(P[き]1-3)マイナークラブハウスの森林生活 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 88人登録
  • 3.91評価
    • (12)
    • (11)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 木地雅映子
  • ポプラ社 (2010年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114339

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

(P[き]1-3)マイナークラブハウスの森林生活 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 木地雅映子のマイナークラブハウスの森林生活を読みました。マイナークラブハウスへようこその続編でした。第2巻では、マイナークラブハウスの面々が合同合宿で天野清一郎の故郷を訪ねていく物語でした。天野清一郎の故郷での破天荒な歓迎や福岡滝の恋心の行方などがコメディタッチで描かれています。急な腹痛で、合同合宿に参加出来なくなってしまった畠山ぴりかはマイナークラブハウスに一人残されてしまい、たまたま訪ねてきた高橋奈緒志郎に助けられて、からくも生き延びるのでした。いつもは着ぐるみを着て、ふざけているような会話しかしていない畠山ぴりかですが、その生い立ちや家族環境が明らかになってくると、そのけなげさに心をうたれてしまいます。登場人物が結構多くて、思わぬところで関連していたりするので、翻訳のミステリのように最初に登場人物の一覧があるといいのになあ、と思ってしまいました。

  • 不順な動機で木地作品を読み始めて3冊目。 「みんな」とか「ふつう」とかに逆らって生きる。 赤信号、ひとりで渡る、自己責任。 いつからだろう。 「みんな持ってるから欲しい」が、 「みんな持ってるから欲しくない」になったのは。 ときどきわからなくなる。 選んだものがマイナーだったのか、マイナーだから選んだのか。 そういえば、MLBはメジャーリーグよりマイナーリーグの方が選手もチームも多い。 Aマイナーのアルペジオ。

  • 登場人物の内面が見えてきた、二巻。
    ぴりか、やけにモテモテ(笑)

    ゴーヘイ君の話が切ない。
    どんだけ仲良しでも、大人ぶっても、家庭環境(特に経済的)の差は子供にはどうしようもできないときがある…

    滝ちゃんは、橋本愛のイメージです。

  • マイナークラブハウスの2冊目。
    ドタバタはちゃめちゃ振りは相変わらずだけど、その中にも、各々が抱える重くては暗い物が出てきている。
    弱い者でなれ合わない、互いに協力するけど依存はしない。
    そんな面々の生活が描かれています。
    やっぱり10代のときに出会いたかったな。

  • 桃李学園高等部の片隅に建つ古ぼけた洋館は部室を持たない弱小文化部が集うマイナークラブハウス。
    ここに集う面々は、自由気ままに青春を謳歌してい るように見えるが・・・
    マイナークラブハウスシリーズの第2弾。
    (以上紹介文)

    マイナークラブの面々は合宿にライブに恋にと青春を謳歌しているが個々の持つ闇は大きい。
    彼や彼女の思いもしない一面が出てきたり、新キャラの登場もあるけど、楽しげな場面が多いほど各々の持つ陰の部分が引き立ってます。

  • ぷっつんぶりの影にいろんな物語が進行している。さらにつづくのだ。

全7件中 1 - 7件を表示

(P[き]1-3)マイナークラブハウスの森林生活 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

(P[き]1-3)マイナークラブハウスの森林生活 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[き]1-3)マイナークラブハウスの森林生活 (ポプラ文庫ピュアフル)の文庫

ツイートする