(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 937人登録
  • 3.79評価
    • (85)
    • (130)
    • (107)
    • (20)
    • (4)
  • 121レビュー
著者 : 村山早紀
制作 : 早川 司寿乃 
  • ポプラ社 (2010年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114360

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コンビニたそがれ堂・第二弾

    #雪うさぎの旅
    新しいママとの暮らしが始まる前の冬休み。
    田舎に預けられた小学四年生のさゆきは、雪うさぎと、大きい雪だるま、小さい雪だるまを作った。
    その子達は、さゆきの大切なお友だちになった。
    その後、街に戻ったさゆきから届いた手紙は、どこか寂しそうで…
    雪うさぎたちは、さゆきが心配で風早の街を目指す───
    もうね、この雪うさぎと雪だるまたちが、いじらしくて、いじらしくて、泣けた…。
    でもまた雪は降るものね。
    そうしたら、またいつか出会える?
    そうだったらいいなぁ。

    #人魚姫
    真衣は引きこもりの十七歳。ゲームの世界が唯一の居場所。
    彼女がたそがれ堂で見つけた「奇跡の招待状」
    それを大好きだった従妹・秋姫へ届けたい。でも…

    これは悲しいやら、恐いやら…
    苦手なホラー調だった。
    でも、最後は前向きな気持ちにさせてくれる。
    真衣、がんばれ!

    #魔法の振り子
    女流作家・薫子。
    彼女には、約束を果たせないままになっている学生時代の友人がいる。
    その彼は十年前から消息不明になっていて…

    こんなかたちの再会なんて、哀しすぎる。
    やはり気持ちは伝えられるうちに…。
    たとえ叶わなくても、月日が過ぎれば、「伝えておいて良かった」ときっと思えるはずだから。

    #ねここや、ねここ
    昔々、海と地の幸、慈悲深い領主さま、すべてに恵まれた豊かな国があった。
    そこの若君様たちに、たいそう可愛がられた小さい一匹の黒猫「ねここ」
    ずっと続くと思われた幸せな日々。
    あぁ、ねここや、ねここ。
    「長生きするんだよ…。」その若君様の言葉どおりねここは───

    物の怪とねこちゃん。恐い話のはずが…
    この健気な「ねここ」が愛おしくてたまらない。

    今は別れても、きっと巡りあえる。
    目には見えなくても、そばにいてくれる。
    そう信じていたくなる。

  • 風早の街の駅前商店街のはずれに夕暮れどきに行くと、見慣れないコンビニ「たそがれ堂」に辿り着くかもしれない。ぐつぐつ煮えるおでんと作りたてのお稲荷さんの甘い匂いがする店内、レジには長い銀髪に金の瞳の絵に描いたような美青年。

    この不思議なコンビニでは探しものが必ず見つかる…ただし、本当にそれを探し求めている人にしか見つけられないお店である。

    引っ込み思案な少女が残してきた森の奥の友だち(雪うさぎの旅)、快活な従姉妹の死によりひきこもりになってしまったゲームオタクの17歳(人魚姫)、クリスマスの約束を残して消息不明になった彼との思い出(魔法の振り子)、大切なものを奪った魔法使いへの復讐を胸に魔物と化した猫(ねここや、ねここ)。

    少しひやりとするけれど、優しい人が書いた、優しいお話。薫と薫子のお話がせつなかった。一瞬先に何が起きるかなんて分からないから、大切な人にはちゃんと伝えたいし、伝えて欲しい。

  • 作ってくれた少女の幸せを見届けたくて、遠い雪国からぴょんぴょん飛び跳ね
    風早の街の少女の家の前で力尽きて、
    植木鉢の中に解け残った雪うさぎの青いビー玉の目。

    いじめに遭っている従妹を気遣い、ハロウィンの夜、
    水難事故で流された海の底から
    変わり果てた姿になって甦ってまで届けられる、健康と長寿のお守り。

    遠い外国の湖で命を奪われても
    愛する人を守ろうと幽霊になって彼女の部屋に住み着いて
    ラップ音で奏でられる、シューベルトの『アヴェマリア』。

    今回のコンビニたそがれ堂に並べられた
    魔法の葉書、奇跡の招待状、魔法のペンジュラム(振り子)が
    呼び寄せるのは、もうけっして逢うことのできない
    この世のものではない誰かの想い。

    第一巻よりちょっと怖ろしげな雰囲気も織り交ぜながら
    子どもに読み聞かせるような、いつものやさしい語り口で
    不安や自己嫌悪や淋しさを抱えた人たちの背中を押してくれる温かい物語です。

