民王

  • 1263人登録
  • 3.45評価
    • (80)
    • (237)
    • (260)
    • (66)
    • (18)
  • 275レビュー
著者 : 池井戸潤
  • ポプラ社 (2010年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591116623

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

民王の感想・レビュー・書評

  •  就任後すぐ、投げ出すように辞任してしまった首相、愛人とのスキャンダルを報じられた官房長官、酒を飲んで国際会議に出席した経済産業大臣、売春クラブの利用が発覚した議員、用意された原稿の漢字が読めない首相・・・

     おやあ、こんな政治家たち、実際にいたのでは・・・?

     しかし、これには裏があった、というのがこの作品。

     面白かったです。何度も笑いました。なぜならば、首相の息子の翔が、馬鹿すぎるから。「未曾有」を「ミゾユー」と翔が読んだところ、アレッ、どっかの実際の総理もそんな風に読んだ気が・・・となって、二倍面白かったです。

     建前と本音を使い分け、無難にその場を切り抜けようとする政治家たち、政治手法ではなく、失言やスキャンダルばかりをあげつらうマスコミたち。そんな彼らを翔がぶった切るところは痛快。
    「オトナになろうぜ、みんな!!」うわあ、痛快!!

     池井戸さんは、クールな企業小説を書く人だとばかり思っていましたが、こんなにボケとツッコミ満載の小説も書くのだと知ってびっくり。楽しく政治小説を読めました。
     池井戸さんを、ますます好きになりました。

  • 事前知識なく読み始めたら
    今までの池井戸潤作品とはちょっと違うテイストで
    最初はかなりびっくりでした。
    でも、面白かったです。
    ジャンルはなんだろう?SF?ファンタジー?ミステリー?
    コメディ・・・ではないよね?

  • 入れ替わりのフィクションは数多あるけれど、この民王は趣向を凝らした設定でオモシロカッタです。歯医者で脳波をジャックするチップを埋め込まれるわけですが、標的が皆歯医者に・・・って。無理があるけれど、逆にそれが非現実的で楽しめました。

    入れ替わった総理・泰山の息子の学力の弱さが妙にツボに入ってしまい、声を出して笑ってしまうほど。公共の場で読むのはおススメできません(笑)息子になった泰山が就活で面接官を威喝してしまうところなんかは、待ってました!の池井戸節。とても痛快でした。

    そんな息子・翔にも信念はあって。お互いテイストの違う親子だと思っていたけれど、(仕方なく)向き合ってみると案外認められる人間だったという事にも気づきます。泰山にも、翔にも、周りの人からの人望があって、こうした人間関係を見直せる本でした。

  • 池井戸小説としては、珍しく政治エンターテインメント。
    子ども世代と政治家たちが入れ替わってしまうという少しファンタジックな話ではあるけれど、相変わらず、某漢字が読めなかった某大企業の一族政治家。そして、酔っ払い記者会見、愛人の暴露etc.実際あったネタを素人視点に笑えるネタとして使っている。しかし、様々な事柄に対し、ドタバタと騒ぐマスコミや世間に対し、「大人になろう」と言い切るところが気持ちがいい。本当に今誰かが世間に対し、言って欲しい言葉だと思う。

  • 今まで読んだ池井戸さんの本とはちょっと違い、くだけた感じ、面白さはあるが、少し盛り上がりにかける気がする。しかし読んでいると実際の政治家の顔が思い浮かび笑ってしまう。

  • 読み始めてすぐに表紙で作者を確認するほど池井戸作品とは思えない設定に唖然、読み続けるのを躊躇うほどだったが読み進めるとやはり面白い。
    政治の世界が舞台であるのとテーマを考えるとこういう設定でなければ堅苦しくて重たくなりすぎているのかと思うと流石だなと感じた。
    実際の話を匂わせながら巧みに読者を引き込んでいく、やはり痛快爽快。
    どう感じるかは読んだ人それぞれだろうけれども痛快爽快だけではない、読み始め星二つから最後は星五つでお勧めです。

  • なんだよ面白いじゃん。

    評価低いので期待して無かったけど、
    いやいや、この本面白いっすよ。

    池井戸作品には珍しく、ふざけた設定のコミカルな作品です。

    正直、設定だけ見て避けてたのですが、設定が気になるのは最初だけ。
    (ほんと最初は失敗したと思った)

    それが途中から、曲がったことが大嫌いな池井戸節が炸裂して、最後の方はちょっと感動。

    コミカルな設定に隠れてるけど、熱い主張も入ってますよ!

    今の政治家おかしいだろ!
    って思ってる私は完全にハマってしまいました。

    設定や評価平均で躊躇してる人は、是非読んで欲しいな~

    オススメです!

