(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 1998人登録
  • 3.66評価
    • (160)
    • (242)
    • (254)
    • (60)
    • (10)
  • 290レビュー
著者 : 村山早紀
制作 : 早川 司寿乃 
  • ポプラ社 (2010年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114162

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
米澤 穂信
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夕暮れの風早の街はずれの古い路地。
    赤い鳥居が並んでいるあたりにあるというコンビニ「たそがれ堂」。
    ドアを開けるとぐつぐつ煮えるおでんとお稲荷さんの甘い匂い。
    にっこり迎えてくれる店員のお兄さんは銀の長い髪に金色の瞳。

    この世で売っているものが何でも並び、
    この世に売ってないはずのものまでそろっている。
    大事な探しものがある人は必ずここで見つけられる。
    心からの探しもののある人しかたどりつけない不思議な魔法のコンビニ。

    もとは児童書だったという5つのお話が収録されている。

    コンビニたそがれ堂
    探しもの:猫のメモ帳。
    猫をきっかけに仲良くなった雄太と美音のお別れと再会の約束。

    手をつないで
    探しもの:リカちゃん人形。
    大好きなのに子どもをうまく愛せないママと、ママが大好きなえりか。
    ふたりの想いとふたりのリカちゃん人形。

    桜の声
    アイテム:桜の花びらが入ったようなガラス玉のストラップ。
    ラジオパーソナリティの桜子が出会った不思議。
    古い大きな桜を通して時を超えた桜子の「大丈夫」とケツメイシの♪さくら。

    あんず
    探しもの:不思議なキャンディ/赤いちりめんの首輪
    寿命を悟った子猫の一度だけの願い。
    “見えなくなっても、会えなくなっても、きっと、『どこか』には、みんな、ちゃんといるっていうことさ。消えてしまうわけじゃない。誰の魂も、どんな想いもね”

    あるテレビの物語
    探しもの:古い小さなテレビ
    小学一年生の女の子が産まれたときに買われたテレビ。
    機械が死んだら、心も魂も地上から消えてしまうの?


    読んでいて、わたしにはたそがれ堂で探したいものがあるだろうかと考えた。
    欲しいものはたくさんある。
    いくら収納してもいっぱいにならない本棚とか(笑)
    無くしたものもたくさんある。
    若さとか、記憶力とか(無くしたというより劣化・・・悲)
    いずれも「心からの大事な探しもの」というのとはかなり違う気がする。
    でも考え始めると、心の奥底に忘れているなにかがあるようで、思い出せずなんだかもどかしい。(これも劣化した記憶力のせいか)
    忘れてしまった探しものもたそがれ堂で探せるかしら。

    本編だけでなく、あとがきでも村山さんの優しそうなお人柄が出ている。
    解説に村山さんが子ども時代を振り返った言葉が引用されていて、わたしも似たようなことを思う子どもだったのでとても共感した。
    残念ながら、村山さんのようにおとなになっても優しいまま、ではないけれど。

    たそがれ堂の続編はもちろん、風早の街でつながっているという他の作品も少しずつ追いかけて読んでみよう。

  • 「コンビニたそがれ堂」シリーズ1作目。
    このシリーズ、大好きです。
    温かくて、優しくて。
    生きてくのも悪くないなぁなんて。ちょっと大げさだけど、思ったりもします。

    このシリーズ、元々母に勧められて手にした本。
    読んでると、今は亡き母を思い出して非常に厄介です。(余計に涙腺刺激されてしまって(笑))
    私も将来必ず子供に勧めようかと思っています。

    まぁとにかく幸せな気持ちにしてくれます。
    わたしにとって、とても大切な1冊です。

  • もうすぐお正月です。出雲への出張から戻った神さまたちも本宅で
    お正月の準備に忙しいかも。
    見えない八百万の神様って、いつも神社の奥に居て、鈴をならす
    参拝者を見ているのでしょうか。
    たまには姿を変えて外に出て、本当に困っている人にちょっとだけ
    サービスしてくれるのかもしれませんね。

     風早の街の 駅前商店街のはずれに
     夕暮れどきに行くと
     古い路地の 赤い鳥居が並んでいるあたりに
     不思議なコンビニを 見つけることがあるといいます
     大事な探し物がある人は
     必ず ここで見つけられるというのです

    お稲荷さん風の(そのものでしょう)銀髪、金色釣り目、赤い蝶
    ネクタイのお兄さんがサービスするお店では、深く心のそこから
    求めた人の、探し物が見つかります。

    5つの短編、それぞれが村山さんの柔らかな眼差しに包まれて
    いるようです。やはり猫好きなので、雄太君の助けた猫、少女の
    姿のあんずの話が良いかな。

    村山さんの小説は、「ルリユール」を先に拝見しました。こちらも
    やはり気取った黒猫が印象に残ります。

  • 元々は児童書なんですけど、大人が読んでも心にしみじみ響く短篇集です。
    誰かを愛おしく大切に思う気持ちが奇跡を呼びます。それが機械でも。
    命はどこから来てどこに行くのか。大切に読みたいシリーズです。

  • 猫好き小学生の淡い恋の話、大好きなのにうまくいかない母と娘とお人形の話、30歳を目前に少し疲れた女性と桜とケツメイシの話、死を覚悟した猫と飼い主の愛と星の話、壊れたテレビと持ち主の愛の7年間の話。
    誰もが経験したことがあるような話にたそがれ堂のお兄さんが魔法をかけてくれる。動物を飼っている私は、「あんず」を涙なくしては読めなかった。そんなに飼い主を愛してくれているの?飼い主の愛は届いているのか?

