はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)

  • 99人登録
  • 3.32評価
    • (2)
    • (12)
    • (14)
    • (0)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 小手鞠るい
  • ポプラ社 (2009年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114445

はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)の感想・レビュー・書評

  • 《本文より》
     「可奈ちゃん。臭いもんに蓋をするという考え方は、何も解決にもつながらへんよ。逃げたらあかん。物事はきっちり見つめないと。
     純子さんの快復を祈る気持ちがあるなら、まず彼女が闘ってる病気について、ちゃんと知っておくべきやと思う」

     加奈子が恐れているのはミスそのものじゃなくて、ミスするかもしれないという「不安」だよって。
     不安に思っても、思わなくても、ミスする時はするし、しない時はしないの。だから、不安なんか抱いても、しょうがないでしょって。

     「そうか、大丈夫か、ほんまに?それならええけど。あたしの夜、もう一度  電話・・・」

      宗治の言葉に、私は言葉を重ねた。気持ちはすでに安全な場所に着地  し、涙はまるで熱が引くように、心の小部屋のドアの向こうに吸い込ま   れていた。

     「私からも、するね。それと、あっちからは毎日、メールするから!それと   宗ちゃん、ひとつだけ、お願いがあるんだけど。帰ってくる日、成田まで  迎えに来てくれる?」

  • 15歳だった頃、クールでスマートなフィギュアスケートのパートナーに初めての恋をしていた。叶わなかったけれど、もう過去の話。
    そして19歳の今、土佐犬みたいな関西弁の男の子と恋をしている。
    思い出と現在の間で揺れ動く可南子の“今”。これはこれでものすごくよく分かるのだけれど、やっぱり物足りなさを感じてしまうのは私が10代ではないからか。そしてこんなヒーローみたいな男の子たち(初恋の相手「流」と今の彼「宗治」。タイプは違うのに女の子にとってのあらゆるヒーロー的要素を兼ね備えている)なんて存在するか?と冷静に思ってしまうのも…。
    これまでに読んだ作者の作品とはちょっとかけ離れていて期待外れであった。

  • 「ガラスの森」の続編。
    小手鞠さんの書く文章は透明感があって好き。
    可南子の彼氏、宗治の関西弁やお茶目なところや優しいところが好き。
    可南子は流と再会してしまったら、流のことをまた好きになってしまう(今でも好きだと思うけれど)と思っていたけど、ちゃんと宗治のことを想っていて、恋愛って難しくて悩むこともあるけど、やっぱりいいものなんだなぁと思いました。

  • 誰かを愛することの覚悟が綴られている淡くも美しい物語

  • 「情熱と冷静のあいだ」のスケート版な感じ。
    流を忘れられない、新しい彼氏(とっても優しい水泳部)、ロマンチックなデートを期待していたのに凍った湖で哀しくなる、二人きりになりたいのになれない、大事なときに忘年会だ、まごころをカラダの表現に変えたいけれど不安になる、流に会えるかもしれないドキドキ。いろんなことがつまってる。
    構成がしっかりしていて、無駄な描写がない。流れるようにラストまで続いていく。読みやすいけれど深遠なものもある。素晴らしいです。
    純子さんの死は、喪失を感じさせるし。
    でも、切なくなるようなラストは苦手かな。

    解説に書いてある通り「小手毬さんは恋の最中にある不安や不満や弱さや愚かさや狡さからも、決して目を逸らしません。でも、同時にその先にあるもの、大きさや重さも示してくれる」。すごいですね。私は目を逸らしちゃう。勇気を持たなくちゃ。

  • 現実味がなければ寄り添えない。
    けれど、夢見心地になれないのでは余裕がない。

    たまには恋もぶらり旅に出掛けてみるといい。
    近すぎて見えなかったものが見えてくる。

  • ◆あらすじ◆
    かなわなかった恋ほど、あとをひくのはなぜだろう?
    はじめての彼・宗治は体育会系男子。
    可南子は彼の話す関西弁が好きで好きでたまらない。
    心も体も柔らかく包んでくれるような宗治との甘くぎこちない恋のはじまりに心躍らせる一方で、過去にフィギュアスケートでペアを組んでいた初恋相手・ナガルをわすれられずにいて……。
    恋愛小説の名手が、初恋と新しい恋の間で揺れる、等身大の19歳を描いた、純度100%の青春恋愛小説。

  • 読み終わってから、切なさが後を引く作品でした.

    関西に住んでるからか、宗治くんの関西弁がリアルで更に読みやすかったです*

    切ない!!

  • 少女の初めての激しい恋と、次の恋の間で揺れる心情を書いた物語。感想としては、バリバリの少女マンガだなーというカンジ。設定がいろいろ唐突で、お約束なカンジとかが。でもするすると読んでしまったし、面白かったです。そーちゃんはマジいいやつだ。そっちいったらなぐってやろうかと思ったわ。

全9件中 1 - 9件を表示

はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)を本棚に「積読」で登録しているひと

はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)はこんな本です

ツイートする