  • 帯に「痛快エンタメ政治小説」とあるのになぜか、政治小説かー難しかったら最後まで読めないかもー分厚いしーと思いながら手にとった。
    小難しい小説なんじゃないかと思って読み始めたわけです。


    総理大臣の父と、就活中の不詳の息子の人格が入れ替わる、何度も聞いたことがあるようなSF設定。
    「漢字を読み間違う総理大臣(中身が息子)」とか「お酒に酔って記者会見に臨む大臣」とか、麻生政権時代のクスッと笑えるネタが盛り込まれている。

    息子の代わりに就職の面接に行き面接官をやり込める父。
    父の代わりに国会に答弁に立ち、普段私たちが疑問に思うような政治への不信を断罪しようとしてしまう息子。
    こうできたら気持ちがいいのにと、普段感じていても決してできないことを入れ替わった二人はやってくれて、この「普段感じていても決してできないこと」の選び方がこの作品の大きなポイントだったと思う。
    エンタメ小説として気軽に読んだ誰もが「いいぞ、もっとやれ」と思えるレベル。

    三谷映画としてスクリーンで観たい。
    奥田英朗の「サウスバウンド」に似た面白さ。

    テンポも良くてどんどん読み進められるから、活字に慣れている人なら2〜3時間で読み終われる362ページ。

  • 総理大臣とその息子の中身が入れ替わった!
    一方で、アメリカCIAの最先端技術が盗まれたとの報が入る。
    息子 翔が父に代わり国会に出席し、父 泰山が息子に代わり就活生となる。
    犯人は⁇そしてその目的は⁇というお話です。

    私が『民王』というタイトルから予想した話は、突如クーデターが起こって、武装した集団が国会に乗り込み、首相を殺して新しく政府を立ち上げるという何とも血生臭いものでした。
    ですが、全く違ってました。

    池井戸さんは勧善懲悪で、読後感がスッキリですね。
    そんなのあるわけないよ〜と思いながら読んでいたのに、最後は胸が熱くなりました。

  • 政治家でしかも首相が、ある日、突然、息子と体が入れ替わってしまう。
    それは超常現象でも霊的なものでもなく、陰謀によって仕組まれたものだった・・・。

    しかも、入れ替わった時期は政治的に難しい時期。

    この親子は元に戻れるのか?
    難しい政局を乗り切れるのか?
    いったい誰の陰謀で何の目的があってのことなのか・・・?

    ちょっとSFっぽいストーリーですが、
    漢字の読めない元首相や飲酒でろれつが廻らなくなった元大臣など
    モチーフにしている部分もあり非常にコミカルな小説。

    しかし、建前ばかりで本音を出さない政治家や
    言葉使いが悪かったり、ちょっとしたミスでも物凄く悪い事を
    したかのように報道するマスコミを批判する部分もあり
    読んでいて非常に痛快です。

    さらに、政治家が既得権益を守るために政治を行っている点も
    批判するなどなかなか言いにくいことをしっかりと書いている点も
    評価できます。

    読み終わる頃には、利益追求ばかりで本当に良いのか?
    と考えさせられてしまう、そんな小説です。

  • 人格が入れ替わる、というある種王道パターンからの池井戸作品。
    これが、またいいんです。
    コメディタッチで、それでいて主張があってしっかりしている。

    今の政治を風刺したような展開、だけでなくそれに立ち向かっていく青春小説でもあり、成長小説でも。
    そして、父親世代の再生小説でもあって、すごく良かった。

  • 物語の展開がテンポ良く、読みやすかった。
    三谷幸喜作品のような、喜劇テイストの推理ものながら、社会的なテーマを扱っていて、考えさせられる。

    本物の政治家もこうあって欲しい。

  • ある陰謀によって、日本の首相とそのドラ息子の脳波が入れ替わってしまう。首相だけでなく他の閣僚や大物政治家にも同じ事態が発生した結果「漢字の読めない首相」や「泥酔して記者会見に出る大臣」が世にでてしまい大混乱に。
    麻生政権時代に起こったことをベースに物語が進みます。設定自体はやや無理があり、ご都合主義な部分もありますがエンターテイメント作品としては楽しめる作品だとおもいます。
    息子として過ごすうちに、また首相として振る舞う息子の姿を見て、政治家として大事なことに気づく首相の姿がいいなと思いました。

  • 総理大臣とその息子の頭と体が入れ替わる?SF的発想の痛快エンタメ政治小説。池井戸潤はどれも面白い。

  • 久しぶりの池井戸潤。さてどんなだろう、と読み始めた。まあれだな。ちょっとSF版の水戸黄門ものがたりなのだな。つまり・・・面白いってことである!もっとも、見方によってはかなりふざけた内容にも思える。わたしも、読み始めた時はそう感じて、なんだか稚拙で退屈な作品かもなぁ、と思った。ところがそれが、ある「事件」(というか「現象」かな?)の発生を境に、がぜん面白くなってくる。わくわく。キーワードは 親子 である。この事が実に楽しく痛快なストーリー展開を実現してくれている。気になる人は読んでくだされ。わたくしとしては、お勧め!です。

