引き出しの中の家 (ノベルズ・エクスプレス)

  • 195人登録
  • 4.29評価
    • (29)
    • (30)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 朽木祥
制作 : 金子 恵 
  • ポプラ社 (2010年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591115961

引き出しの中の家 (ノベルズ・エクスプレス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多くの女の子が夢見る手作りのドールハウス。
    そこに、もしも本物の小人さんが住んでくれたら…。
    そんな、素敵な願いのいっぱいつまった物語。

    1960年代と2000年代、ある田舎の洋館を訪れた二人の少女は〈花明かり〉呼ばれる小人と出会う。

    時代が変わっても人から人へ受け継がれてゆく気持ち。
    特に、薫という女の子のがんばりには、心温まる思いがした。
    不器用ながらも、まっすぐに周りを思いやる彼女の温かい気持ちが、彼女の作る形は悪いけれどびっくりするほどおいしいクッキーによく表されていると感じた。

    何度でも読み返したくなる良作。

  • 『花明かり』と呼ばれる小さな人たちと、女の子の心暖まるお話。

    二つの時代の二組の女の子たちのお話です。(それぞれ血縁者で舞台は同じ)

    小さくて可愛いもの、古いお家、隠し部屋、お菓子づくりなど、昔ながらの児童文学を彷彿とさせる。

    文も装丁も美しい。

    上質なお菓子みたいな本。

  • 小さな小さな人たちと、時代を隔てた二人の女の子たちのあたたかな交流を描いた、朽木祥、渾身の感動長編物語。

    いつもはお堅い政治や自己啓発の本やばかり読んでますが、家族に勧められて読んでみた・・・

    いい年した おじさんの私にも しんみり来るお話でした!

  • アリエッティみたいなお話。本の装丁がすてきで、少女たちにプレゼントしたくなるような本。

  • ミニチュアドールハウス、手作りお菓子、秘密の友達。
    小さい頃のどきどきとわくわくがたくさん詰まったお話でした♪
    世代の違う二人の少女が『花明り』と呼ばれる小人との友情を育むストーリー、少しアリエッティに似た感じでした。
    『花明り』のために用意するお菓子や家具などの調度品、とてもかわいらしい情景が目に浮かびました^^
    二人はその後、会えたのかしら、、と少し気になる終わり方でしたが手元に置いておきたいくらいお気に入りとなった本です♪ 作中に登場する手作りクッキーのレシピが巻末にのせてありました^^
    機会があれば作ってみたい♪

  • 児童書と小説のあいだといった感じ。アリエッティの世界に似ていますが、もっと人間臭い感じ。素敵です。

  • 祖父母の家に行くことになった七重はそこで花明かりという小さな人と出会います。花明かりの独楽子と仲良くなった七重は独楽子のために手作りの小さな家をつくるのですが、ある日突然家を離れることに。それから四十数年後、独楽子の家を偶然見つけた薫は花明かりの桜子と共に七重と独楽子を再会させるための計画を立てます。

  • かわいいお話でした。ほっとします。

  • 時を隔てた二組の少女たちの友情と、年老いた女性の姿が胸に迫る。 花明かり、なんて素敵な響きだろう。・・・・作中のクッキーが簡単でおいしそうだったので、巻末のレシピに従って思わず作ってしまった。

  • ちょっと梨木さんぽい?
    いい感じです。

全31件中 1 - 10件を表示

朽木祥の作品

引き出しの中の家 (ノベルズ・エクスプレス)に関連する談話室の質問

引き出しの中の家 (ノベルズ・エクスプレス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

引き出しの中の家 (ノベルズ・エクスプレス)を本棚に「積読」で登録しているひと

引き出しの中の家 (ノベルズ・エクスプレス)の作品紹介

時を経て約束をかなえた、"花明かり"と二人の少女たちの感動の物語。朽木祥渾身の長編ファンタジー。

ツイートする