    この作品は児童書とあり、ガッツリ読もうと思うと物足りなさを感じるかもしれない。
    少しほふっとしたい方はぜひ。

  • ふんわりと温かい気持ちになれるお話たち。楽しいわくわくする話ばかりではないのに、不思議な感覚。

    解説がそれをうまく表してくれている。
    『生きていれば、もうここが行き止まりだと思う時もあるでしょう。「読みかけの本のつづきを読むために生きていた」というこの作者は、そんな行き止まりの気持ちをよく知っているのではないか。だからこそこの作者ならではのやり方で、行き止まりの向こう側を見せてくれる。今見えている世界が全部ではない。世界はきっともっと果てしなく、きっともっと美しい。』

    今、自分が生きている世界が全てでそこで苦しんでいる、自殺したくなっている子供たちにこの言葉が、このメッセージが届くといいなと、一瞬で思った。

    子供の頃にこの本に出会えたなら、果てしない世界を信じることができるようになるかな。悪い事や悲しい事ばかりじゃないと、見えない世界に期待できるようになるかな。そうだといいな。たくさんの子供に読んでほしい。

  • とってもやさしい雰囲気に、大人もふんわり包まれる。

    私は文庫で読みましたが、本来は児童書。不思議なコンビニ「たそがれ堂」を中心に5つの物語が収録されています。
    私が好きなのは「桜の声」。働く女性のリアルな思いとファンタジーが、きれいに描かれています。
    近所の神社の近くを散策したくなる一冊です。

  • 薄い文庫で、優しい雰囲気。
    子どもに読み聞かせしても良いような、わかりやすい文章で、素直に心に染み入るよう。
    ちょっと疲れている大人にも。心地良く読めます。
    児童文学の作家さんなんですね。

    風早(かざはや)の町の、駅前商店街のはずれ。
    夕暮れ時に歩くと、古い路地に赤い鳥居があるあたりで、いつもは見かけない不思議なコンビニを見つけることがあるという。
    おでんが煮えていて、作りたてのお稲荷さんの甘い匂いもする。
    レジの中には、長い銀色の髪に、金色の目をしたお兄さんがいて、にっこりしている。
    「何をお探しですか?」
    大事な探し物がある人は、ここで見つけられるという…

    「コンビニたそがれ堂」
    小学5年の雄太は無口で子どもながら男らしい。
    実は動物好きで涙もろい面もあったのですが、それは隠していました。
    猫を助けたときに同級生の美音という女の子と仲良くなります。
    ある時、皆の前で意地を張って冷たくしてしまい…?

    「手をつないで」
    ある寒い日、えりかのママは不機嫌でした。
    突然機嫌が悪くなるときがあり、何故なのか理由もわからない。
    リカちゃんを捨てたといわれ、町中を探し回ります。
    そして、見つけたのは…?

    「桜の声」
    ラジオのアナウンサーをしている桜子。
    仕事に行き詰まりを感じていましたが、ある日、不思議な出来事が…?

    「あんず」
    あんずは、小さな猫。
    高校生の男の子に拾われて、家族に可愛がられていました。
    一度だけ、人間になりたいと思うようになり…

    2006年にポプラ社から刊行。
    2008年に文庫化。
    2010年に新装版が出ました。
    著者は1963年、長崎県生まれ。
    「シェーラひめのぼうけん」など、著書多数。

  • だいじなさがしものがある人だけが行けて、だいじなさがしものを必ず見つけられるコンビニ、たそがれ堂。私もあるけど行けないのかな。「桜の声」がとても好き。普段めったにラジオを聴かないけれど、聴こうかとおもった。

  • 再読
    このシリーズを読み始めようと思って、年内から読み始めました。
    最終のお話「あるテレビの物語」はちょうど紅白をみながら…でした。一年の終わりにテレビをみながら読み、ちょっと感慨深かったです。
    どのお話も、ただ、たそがれ堂でほしいものを見つけて…というわけではなく、たそがれ堂を必要としていて、たそがれ堂と出会えた人たちが経験する少し不思議なお話。やさしくて胸が暖かくほっこりするものばかりでした。

全290件中 1 - 10件を表示

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連するまとめ

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

駅前商店街のはずれ、赤い鳥居が並んでいるあたりに、夕暮れになるとあらわれる不思議なコンビニ「たそがれ堂」。大事な探しものがある人は、必ずここで見つけられるという。今日、その扉をくぐるのは…?慌しく過ぎていく毎日の中で、誰もが覚えのある戸惑いや痛み、矛盾や切なさ。それらすべてをやわらかく受け止めて、昇華させてくれる5つの物語。

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)の文庫

(P[む]1-1)コンビニたそがれ堂 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

ツイートする