マノロブラニクには早すぎる

  • 205人登録
  • 2.97評価
    • (4)
    • (18)
    • (46)
    • (19)
    • (5)
  • 39レビュー
著者 : 永井するみ
  • ポプラ社 (2009年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591112069

マノロブラニクには早すぎるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女子の憧れマノロ。タイトルで飛びついて借りちゃった。主人公と編集長の設定は『プラダを着た悪魔』を髣髴とさせる。内容は実にさらっと読めるので2時間も掛からないくらいで読破。同じマノロでも編集長とあずさでは履く人の性格が靴にも表れていた気がする。私も靴の手入れをしっかりしようと思わされた。足元を見られないためにもね。ヒールの高さはプライドの高さ…か。私にもマノロブラニクは早すぎる。こんな素敵な靴が履きこなせる素敵な大人の女性になりたい。とりあえず一番怖いのは誰より詩織さんだと思う。2011/131

  • なんか仕事にやる気がでる本。
    中学生の男の子とのやりとりが新鮮。

  • 自分磨きに興味が無い新人編集者vsやり手美人編集長…というと、映画にもなった「プラダを着た悪魔」を思い出します。タイトルに靴のブランドである「マノロブラニク」を持ってくるあたりは、そういう意図があったのだろうと推測します。まあ、タイトルは編集者が勝手に付けたり変えたりするそうだから、これもそうかもね。けれど、タイトルなんかどうでもいい。やはり「永井するみ」、ただでは転ばない。ちゃんとひねってあります。ヤングアダルト向けに少しわかりやす過ぎであざとい展開だったかもしれないけれど、まあこんなもん。最初はとっつきにくいけれど、起承転結の「承」まで来たら一気に進みます。

  • 【あらすじ】
    華やかに見えるファッション誌の世界。その裏側には女のプライドがせめぎ合い、ゴシップがあふれていた。厳しい現場の中で、自分の居場所を見失っていた世里。しかし、彼女の前に現れた中学生・太一との出会いによって、少しずつ自分らしさを取り戻していく―。

    【感想】

  • 女性が好きそうなミステリー。
    途中までほんわかした恋愛ものかと楽しく読んでおりましたが、いつの間にやらミステリー。
    中学生の太一くんと編集の世里の関係性に癒されながら読むミステリーは、殺伐とした世界ではなく、読んでいて楽しくなるものでした。そして二人の今後も気になるので、ミステリーにこだわることなくでも、二人の今後を読んでみたいと思いました。
    続き、あるのかな。

  • 2016.2.15 読了

    新人の女性編集者、世里(より)。

    翻訳に携わりたかったのに、
    女性ファッション誌に配属。

    仕事も なかなかピンと来ず、
    企画も ボツになったりの日々。

    前向きに頑張ってゆく成長物語と、
    そこに 突然 現れた 中2男子。

    ミステリーも 絡む話になるのですが、
    途中から オチが見え隠れ。。。。


    ちょっと 物足りなかったかな。。。


    マノロブラニクていう ブランド
    ほんとに あるんですね。。。(^_^;

  • ドラマの原作みたいな感じ。最後、憧れの敏腕編集長が落ちぶれていくのが悲しかった。

  • 子供が背伸びして大人の小説書きました!...的な。

  • グラニテが面白かった作者の作品。慣れない仕事に四苦八苦するかけだしの編集者のもとに、父が謎の死をとげたという男子中学生が訪ねてくる。主人公と中学生のやりとりが爽やか。一方で主人公が憧れる編集部のベテラン編集者は、暗い側面があることが明らかになっていく。現代に働く女性たちがリアルに描かれた本。面白かった。あえてミステリーっぽくしなくても、人間描写が面白い。

  • プラダを着た悪魔?のローカルバージョンって感じなのかな

全39件中 1 - 10件を表示

マノロブラニクには早すぎるのその他の作品

永井するみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

マノロブラニクには早すぎるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

マノロブラニクには早すぎるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マノロブラニクには早すぎるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マノロブラニクには早すぎるの作品紹介

華やかに見えるファッション誌の世界。その裏側には女のプライドがせめぎ合い、ゴシップがあふれていた。厳しい現場の中で、自分の居場所を見失っていた世里。しかし、彼女の前に現れた中学生・太一との出会いによって、少しずつ自分らしさを取り戻していく-。

ツイートする