古塔の地下牢―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)

  • 54人登録
  • 4.36評価
    • (7)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • ポプラ社 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591114995

古塔の地下牢―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)の感想・レビュー・書評

  • 手に汗握るタイプの筋では1、2を争う。そう思って、割と最近大人向けの翻訳で読んでみたが、さして面白いものではなかった。少年の心を失っちまったか?

  • 手に汗握るタイプの筋では1、2を争う。そう思って、割と最近大人向けの翻訳で読んでみたが、さして面白いものではなかった。少年の心を失っちまったか?

  • ルパンの部下ジルベールは、ある別荘から、何の変哲もないガラス栓を盗み出した。しかしその別荘で殺人があり、彼は強盗殺人の容疑で死刑判決を受けることに。部下を救おうとするルパンの前に立ちはだかる代議士ドーブレック。ガラス栓にかくされた秘密とはいったい!?
    【解説/中村航】

  • 多分初見だと思う。
    こんなにルパンが苦戦している所を見るのは初めて。
    ドーブレックの徹底した悪役っぷりが良い。

  • 小学生時代に読み耽った。表紙が何より興味をそそった。悪党なんだけども紳士。盗むし戦うし、解決するし。悪として善のスタイルは、善として破天荒のホームズよりカッコいいと思っていた。せっかくの復刻なので、もう一度読みたいと思う。

  • どんでん返しからのどんでん返し、悪党に喉を短剣でさされる重症をおうなど、シリーズの中で一番ピンチだったかもしれない。けど、そこはルパン。マイナスをすべて帳消しにしていく頭脳は、読んでいて頼もしくもあり、ハラハラ楽しめます。詳しい内容は、まあ読んでみてください。面白いですよ

  • ルパンシリーズ面白い!

  • 2010.02.21 日本経済新聞で紹介されました。

  • 代議士ドーブレック邸に侵入し執事を殺害してしまったルパン一味。ルパンの部下ジルベールの逮捕。実行犯は逃亡。ドーブレックと対決する女性クラリスとその息子。24人の連判状の謎を秘めた水晶栓をめぐる攻防。警視庁副総監とナポレオン党の暗躍。

     2010年1月1日購入

     2010年1月11日読了

全9件中 1 - 9件を表示

南洋一郎の作品一覧

南洋一郎の作品ランキング・新刊情報

Maurice Leblancの作品一覧

Maurice Leblancの作品ランキング・新刊情報

古塔の地下牢―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古塔の地下牢―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古塔の地下牢―怪盗ルパン全集 (ポプラ文庫クラシック)のKindle版

ツイートする