    エンディングの『ねここや、ねここ』で
    慈しんでくれた若君のために、妖怪となって何百年も生き延び
    生まれ変わった若君一家を見守る「ねここ」が、猫好きにはとてつもなく魅力的で

    妖怪のねここと、神様であるたそがれ堂のお兄さんが
    長生きに感謝しつつ、並んで花火を見上げる風景が
    ほっこりと温かく胸に残ります♪

  • 1作目でとても好きになった「コンビニたそがれ堂」
    シリーズ2作目です。4話収録。

    子どもに読み聞かせしても良いような、わかりやすくて、素直な文章。
    そして、自然に気持ちを引きこんでいく…
    ちょっとくたびれた大人にもオススメ。

    1作目よりはホラー色が強いというか~ややドラマチックな展開で、中高校生向けみたいな色彩が感じられます。

    風早町の駅前商店街の外れ、赤い鳥居が立つ路地のあたり。
    たそがれ時に、不思議なコンビニが現れることがある。
    カウンターの向こうには、長い銀色の髪に金の瞳をした美しい青年がいて、にこやかに出迎えてくれる。
    大事な探し物がある人は、どんな物でも、そこで見つけることが出来るという…

    10歳のさゆきは、風早町に越してきて1週間。
    冬休みは祖父母の住む田舎~つまり、亡くなった母の両親の元で過ごした。
    雪の積もった森の中の空き地で、雪だるまと雪ウサギを作り、楽しく過ごしたのだが。
    まだ風早町にはなじんでいなかった。
    おつかいを買って出たさゆきは道に迷い、帰りが遅くなってしまった。
    最近一緒に暮らし始めたばかりの継母に、誤解されるのではないかと心配し始める。
    友達のいないさゆきが願ったことは…?

    「エンドレス・オンライン」というゲームの中では勇者の真衣は、17歳の少女。
    リアルではひきこもりで、身体も弱い。
    学校でいじめに遭っていたが、遠い岩手に住む従姉妹の秋姫(あき)が支えとなってくれていた。
    秋姫は、明るくて、綺麗で、はっきりした性格。
    真衣に会いに来てくれようとした矢先に…

    ライターの佐藤薫子は、「クリスマスの思い出」というテーマのエッセイを書こうとして苦労していた。
    10年前のクリスマス。
    学生時代からの友達で名前が一字違いの佐藤薫と、クリスマスに一緒にディナーを食べようと約束し、薫子はドレスを買って用意していた。
    ところが薫は現れず、以来消息もわからないまま。旅行が好きで、各地を飛び歩いていた薫ではあったが…

    戦国時代。
    海辺にある小さな国は、知力に優れた殿様と慈愛深い奥方、両親の良い所を受け継いだ若君に恵まれた。
    お城には小さな黒い子猫がいて「ねここ」と名付けられ、可愛がられていた。
    奇跡のような国に人は集まってきたが、恐ろしい病が流行るようになる。それは何かの呪法によるものだった。
    火の手が上がった城の中で若君をみとったねここは妖怪となり、まだ生きている。
    ある日…

    何を探しに行って、何を見つけるのか。
    そして…?
    それは読んでのお楽しみ。

    かけがえのない大事なものを失った悲しみ。
    寄る辺ない思い。
    失ったものがすっかり元に戻ることはない。それでも…
    切なくて胸が痛くなりますが…
    思いのこもった不思議な出来事の連鎖に、心洗われるようです。
    2010年1月、文庫書きおろしで発行。

  • 悲しくて切ないお話ばかりでしたが、どのお話もたそがれ堂の存在があたたかく優しい空気に浄化してくれる、残された人々が前向きに一歩を踏み出せる存在になっていました。
    それにしても、本当に切ない気持ちになりましたが、たそがれ堂があって、本当に良かった。

  • たそがれコンビニシリーズ第二弾。

    自宅の積み本になってたので、ゆっくりお風呂に入りながら読んだ。

    4つの短編。

    雪うさぎの旅…母の再婚で風早町に引っ越した女の子に作られた雪うさぎと雪だるまの話。作られたおばあちゃんの家から、女の子のいる風早町を目指す。せつないけど、あたたかい。

    人魚姫…引きこもりの女の子が引きこもるきっかけになった、いとこの死に向き合う話。若干ホラー。たぶん猿の手がモチーフになっていると思われる。
    仕事のし過ぎで亡くなったプログラマーの父と、徹夜勤務の同じくプログラマーの母とか、IT関係のイメージがここに詰まってるなあと思った。そういった会社もあるので当たってるけど。