  • ある日突然、何ものかによる陰謀で、首相の武藤泰山と、大学生の息子 翔の脳が入れ替わってしまう。入れ替わってしまったふたりはどうなるのか、政界への皮肉たっぷり、痛快な異色エンターテインメント政治小説

    現実には、政治の世界は嘘だらけで、お金の世界で、しがらみだらけのイメージがある、でもバカ正直でスマートじゃないけど、本気で世の中を良くしようと思っていて、嘘が無くて、理想論を語る、そんな強い思いをもった政治家がいることを信じたいって、どこかで思っているような気がする。だれが首相になっても一緒、なんてほんとはあきらめたくはない。

    もしかしたら、こんな普通ではありえない、脳の入れ替わりなんてことがおこったら、そんな理想的な政治家があらわれるかもしれない!とちょっと希望的観測的な物語でした。

  • わははと笑って気分爽快になっちゃう現代政治小説??設定がちょうど一年ぐらい前の日本って感じで昨日の選挙結果を知ってから読むとなんだかな〜って感じがしちゃいましたが…それはともかく、総理大臣とバカ息子の脳が入れ替わっちゃって巻き起こるハチャメチャ騒動が読んでいて楽しかった。最後の大団円は出来過ぎだからこそ素晴らしい☆せめて小説の中だけでも夢を見させてくれ〜〜!にしても…ホントみんなそーやって考えられれば少しは日本の政治の未来にも希望を持てるのにねえ…現実を変えられないって決めつけるんじゃなくて、やっぱり希望を持って未来へ進んでいきたいなあ…しみじみ。

  • 初池井戸作品。ドラマは少しだけ見ていた気がしたけれど、原作を読んで見たくなりました!初めのうちはよくある入れ替わり物と思っていましたが、もっと大きなテーマが。

  • (2017.05.12読了)
    総理大臣の父と大学生の息子が入れ替わってしまいます。
    テレビドラマにもなってるんですね。
    漫画みたいな小説です。
    軽〜く読めて、面白かったです!

  • No.930
    1. 目的

    2. 得たこと

    3. アイデア

  • 池井戸潤さんの作品は社会派というか銀行絡みのお堅いストーリーのイメージが強くて敬遠しがちだったけれど、
    これは単純にばかばかしくってとっても面白かった。
    実際にこんなことあり得ないと思いつつも、とんとん拍子で進んでいくストーリーに思わず拍手したくなる展開も。
    ばかばかしさもここまで大まじめに展開してくると
    むしろ痛快。

    中だるみなく一気に読み終えました。

  •  読後感が最高です。
    最初は、漢字が読めない総理大臣が出現して、日本の政治はどうなっちゃうのか?
    この難局を乗り切れるのか?って心配しましたが、力強い側近のお蔭でなんとか無事乗り切れて良かったです。
     また、全然意志の疎通ができなかった親子が、お互いを少し認めることが出来るようになったことも良かった。
     そして、武藤泰山総理が、政治家になった初心を取り戻して、みんなのために「医薬品の許認可を緩和する法案」を賛成多数で可決し、その直後に「御名御璽」で衆議院の解散総選挙に持ち込んだ手際にはあっぱれって拍手喝采しました。
     こんな初心に立ち返った政治家なら私も熱烈に応援したいし、次の選挙に大勝利して欲しいです。

  • 設定に無茶がありすぎるので、内容の深さに・・・。と感じましたが、読み易さは良かったです。

  • 内閣総理大臣に上り詰めようとしている武藤総理はある日突然息子の翔と中身が入れ替わってしまう。

    これは製薬会社のテロ行為だと分かるわけですが、どんどん色んな人が入れ替わり、とても面白かったです。案外翔は政治家に向いていたのかもしれない。

  • ドラマは見ていない。テンポが良くて一気に読んだ。
    親子の人格が入れ替わる。
    フィクションでよくある設定。
    お互いの立場が入れ替わって理解が深まる。
    青臭い理想にも前向きに挑む。
    スキャンダルをあげつらうワイドショーやマスコミ、評論家。アホな大学生に一喝されて情けない。
    「公共の電波や大新聞を使って何をしてるんだ」とはその通り。聖人君子じゃあるまいし。
    「予算委員会で予算の議論をしないの」は前から思っていた。いつのまにやらフリップ芸とブーメランの大会に成り下がっていて、それが普通だとマヒしていた。
    脳波を交換する機械を盗んだなら、新薬承認とかどうでもよくなる気がするけど。。。そこは娯楽作品。

全275件中 1 - 25件を表示

民王を本棚に「読みたい」で登録しているひと

民王を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

民王を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

民王の作品紹介

国会騒然…!日本の政治はいったいどこへいってしまうのか!?胸がスカッとする痛快エンタメ政治小説。

民王のKindle版

ツイートする