スローライフのために「しないこと」

  • 187人登録
  • 3.87評価
    • (23)
    • (21)
    • (21)
    • (4)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 辻信一
  • ポプラ社 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114674

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
小池 龍之介
冲方 丁
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印

スローライフのために「しないこと」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大切なのは、
    「すること」
    よりも
    「しないこと」。

    これが決まっていないから、何度も周り道しちゃうんだな

  • 「することリスト」にがんじがらめに縛られている世の中の人たちへ「しないことリスト」のすすめの本。

    独特の価値観と言葉遣いがあるので少し読みづらいところもあるが主義主張は納得できるものが多く、うなずきながら読みました。

    ビジネス的な時間管理術はこの本を読むと無意味に思えてきます。

    はっとさせられる本でした。

  • 実家から東京へ戻る際の飛行機で読みました。いい時間が過ごせた。

  • 「しないこと」リストの提案。
    目から鱗が落ちた。
    これまで、一生懸命「すること」リストを作って、それができなくてストレスだった。「しないこと」、これも大切だな。
    何もしない時間を大切にしたいと思った。

  • 読みやすい。じっくり考えると他の本でも書いてあることがあったりするんだけど、~~するべし、すること。などがなく違った切り口でかかれているのですんなり読めた。
    ただ、お金ないと無理ですよね。。。って部分もあったように思う。

  • 「しない」という発想、巻頭の長田弘氏の詩の引用が良い。

  • 自分がまったく忙しく暮らしていないため、新鮮な驚きはなかったけれど、自分の生き方は間違っていないと思えた。

  • 時間貧乏の自分を、少しずつ変えていきたいといつも思う。いい塩梅で。

  • 成長し続けなければならない、そのためには今日できることを明日に延ばすな、だからこそ時間を効率よく使わなければ…そんなto doリストに追われる生活に疲弊しつつもそれが当たり前なのだと疑わず、真面目にせっせと日々を費やしていた私にとって筆者の言葉は目からうろこの連続!

    「現代消費社会=自己否定的な社会」というのも、なるほど〜と思った。

    これからは今の自分を認め肯定しながら、自分にとって本当に大切な一瞬一瞬を楽しみ、なおかつ丁寧に味わう、そんな生き方をしていきたいなぁ。

  • 色々と語られてますが、私的には・・・

    何もしていない自分に焦ったり、苛ついたりすることが多いけど(今も)、何もない、してない・・そんな自分でも良いんだよ的なことかなぁ・・・。

    ただ、だからってダラダラしなさい!ってわけじゃ、もちろん無いと思うし、適度を持って、時には自分を、そういう環境に置くことが大切なのかな~と。。

    スイマセン、テキトーな感じで^^;

全31件中 1 - 10件を表示

スローライフのために「しないこと」に関連する談話室の質問

辻信一の作品一覧

辻信一の作品ランキング・新刊情報

スローライフのために「しないこと」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スローライフのために「しないこと」を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする