(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 857人登録
  • 3.87評価
    • (69)
    • (78)
    • (72)
    • (14)
    • (0)
  • 25レビュー
  • ポプラ社 (2010年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591113738

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 443

    2017年では77冊目

  • よくなってきた!終わり方もちょうどいい!
    はやく次が読みたい。

  • 1、よりもだいぶ込み入ってきたというか、わたし的に納得できる設定になってきた感触がある。
    歩と秋本くんの関係性というよりも、まわりの仲良しさんたちのありようが、「フラワーオブライフ」っぽくなってきて、そこが私好みかもしれない。いろんな友だちがいて楽しい!、が、ばんざい。
    1と2を1冊にしてもよかったんじゃない、なんて。

  • ロミオとジュリエットを漫才で。
    今では考えられない発想です。
    いや、考えれたとしても実行になどうつせないと思います。
    そういうところが、やっぱりまだ中学生だなと。
    ある意味自由に動ける年代だなと感じました。

  • 2作目は漫才シーンがあまり出てこなかったけど、面白かった。登場人物の人となりが丁寧に描写されている感じ。来菅は感じ悪かったけど、本作ではキーとなる人物なんだな。主要メンバーの掛け合いは笑える。

  • 中学生の時の自分は、こんな風に生きていただろうか。
    感受性は今よりずっと豊かだったし、ずっと傷つきやすかったし、今よりずっと軽率で浅はかで、繊細でもろかった。

    この本を読んでいると、そんなことを思います。
    でもそんないっぱいいっぱいだった過去の自分でさえ、愛おしく感じます。
    きっと誰もが過ごしたことのある時間が、感情が、克明に描かれていて、鮮明に蘇ってきます。

  • あとがきの「人は笑って生きるべきだ」って言葉がじいんときました。面白くてわくわくしてあっという間に読み終わっちゃうのに、所々どきっとさせられたりハッとさせられたりします。

  • 秋本が言ったように、瀬田くんは守るものはちゃんと守る強い子だと思った。かわいいだけじゃないぜ!ってな!(
    「コッ、コンブ名」にどうしても笑ってしまうwww

  • 想いの伝え方と勇気ある行動、ヒネくれた行動

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    化祭を笑いの渦に巻き込んだ『漫才ロミオとジュリエット』から半年、瀬田歩と秋本貴史にとって中学最後の夏が来た。歩は、夏祭りで漫才をやろうと誘う貴史に対し、断固拒否の態度をとり続けている。一方、貴史の幼なじみ・萩本恵菜への思いはつのるものの、進展はない。そんな中、恵菜をめぐってある「事件」が勃発した―。今もっとも注目を集める作家の人気シリーズ第二弾。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・漫才・中学生・青春・コメディ・ほのぼの



    1

全25件中 1 - 10件を表示

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)のKindle版

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

(P[あ]1-2)The MANZAI2 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

ツイートする