青春スポーツ小説アンソロジー ぼくらが走りつづける理由(ポプラ文庫ピュアフル ん-1-14)

  • 120人登録
  • 3.36評価
    • (4)
    • (11)
    • (20)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
  • ポプラ社 (2009年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114414

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有川 浩
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

青春スポーツ小説アンソロジー ぼくらが走りつづける理由(ポプラ文庫ピュアフル ん-1-14)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【収録作品】「ロード」(陸上)あさのあつこ/「サッカーしてたい」(サッカー)川島誠/「風を運ぶ人」(ロードレース)川西蘭/「氷傑」(アイスホッケー)須藤靖貴/「バトン」(陸上)五十嵐貴久/「ガラスの靴を脱いで」(アイススケート)小手鞠るい 
     スポーツを通して、それぞれの生き方を見せてくれる。若い頃をふり返る年代の者にはほろ苦い。 
     

  • ぼくらの と言う割に主人公の年齢高めで
    青春だけでは終わらないほろ苦い切なさがある作品が多かった。

    解説 大矢博子氏。お薦めしている他作品紹介が有難い。

    ロード あさのあつこ
    そうは言っても。。もやっとするラスト。

    サッカーしてたい 川島誠
    タイトルだと純粋な少年と思うが、作中の口調とのギャップ。
    ある意味純粋なのかもしれないが。。
    【over the wind 「内緒だよ」】

    風を運ぶ人 川西蘭
    ちょっと物足りないので長編を是非読みたい。
    【「セカンドウィンド」、over the wind】

    氷傑 須藤靖貴
    社会人でスポーツを続ける難しさ。
    【over the wind】

    バドン 五十嵐貴久
    1番青春っぽかった。作者は男性なのに
    この年代の女の子の心理描写が巧みなものだ。。
    【「ダッシュ」】

    ガラスの靴を脱いで 小手毬るい
    中途半端(失礼かもだけど)に実力のある人って
    物凄い葛藤があるんだろうなぁ。。

  • 02YA
    これぞ!青春短編。あさのあつこははずせませんね。

  • 風を運ぶ人○。

  • あさのあつこ×陸上
    「ロード」

    川島誠×サッカー
    「サッカーしてたい」

    川西蘭×自転車ロードレース
    「風を運ぶ人」

    須藤靖貴×アイスホッケー
    「氷傑」

    五十嵐貴久×リレー
    「バトン」

    小手鞠るい×フィギュアスケート
    「ガラスの靴を脱いで」

    ◎解説:大矢博子
    ◎帯コメント:松岡修造
    「歩いたっていい。休んだっていい。その次に踏み出す一歩こそが必要なんだとこの本は教えてくれます。」

  • 「バトン」はスポーツ描写と恋愛描写のバランスがよく好きな展開でマイベスト。次点は「氷傑」スポーツ描写が抜きん出てスポ根に近い。三位は「風を運ぶ人」清涼感溢れる作品。

  • あさのあつこ「ロード」
    川島誠「サッカーしてたい」
    川西蘭「風を運ぶ人」
    須藤靖貴「氷傑」
    五十嵐貴久「バトン」
    小手鞠るい「ガラスの靴を脱いで」

  • あさの あつこさんの作品が特に魅かれた。

  • かなりいい。

  • 2010/01/29-2010/01/30

全14件中 1 - 10件を表示

青春スポーツ小説アンソロジー ぼくらが走りつづける理由(ポプラ文庫ピュアフル ん-1-14)に関連する談話室の質問

青春スポーツ小説アンソロジー ぼくらが走りつづける理由(ポプラ文庫ピュアフル ん-1-14)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青春スポーツ小説アンソロジー ぼくらが走りつづける理由(ポプラ文庫ピュアフル ん-1-14)を本棚に「積読」で登録しているひと

青春スポーツ小説アンソロジー ぼくらが走りつづける理由(ポプラ文庫ピュアフル ん-1-14)はこんな本です

ツイートする