくのだろう。
     そうであると、強く信じたい。
     信じている。

全18件中 1 - 10件を表示

([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)の作品紹介

身近に起きた命の煌きを活写した感動の私小説。重い病に冒されながらも、気高き優しさを失わぬ「優しい子よ」、名プロデューサーとの心の交流と喪失を描いた「テレビの虚空」「故郷」、生まれる我が子への想いを綴った「誕生」、感涙の全四篇。

([お]3-1)優しい子よ (ポプラ文庫)の単行本

ツイートする