    魔法の振り子…10年前にクリスマスの約束をしたまま行方不明になった大学の友人に想いをはせる女性、薫子。
    彼女の部屋では最近不思議な現象が起こっていた。明らかにポルターガイストだけど、目で見えないものを信じない彼女。そんな彼女が行動を起こしたところ…。
    ストーリー後の彼女の人生が気になる。目に見えない彼を感じていくのかな。

    ねここや、ねここ…戦国時代っぽい時代のある国の猫のその後。日本の昔話っぽい。

  • 涙と癒しと。
    2冊目は涙なしには読めませんでした。

  • シリーズ第2弾。
    今回も、じわっと泣けた。
    ファンタジー色が強く、児童書らしさを感じる。

    どうしようもない別れと向き合う。
    前回に比べると、あたたかい中にも、切なさの強い話が多かった。
    特に「魔法の振り子」はせつなく、真相がそうでなければいいのに、と思いながら読んでいた。
    「人魚姫」は、ちょっと異色。

  • 読み終わりました!

    どのお話も
    今回は別れが多かったので、切なくて…ちょっと怖かったけど
    でも最後はあったかくなる話ばかりでした(ノω・、) ウゥ・・

    雪うさぎの旅。。ドキドキハラハラしながら読んでいました
    動くなんていう奇跡には読んでいる私も嬉しくなりました(〃ω〃)
    ぴょんぴょんと跳ねるシーンは夏目友人帳を思い出してしまいました!

    雪だるま達の別れの時は、泣きそうになりました(>_<)

    タイトルに書いてある『奇跡の招待状』。。
    こういう物語の仕掛けだったんだなと分かったり…
    (真衣ちゃんみたいに、私も変わらなきゃ!変わりたい!!
    …先に進むのが怖いけど、少しずつなら。。と改めて思ったり)

    最後良かったけど、でも一緒にケーキ食べて欲しかったなぁって思ったり

    まさかこういう展開になるとは!
    続きが気になってどんどん読み進んでしまいました(笑)

    明姫ちゃん♪ユニークなキャラですね(≧∀≦)私好きです。。こういう人♡


    魔法の振り子のお話は、もう切なかったです(´;ω;`)ウゥゥ
    読んでいたら私も学生の頃のこと思い出してしまった。。

    隣の席にいたあの人と懐かしく楽しかった思い出を…

    ハーモニカ吹いている薫くん。。一瞬スナフキンを思いました(〃ノωノ)
    旅をしているところなんかも似ています////

    あぁ。。でも最後切なかったよ~(ノω・、) ウゥ・・
    見えてたらどんなにいいかって思う。。まるで夏目のアニメみたいだ ウゥ…


    最初目次見た時
    「ねここや、ねここ」って一体どんな物語なんだろうと思ってたら、
    こちらも切ない。。切ないの連続ですね(苦笑)

    最後はラストにいくにつれて、何だかあったかくなるようなお話でした!
    黒猫のねここ!かわいかった~(/∀\*)
    切ないのもあったけど、癒されました♪

    次の巻はどんなお話なのか楽しみです!!


    それにしても。。赤い鳥居の群れが並ぶ路地にという表現!
    ふと『千と千尋の神隠し』を思いました(〃ノωノ)
    あとお客さんとしてクマが出てきた時は『しろくまカフェ』を思いました////
    読んでいると、こういった発見もあって面白いです☆★

    いつか。。レジのお兄さんのお話も読んでみたいなぁ(〃ω〃)
    どうしても探したい見つけたいものってどんなだろうと知りたくなりました♪

    しっぽや耳が出る噂が出てくるけど、
    きっと似合ってて凄くかっこいいだろうなぁと想像してます(笑)
    もし。。アニメになったらキュンとなりそう(〃ノωノ)

  • たそがれ堂の1冊目より、それぞれの作品の主人公がしっかり頑張っている感じ。
    どのお話も、じんわりと暖かく、胸にほろりとくる感じ。
    それぞれ心のつながりがとても良かった。

全121件中 1 - 10件を表示

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)に関連する談話室の質問

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に登録しているひと

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)の作品紹介

大事な探しものがある人だけがたどり着ける、不思議なコンビニたそがれ堂。ミステリアスな店長が笑顔で迎えるのは、大好きな友だちに会いたいと願う10歳のさゆき、あるきっかけからひきこもりになってしまった17歳の真衣、学生時代の恋をふと思い出した作家の薫子…そこで彼女たちが見つけるものとは?ほのかに懐かしくて限りなくあたたかい4編を収録したシリーズ第2弾、文庫書き下ろしで登場。

(P[む]1-2)コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状 (ポプラ文庫ピュアフル)の単行本

ツイートする